【遊戯王SEVENS】第81話「かけがえのない日々」の感想:冒頭から悲しい描写で胸が苦しくなりました

アニメ 遊戯王SEVENS第81話「かけがえのない日々」より引用

「遊戯王SEVENSセブンス」第81話。今回は冒頭から悲しさが込み上げてくる回でした。

しかしリメイクカードが多く登場したりと熱い展開もあり、いつものように心を大きく揺さぶってきます。

それでは今回も感想をお話ししていきます。

いつもと同じ朝、いつもと同じ登校風景。しかし、そこにあったのはどこか他人行儀なロミンとガクトの姿だった。

困惑する遊我を挑発するかのように、次のターゲット、オーティスにデュエルを仕掛けるゴーハ・ユウガ。

その手中には『死者蘇生』が握られていた。

ネタバレ注意

この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことを承知の上でお読みください。

第81話「かけがえのない日々」の感想

ロミンたちの記憶が消えた日常が悲しすぎる

アニメ 遊戯王SEVENS第81話「かけがえのない日々」より引用

記憶が消えてしまったという事実は理解していましたが、その状態での日常を見ると悲しさが込み上げてきますね。

遊我たちによって「変わることも悪いことじゃない」と感じることができたアサナも、元に戻ってしまって、それを遠くから眺める遊我の背中も悲しすぎます。

セブンスが終わるってだけでも悲しいのに、冒頭からこんな日常が描かれて気持ちがついていきませんでした。

最終的には記憶を取り戻す手段である《死者蘇生》は消滅し、カード試作機も壊されてしまい、かなり絶望的な状況にまで追い込まれていましたね。

見るのが辛すぎるので本当に早く記憶が戻ってほしいと感じました。

やっぱりオーティスは遊我の味方?

ラッシュデュエルのプログラムを壊そうとしたり、敵のような太一振る舞いをしていた時期もあったオーティスですが、その一件から姿を見せなくなり真相は謎のままでした。

今回、久々に登場し「全てはラッシュデュエルによってカードゲームを大人たちの手から子どもたちの手に取り戻すためだった」とグルグルに真相を突き止められていました。

全肯定はしていませんでしたが、オーティスの狙いがグルグルの推察通りだとするとオーティスはやっぱり味方なんですかね?

「セブンスロード」モンスターの元となった本「セブンス」の一部のページが破られていたことの謎もまだ解明していませんし、オーティスの仕業を匂わせる展開もあったので、それらがどう明かされるのかも気になるところです。

クィーン
クィーン

あんまり自分のことを語らないから結局謎のままなのよね

グルグルの思考の変化が可愛い

アニメ 遊戯王SEVENS第81話「かけがえのない日々」より引用

復活してから初めて《死者蘇生》を使った時、グルグルは単体では有効活用しにくい《イマジナリー・アクター》を蘇生させていました。

最上級モンスターも蘇生させられる性質上、下級モンスターを蘇生させる使い方はかなりコスパが悪く、弱い使い方なんですが、ルークとの戦いで最も有効に使う方法を発見したんですね。

今回のオーティス戦では、それを活かそうと必死に《ブラック・マジシャン》(相手のエース)を墓地に送ろうとしており、その行動の変化が少し可愛く見えました。

相手に絶望を与えることを目的としていることから、嫌な行動を繰り返すグルグルですが、こんな小学生らしい一面も残ってたんですね。

わかはぴ
わかはぴ

なんだか癒されちゃいました

OCGカードのリメイク祭りが熱い

アニメ 遊戯王SEVENS第81話「かけがえのない日々」より引用

今回、オーティスは【ブラック・マジシャン】デッキを使用していましたが、それらをサポートするカードがOCGカードをリメイクしたカードばかりでした。

《魔術のカーテン》

これは《黒魔術のカーテン》のリメイクです。

ライフコストが必要な点をそのままに、魔法使い族モンスターを特殊召喚できる効果になっており、《ブラック・マジシャン》を特殊召喚することで似たようなことができるようになっています。

わかはぴ
わかはぴ

ラッシュデュエルはデッキから特定のカードを選んで何かをすることができないようにカードがデザインされているので、《黒魔術のカーテン》要素を含みつつそれを上手くラッシュデュエル用に落とし込んでいますね

クィーン
クィーン

罠カードに対する破壊耐性も付与されるから、デッキから特殊召喚できない分、別のところで強化されてるわ

《マジカル・ハットトリック》

これは《マジカルシルクハット》のリメイクです。

少し条件は厳しいですが、本命への攻撃成功確率を3分の1にするという《マジカルシルクハット》による戦術が上手く表現されています。

リメイク元と異なり、上手くいけば最上級モンスター3体を展開する手段にもなるのでラッシュデュエルカード化されたら色々悪用できそうですよね。

《奇装天鎧》とかと組み合わせたいです。

《マジカル・シフトボックス》

これは《死のマジック・ボックス》のリメイクです。

原作では対象のモンスターと場所を入れ替える性質があったので、それが効果に反映されています。

また《死のマジック・ボックス》を愛用していた遊戯は、《マジカル・シフトボックス》と類似した効果を持つ《シフトチェンジ》も愛用しており、カード名からこちらも意識しているかもしれません。

《黒魔族の転生》

これは《黒魔族復活の棺》のリメイクです。

効果はラッシュデュエルにあわせてかなり弱体化していますが、闇属性・魔法使い族をサルベージできるようになっており、前述した《マジカル・ハットトリック》とも相性の良いカードになっています。

クィーン
クィーン

リメイク元とは異なり相手の墓地のモンスターをデッキに戻せるみたいだけど、リメイク元よりカードパワーが落ちているカードは効果が追加されるみたいね

デュエルで登場したカード

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

アニメ 遊戯王SEVENS第81話「かけがえのない日々」より引用

オーティス

  • 《ブラック・マジシャン》
  • 《ブラック・マジシャン・ガール》
  • 《ラムーン》
  • 《ドリアード》
  • 《千本ナイフ》
  • 《黒・魔・導》
  • 《黒・魔・導・響・弾》

ゴーハ・ユウガ

  • 《エクディシス・カリギュレオン》
  • 《カマレオン》
  • 《メカレオン》
  • 《鎧蜥蜴》

新たに登場したアニメオリジナルカード

アニメ 遊戯王SEVENS第81話「かけがえのない日々」より引用

今回は《ブラック・マジシャン》の登場に合わせて魔法使い族関連のカードが多く登場しました。

まとめたのであわせてチェックしてみてください!

