漫画オリジナルカードまとめに新カード追加

【遊戯王SEVENS】第26話「マキシマムデュエル!」の感想:セブンス史上一番熱いデュエル!

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「遊戯王SEVENSセブンス」第26話が放送されましたが今回も感想をお話ししていきます。

前回以上に白熱するラッシュデュエル!アニメオリジナルカードも大量です!

ネタバレ注意

この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことを承知の上でお読みください。

26話「マキシマムデュエル!」の感想

ヒヤヒヤする展開の連続で胸が熱くなった

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

手札に戻る《超魔機神マグナム・オーバーロード》に、弱体化した《天帝龍樹ユグドラゴ》に攻撃する《セブンスロード・マジシャン》。

「次のターンまたマキシマム召喚かな」「これ決まったら終わりだなぁ」と思いながら観ていましたが、その期待をいい意味で裏切る展開ばかりで、今までのセブンス史上一番白熱したデュエルでした。

ネイルに何度も妨害されるも最後には《超魔機神マグナム・オーバーロード》3枚を揃えた遊我。

みんなとともに召喚するシーンは胸が熱くなりました。

続く絶望にそれを支えるルーク

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

手札に戻した《超魔機神マグナム・オーバーロード》3枚に《パラダイムシフト》を発動されデッキへ戻された遊我。

その後、ドローできるカードを駆使してようやく手札に揃えられたのに、そこで再び《パラダイムシフト》を発動されてしまいました。

同じターンに2度もマキシマム召喚を阻止され、さすがの遊我も弱気になっていましたね。

そこで《超魔機神マグナム・オーバーロード》から感じたルークの言葉が遊我に響き、遊我は希望を捨てずにデュエルを再開することができました。

どんな時でも諦めないルークの言葉だからこそ響いたんだと思うし、諦めない遊我にこっちまで応援したくなりました。

遊我のマキシマムモンスターはこれっきり?

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

遊我に負けたネイルは遊我たちのペナルティを消し、ルークたちのIDカードを元に戻しました。

ルークたちのIDカードが《超魔機神マグナム・オーバーロード》になっていたのでこれで遊我のデッキからマキシマムモンスターが消えたことになります。

毎回マキシマム召喚されても面白くないかもしれませんが、これから登場するのか微妙な点を踏まえると少し寂しいです。

ネイルは信念を持ったいい子

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

遊我とのデュエル終了後、ネイルはペナルティが6つになりアカウントが停止しました。

遊我と同じ条件で戦うために自分にも同じ数だけペナルティを与えたようです。

このデュエルの直前に遊我たちのペナルティの数に驚いていたので、自身にペナルティを貸せたのは、おそらくデュエル中かデュエル直後です。

こんな土壇場でも自分の信念を貫き負けを認め、自分が原因で起きたことを解消するネイルはとてもいい子ちゃんなんだなと改めて思いました。

新章開幕

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

マキシマム編が終わり、最後には次の敵であろう人物の影が登場していましたね。

どんどん面白くなる遊戯王セブンス、そしてラッシュデュエル。次の章も楽しみです。

わかはぴ
わかはぴ

左の人物はもしかして鳥獣族使い…?

デュエルで登場したカード

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

遊我

ネイル

新たに登場したアニメオリジナルカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

出典:【公式】遊戯王SEVENS第25話「夢と勇気と友情」 – YouTube

今回はアニメオリジナルカードが大量に登場!

環境を変えるような面白いカード目白押しです。

《ネクメイド・ナナ》

効果モンスター
レベル5 / 光属性 / アンデット族 / 攻1100 / 守700

【条件】自分フィールドの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】自分の墓地のモンスター(レベル7)1体を選んでデッキに戻し、自分は2枚ドローする。

《サイレント・ラーニング》

通常魔法

【条件】自分の墓地のモンスター(レベル5以上)の種族が3種類以上の場合に発動できる。
【効果】相手の魔法&罠ゾーンの裏側表示のカード1枚を選んで確認する。そのカードが罠カードだった場合、自分の墓地のモンスター(レベル5以上)1体をデッキに戻し、自分は1枚ドローする。

※「マキシマム超絶強化パック」に収録されカード化されました。

《緊急帰還》

通常罠

【条件】相手モンスターの攻撃宣言時に、自分フィールドの表側表示モンスター(レベル5以上)1体を手札に戻して発動できる。
【効果】その攻撃を無効にする。

《マジカル・スイッチ》

通常罠

【条件】相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
【効果】自分の墓地のモンスター(魔法使い族)1体を選んで自分フィールドに攻撃表示で特殊召喚する。その後、自分フィールドのモンスター1体を選んで墓地に送る。

