【オーティス】の使用カードとデッキの特長・戦術【遊戯王SEVENS】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ホログラムの男ことオーティス。もしかしてオーティスのこと気になってます?

クィーン
クィーン

オーティスってどんなデッキを使うの?

どんなデュエルをするの?

オーティスの使用したカードが知りたい

オーティスのことが気になっている人はこんなことを感じているはずです!

そこで今回はそんなあなたのために、オーティスの使用カードとデッキの特徴・戦術をまとめました。

オーティスの使用カード一覧

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

オーティスの使用カードは種類別に五十音順で一覧にしました。

カード名は考察記事にリンクしているので、カードの詳細や使い方が知りたい人はあわせてチェックしてみてください。

ラッシュデュエルカード

モンスター

下級モンスター
  • 《黒竜の雛》
上級モンスター
  • 《デーモンの召喚》
最上級モンスター

魔法カード

  • 《黒炎弾》
  • 《正統なるバーストブレス》
  • 《魔迅雷》

罠カード

  • 《デーモンの受肉》
  • 《魔雷冥》

アニメオリジナルカード

モンスター

下級モンスター
  • 《ローグ・オブ・デーモン-デーモンの使役者》

魔法カード

  • 《魔殲光》

罠カード

  • 《強者の愉悦》
  • 《黒竜の怒号》

アニメオリジナルカードの詳細はこちらからチェック!

【遊戯王SEVENS】アニメオリジナルカードまとめ【遊戯王ラッシュデュエル】

オーティスのデッキの特長・戦術

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

オーティスは複数のデッキを所持しているため、使用していたデッキ毎に特徴・戦術を解説していきます。

【青眼の白龍】デッキ

カードの種類/ステータス

通常モンスター(LEGEND)
レベル8 / 光属性 / ドラゴン族 / 攻3000 / 守2500

高い攻撃力を誇る伝説のドラゴン。どんな相手でも粉砕する、その破壊力は計り知れない。

【青眼の白龍】デッキのコンセプトはデッキ名の通り「《青眼の白龍》を活かすこと」です。

採用されているモンスターは全て軸となる《青眼の白龍》とサポートカードを共有しやすいドラゴン族・通常モンスターになっています。

《青眼の白龍》の攻撃力の高さを活かすため《正統なるバーストブレス》により相手モンスターを破壊し、直接攻撃を決めやすいデッキになっています。

基本的な戦術はビートダウンです。

ビートダウンとは

戦闘ダメージにより相手のライフポイントを0することを主軸にした戦略や構築のこと。

【真紅眼の黒竜】デッキ

カードの種類/ステータス

通常モンスター(LEGEND)
レベル7 / 闇属性 / ドラゴン族 / 攻2400 / 守2000

真紅の眼を持つ黒竜。怒りの黒き炎はその眼に映る者全てを焼き尽くす。

【真紅眼の黒竜】デッキのコンセプトはデッキ名の通り「《真紅眼の黒竜》を活かすこと」です。

採用されているモンスターは《真紅眼の黒竜》をサポートできるモンスターで構成されており、専用サポートカードである《黒炎弾》を使いまわせるよう構築されています。

以上のことから基本的な戦術はバーンになっています。

バーンとは
相手のLPに直接ダメージを与える効果のこと。
効果によるダメージであるため効果ダメージに分類されます。

【デーモンの召喚】デッキ

カードの種類/ステータス

通常モンスター(LEGEND)
レベル6 / 闇属性 / 悪魔族 / 攻2500 / 守1200

闇の力を使い、人を惑わすデーモン。悪魔族ではかなり強力な力を誇る。

【デーモンの召喚】デッキのコンセプトはデッキの名通り「《デーモンの召喚》を活かすこと」です。

採用されているモンスターは《デーモンの召喚》をサポートするカードを活かしやすい悪魔族・通常モンスターが多くなっています。

基本的な戦術はビートダウンにバーン要素を取り入れたビートバーンです。

オーティスのデュエル一覧

戦績
  • 0勝5敗
24話「覚悟」

vs ガクト(蒼月学人)/負け
vs ルーク(上城龍久)/負け
vs 霧島ロミン/負け

【遊戯王SEVENS】24話「覚悟」の感想:3on3の熱い展開についにガクトが!

最後に

今回はオーティスのの使用カードとデッキの特徴・戦術をまとめました。

様々なレジェンドカードを軸にデッキを構築するデュエリスト。レジェンドカードのモンスターを軸にするデッキはみんな一度は考えますよね。

そんなオーティスと同じデッキを構築する際にお役立てください。

わかはぴ
わかはぴ

次はどんなモンスターを軸にしてくれるんでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です