《魔術のカーテン》

通常魔法

【条件】1000LPを払って発動できる。
【効果】手札のモンスター(魔法使い族)1体を自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。このターン、この効果で特殊召喚したモンスターは相手の罠カードの効果では破壊されない。

《マジカル・ハットトリック》

通常罠

【条件】相手がモンスターを召喚した時に発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(レベル5以上)1体を選んで持ち主の手札に戻す。自分は2枚ドローする。相手フィールドのモンスターが3体の場合、さらに手札のモンスターを3体まで自分フィールドに裏側守備表示で特殊召喚できる。

《マジカル・シフトボックス》

通常罠

【条件】相手モンスターの攻撃宣言時、自分フィールドの裏側表示モンスターを全て表側守備表示にして発動できる。
【効果】その攻撃を受けるモンスターを自分が選び直す。その後、自分フィールドの全ての表側表示モンスターの守備力はターン終了時まで300アップする。

《黒魔族の転生》

通常罠

【条件】自分フィールドの表側表示モンスター(闇属性/魔法使い族)が相手の効果で破壊された時に発動できる。
【効果】自分の墓地のモンスター(闇属性/魔法使い族)1体を選んで手札に加える。その後、相手の墓地のモンスターを2体まで選んでデッキに戻すことができる。

《ツメレオン》

効果モンスター
レベル4 / 地属性 / 爬虫類族 / 攻1400 / 守0

【条件】相手フィールドに裏側表示モンスターがいる場合、デッキの上からカード2枚を墓地へ送って発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(レベル7以上/爬虫類族)1体を選ぶ。このターン、そのモンスターの攻撃は貫通する(守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える)。

《逆鱗火斬》

通常魔法

【条件】手札のモンスター(爬虫類族)2体を墓地へ送って発動できる。
【効果】[この効果の条件で墓地へ送ったモンスターのレベルの合計]以下のレベルを持つ、相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んで破壊する。

《擬態の迷彩剣》

通常魔法

【条件】自分の墓地のモンスター(爬虫類族)1体をデッキに戻して発動できる。
【効果】相手の手札を確認し、その中からモンスター1体を選んで墓地へ送る。その後、相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んでその攻撃力をターン終了時まで、[この効果で墓地へ送られたモンスターの攻撃力]だけダウンできる。

他のアニメオリジナルカードもチェック!

【遊戯王SEVENS】アニメオリジナルカードまとめ【遊戯王ラッシュデュエル】

新たに登場した召喚口上・必殺技

今回のデュエルでは以下のモンスターの召喚口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《ブラック・マジシャン》
  • 《ブラック・マジシャン・ガール》
  • 《黒・魔・導・響・弾》
  • 《エクディシス・カリギュレオン》

《ブラック・マジシャン》

召喚口上

  • 魔法使い族最高クラスの力を見るがいい いでよ《ブラック・マジシャン》!

攻撃名

  • ブラック・マジック

《ブラック・マジシャン・ガール》

攻撃名

  • ブラック・バーニング

《黒・魔・導・響・弾》

発動口上

  • 暗黒の魔術師2人の力が合わさりしとき 未知なる魔力が解き放たれる!己の弱さを思いしれ!魔法カード《黒・魔・導・響・弾》発動!

《エクディシス・カリギュレオン》

攻撃口上

  • 巻き取って飲み込め《カリギュレオン》!「デザイアオブダークネス」!

攻撃名

  • デザイアオブダークネス

気になるあれこれ

遊☆戯☆王SEVENS|テレビ東京アニメ公式より引用

キャスト

  • 王道遊我:石橋陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代拓
  • カイゾー:小林裕介
  • 七星蘭世:鎌倉有那
  • 七星凛之介:小林千晃
  • オーティス:浪川大輔
  • ゴーハ・ユウガ:伊瀬結陸
  • 七星ナナホ:鷹村彩花
  • 安立ミミ:鈴木梨央
  • ユウロ:江口拓也
  • ユウジーン:矢野正明
  • ユウカ:唯野あかり
  • ユウラン:斎藤壮馬
  • 蒼月学人:花江夏樹
  • 霧島ロミン:楠木ともり
  • 六葉アサナ:高橋ミナミ
  • セバスチャン:多田野曜平
  • 田崎ギャリアン:中村光樹
  • 女子生徒:松本沙羅
  • その他:熊谷健太郎

最後に

今回は「遊戯王SEVENS」第81話の感想をお話ししました。

わかはぴ
わかはぴ

こんな悲しい展開から次回はギャグ回っぽいのですが、久々に凛之介のデュエルが見れそうで楽しみです!

こちらもあわせてチェック!

【遊戯王SEVENS】第82話「ドーロ・オブ・ザ・ラッシュ」の感想:はちゃめちゃ展開かと思いきや熱い! 【遊戯王SEVENS】第80話「ゴーハ6兄弟」の感想:総集編にしては珍しく切なくてほっこりする回 【遊戯王SEVENS】2期:アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。