《対生成》

通常魔法

【条件】レベルが同じ手札のモンスター(レベル5以下/サイバース族)2体を墓地へ送って発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで、[この効果の条件で墓地へ送ったモンスター1体のレベル]×400アップする。

※「マキシマム超絶強化パック」に収録されカード化されました。

《不条理の解放》(アブザード・ディスチャージ)

通常罠

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(サイバース族)がいる場合、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
【効果】自分フィールドのモンスターはその戦闘では破壊されない。その戦闘で自分が戦闘ダメージを受けた場合、相手にその数値分のダメージを与え、攻撃してきたモンスターを破壊する。

《不条理の虚孔》(アブザード・チャージホール)

通常罠

【条件】自分フィールドの表側表示モンスター(サイバース族)が攻撃を受ける相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
【効果】この戦闘で、自分フィールドのモンスターは破壊されず、自分が戦闘ダメージを受けた場合、自分はその数値の倍だけLPを回復する。その後バトルフェイズを終了する。

《パラダイムシフト》

通常罠

【条件】相手がドローした時に発動できる。
【効果】相手は手札を全てデッキに戻してシャッフルする。その後、その枚数分だけ相手はドローする。

《対消滅》

通常罠

【条件】同じレベルを持つモンスター同士の戦闘で、自分フィールドのモンスターが破壊された時に発動できる。
【効果】お互いは[その戦闘を行ったモンスターのレベル]×400のダメージを受ける。

他のアニメオリジナルカードもチェック!

【遊戯王SEVENS】アニメオリジナルカードまとめ【遊戯王ラッシュデュエル】

新たに登場した召喚口上・必殺技

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のデュエルでは以下のモンスターの召喚口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《超魔機神マグナム・オーバーロード》

《超魔機神マグナム・オーバーロード》の必殺技

攻撃名

  • ブレイブインパクト・スラッシュ
  • 衝撃のマキシマム・バーストロード・スラッシュ(《超魔機神マグナム・オーバーロード[L]》と《超魔機神マグナム・オーバーロード[R]》の効果発動後)

効果名

  • マキシマム・チャージ(《超魔機神マグナム・オーバーロード[L]》の効果発動時)
  • リフレクション・チャージ(《超魔機神マグナム・オーバーロード[R]》の効果発動時)

他のカードの召喚口上・必殺技もチェック!

ラッシュデュエルに登場するモンスターの召喚口上と必殺技一覧【遊戯王SEVENS】

気になるあれこれ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

キャスト

  • 王道遊我:石橋 陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代 拓
  • 蒼月学人:花江 夏樹
  • 霧島ロミン:楠木 ともり
  • カイゾー:小林 裕介
  • 安立ミミ:鈴木 梨央
  • 霧島ロア:古田 一紀
  • 大森麺三郎:南雲 大輔
  • 巻寿司子:内山 茉莉
  • 安立ヨシオ:永塚 拓馬
  • 白佛カン:榊原 優希
  • 真実バクロー:山本 智哉
  • ニコ:安井 咲希
  • 遠藤リク:安田 陸矢
  • 小早川カツ:大塲 駿平
  • 西園寺ネイル:松岡 禎丞
  • セバスチャン:多田野 曜平
  • 六葉アサナ:高橋 未奈美
  • ドローン:河野 茉莉/鎌倉 有那/熊谷 健太郎/森永 千才

あらすじ

ついに登場した遊我のマキシマムモンスター、超魔機神(ちょうまきしん)マグナム・オーバーロード!

しかし、ネイルのたくみな戦術に苦戦する遊我。ラッシュデュエルと、仲間たちのアカウントを懸けた闘いに決着の時が訪れる!

これが、マキシマムデュエルだ!

最後に

今回は「遊戯王SEVENS」第26話の感想をお話ししました。

マキシマム編、最後に相応しい回でしたね。

わかはぴ
わかはぴ

次回はルーク回!

【遊戯王SEVENS】第27話「ルーク部誕生!」の感想:対戦相手の大切さがよくわかる回 【遊戯王SEVENS】第25話「夢と勇気と友情」の感想:熱すぎる友情展開に心を持ってかれた 【遊戯王SEVENS】1期:アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です