【遊戯王SEVENS】23話「セツリの先にあるもの」の感想:新たな召喚法”マキシマム召喚!!”

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「遊戯王SEVENSセブンス」第23話が放送されましたが今回も感想をお話ししていきます。

いよいよ登場する新ギミック「マキシマム召喚」!

OCGにもないラッシュデュエルだけの新たなギミックは豪快でした!

ネタバレ注意
この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことをご理解したうえでお読みください。

23話「セツリの先にあるもの」の感想

新ギミック「マキシマム召喚」が初登場!

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

放送前からかなり話題になっていた「マキシマム召喚」
今回いよいよ登場しましたね。

その方法を簡単に説明すると、モンスター3体を1体のモンスターに見立てて召喚する方法です。

  • 特定のモンスターが手札に揃えばレベルを無視してそれらのモンスターをつなげて召喚できる
  • この方法によって召喚されたモンスターの状態を「マキシマムモード」と呼び、攻撃力は「MAXIMUM ATK」に記された数値になる

情報をまとめてみるとこんな感じですね。

わかな
わかな

MTGにみられる合体、デュエマにみられるゴッドリンクを彷彿とさせる召喚方法ですね!

遊我たちは初めてのマキシマム召喚に驚いていました。

ネイルがリアルタイムラッシュデュエルプログラミングを起動した際に、ネイルのデュエルディスクがすでにラッシュデュエル用になっていたことを考えると、この時、マキシマム召喚をラッシュデュエルにプログラミングしたと思われます。

「レベルはどう扱うのか」「表示形式は変更できるのか」「1体のモンスターとして扱われるのか」まだまだ謎は多いですが、デッキ構築に新たな風を吹かせてくれそうなカードです。

ちなみに今回ネイルが使用した《天帝龍樹ユグドラゴ》は【永続効果】も持っており、ラッシュデュエルの楽しさがさらに増す新要素の登場も確約されました。

わかな
わかな

OCGでは既に存在する永続魔法や永続罠の登場も遠くはないですね

ネイルはサイバース族使い

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ハッキングが得意なネイルのイメージ通り、ネイルはサイバース族使いのようです。

サイバース族はアニメ「遊戯王VRAINS」でAIのイグニスたちが作り上げた世界「サイバース世界」で生み出されたモンスターであり、OCGではつながりを象徴するリンク召喚が得意な種族です。

ネイルの使用したサイバース族もつながりを意識しているのかお互いの関連性が強いモンスターが多かったですね。

マキシマム召喚のようなカードをつなげて(リンクさせて)戦う種族である点はOCGを受け継いでいるとも言えます。

セツリンゴ飴とセツリカンドッグはモンスターじゃなかった

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

予告で名前だけ登場していた「セツリンゴ飴」と「セツリカンドッグ」

セツリと食べ物を掛けたサイバース族のカード名なのかと思いきや、ヘイブン中店通りの屋台で売っている食べ物でしたね。

どちらもルークが食べていましたがセツリンゴ飴はすっぱく、セツリカンドッグはまずいようです。

毎回パロディを仕込んでくる

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

前回は原作遊戯王の遊戯、仮面ライダー1号、戦場のメリークリスマスとパロディ満載でしたが、今回もちらちらパロディが映りこんでいました。

わたしの確認した中ではサザエさんとジャムおじさんがいましたが、毎回クスっとしてしまいます。

引き寄せられる似た者通し

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ヘイブン中店通りを通ってネイルのセツリを感じた遊我は、ネイルと同じようにワクワクが高ぶっていました。

しかし見たことのないマキシマム召喚やネイルの圧倒的な力に、遊我は圧倒され負けてしまいましたね。

あまり驚かない遊我が何度も驚いた顔をしており、遊我が感じた衝撃が伝わりました。

遊我がマキシマム召喚を習得しリベンジする流れを感じますが、次回もますます楽しみです!

デュエルで登場したカード

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

遊我

ネイル

新たに登場したアニメオリジナルカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回の注目はやはりネイルがマキシマム召喚した《天帝龍樹ユグドラゴ》ですね!

アニメオリジナルカードの魔法使い族は毎回強力です!

《波頭のマドール》

効果モンスター
レベル5 / 水属性 / 魔法使い族 / 攻1000 / 守1200

【条件】手札のモンスター(魔法使い族)1体を墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊する。

《天帝龍樹ユグドラゴ》

マキシマム / 効果モンスター
レベル10 / 光属性 / サイバース族 / 攻2000 / 守0 /M攻4000

「天帝龍樹ユグドラゴ[L]」「天帝龍樹ユグドラゴ[R]」と揃えてマキシマム召喚できる。
【条件】マキシマムモード
【永続効果】このカードは相手の罠カードの効果では破壊されない。

※「マキシマム超絶強化パック」に収録されカード化されました。

《天帝龍樹ユグドラゴ[L]

マキシマム / 効果モンスター
レベル4 / 光属性 / サイバース族 / 攻900 / 守0

【条件】マキシマムモード:デッキの上からカード3枚を墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター(レベル8以下)1体を選んで破壊する。

※「マキシマム超絶強化パック」に収録されカード化されました。

《天帝龍樹ユグドラゴ[R]

マキシマム / 効果モンスター
レベル3 / 光属性 / サイバース族 / 攻600 / 守0

【条件】マキシマムモード:デッキの上からカード3枚を墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの守備表示モンスター1体を選んで表側攻撃表示にする。

※「マキシマム超絶強化パック」に収録されカード化されました。

《アトロン》

効果モンスター
レベル3 / 光属性 / サイバース族 / 攻1000 / 守100

【条件】自分フィールドにこのカード以外のモンスターがおらず、自分の墓地に「フェムトロン」がいる場合に発動できる。
【効果】自分フィールドのこのカードを墓地へ送り、自分は1枚ドローする。

※「マキシマム超絶強化パック」に収録されカード化されました。

《ゼプトロン》

効果モンスター
レベル2 / 光属性 / サイバース族 / 攻500 / 守100

【条件】自分フィールドにこのカード以外のモンスターがおらず、自分の墓地に「フェムトロン」と「アトロン」がいる場合に発動できる。
【効果】自分フィールドのこのカードを墓地へ送り、自分は2枚ドローする。その後、自分は手札2枚を選び、好きな順番でデッキの下に戻す。

※「マキシマム超絶強化パック」に収録されカード化されました。

《ヨクトロン》

効果モンスター
レベル1 / 光属性 / サイバース族 / 攻100 / 守100

【条件】自分の墓地に「フェムトロン」と「アトロン」と「ゼプトロン」がいる場合、その3体を好きな順番でデッキの下に戻して発動できる。
【効果】自分フィールドのこのカードを墓地へ送り、自分は3枚ドローする。その後、自分は手札3枚を選んで墓地へ送る。

※「マキシマム超絶強化パック」に収録されカード化されました。

《量子ホール》

通常罠

【条件】自分のモンスター(サイバース族)が相手モンスターの攻撃で破壊された時に発動できる。
【効果】自分は2枚ドローする。その後、自分は手札を2枚選び、好きな順番でデッキの下に戻す。

他のアニメオリジナルカードもチェック!

【遊戯王SEVENS】アニメオリジナルカードまとめ【遊戯王ラッシュデュエル】

新たに登場した召喚口上・必殺技

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のデュエルでは以下のモンスターの召喚口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《天帝龍樹ユグドラゴ》

《天帝龍樹ユグドラゴ》の召喚口上・必殺技

召喚口上(マキシマム召喚時)

  • 天 地 光 闇 創造 絶望 永遠 終焉 運命…
    それは世界を貫き羽ばたく新たなる神話
    三組の眼で今こそ万物に理を与えんがため…
    マキシマム!出でよ《天帝龍樹ユグドラゴ》!

攻撃口上(マキシマムモード時)

  • 新たなる創世の日の出を迎えるため、宇宙を揺るがす鉄槌で全てを焼き払え!
    「ラグナロック・トライバースト・ストリーク」!

攻撃名(マキシマムモード時)

  • ラグナロック・トライバースト・ストリーク

他のカードの召喚口上・必殺技もチェック!

ラッシュデュエルに登場するカードの召喚口上と必殺技一覧【遊戯王SEVENS】

気になるあれこれ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

キャスト

  • 王道遊我:石橋 陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代 拓
  • 蒼月学人:花江 夏樹
  • 霧島ロミン:楠木 ともり
  • 安立ミミ:鈴木 梨央
  • 西園寺ネイル:松岡 禎丞
  • セバスチャン:多田野 曜平
  • トップ・オブ・ヘキサゴン:山根 雅史/熊谷 健太郎/安田 陸矢
  • ドローン:河村 梨恵/河野 茉莉

あらすじ

ヘイブンの入り口、セツリの門までたどり着く遊我たち。門の中の参道には様々なセツリをあつかう商店が立ち並んでいた。

商店を抜けた先には、目的地であるヘイブンが…。重い扉が開き、待っていたネイルとの最終決闘。

その時、巨大な光とともに想像を絶するモンスターが召喚される!!

最後に

今回は「遊戯王SEVENS」第23話の感想をお話ししました。

わかな
わかな

マキシマム召喚!

今回のセブンスはドキドキが止まりませんでした

あわせて読みたいおすすめ記事!

【遊戯王SEVENS】24話「覚悟」の感想:3on3の熱い展開についにガクトが! 【遊戯王SEVENS】22話「封じられた悪魔」の感想:チート込みならどんなデッキでも組めそう 【遊戯王SEVENS】アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です