漫画オリジナルカードまとめに新カード追加

【遊戯王SEVENS】第58話「交差する運命」の感想:新ギミックはフュージョン召喚!新種族も登場で大興奮

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「遊戯王SEVENSセブンス」第58話。

いよいよ新ギミックが判明しました。新種族も登場で大興奮です!

それでは今回も遊戯王セブンスの感想をお話ししていきます。

夕方のゴーハ第7小。ルークの悲鳴を聞いて、廊下に飛び出した遊我たちは、たくさんの人形を目にする。

その人形たちを操っていたのは、ゴーハ社長6兄弟四男、ゴーハ・ユウオウ!

遊我とのデュエルで劣勢に立たされるユウオウだが、その口元には謎めいた笑みが浮かんでいた…。

ネタバレ注意

この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことを承知の上でお読みください。

第58話「交差する運命」の感想

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回も色々感じる要素がありました。

  • 新ギミックはフュージョン召喚
  • 新たな種族サイボーグ族まで登場
  • ユウオウのキャラがちょっと笑えた
  • 逆転からの大逆転
  • ユウオウはⅣを彷彿させる人形デッキ…と思いきやデニスも彷彿させる

一つずつお話ししていきます。

新ギミックはフュージョン召喚

今回一番の大目玉。いよいよラッシュデュエルの新ギミックが判明しましたね。

その名も「フュージョン召喚」

召喚方法は《フュージョン》の効果により自分フィールドの表側表示モンスターを素材として墓地へ送り、フュージョン召喚するというもの。

遊戯王OCGの「融合召喚」をフィールドのモンスターのみの融合に限定させた、融合召喚といった召喚方法ですね。

マキシマム召喚登場以前から、エクストラデッキを使った新たな召喚方法に融合召喚が予想されていましたが、まさかほとんどそのまま登場するとは思いませんでした。

しかし従来の反省を活かした仕様に修正されてるしょうし、これからラッシュデュエルの戦術がさらに広がると思うとワクワクしますね。

新ギミック登場に懐かしいモンスターへの期待が高まる

エクストラ超越強化パック登場の新ギミック9つの予想まとめ【遊戯王ラッシュデュエル】

以前、新ギミックの予想を募集し記事にしましたが、その記事でも触れたように6月20日放送の遊戯王セブンスで、花江さん(ガクトの声優さん)が「このカードがラッシュデュエルに来たっていうことは…つまりそういうことなの!?ってこと」と意味深な発言をしていました。

そこで《ベビードラゴン》を紹介していたのですが、この発言とフュージョン召喚実装により《ベビードラゴン》の融合体《千年竜》《ドラゴンに乗るワイバーン》のラッシュデュエル登場の可能性が高まりました。

これらは原作遊戯王でも活躍したモンスターです。

懐かいモンスターの登場は昔から漫画・アニメを見ていた人や、遊戯王OCGで遊んでいた人からすると懐かしく嬉しいことですよね。

そういった意味でも今後へのラッシュデュエルへの期待が高まりました。

新たな種族サイボーグ族まで登場

新ギミック登場に加え、新たに登場したのが新種族の「サイボーグ族」。

新ギミックだけでもびっくりなのに、まさか新しい種族まで登場するなんて思いませんでしたね。

遊戯王OCGもラッシュデュエルも既に多くの種族が存在しています(ラッシュデュエルはサイボーグ族を除き23種)。

中にはドラゴン族と幻竜族、サイキック族とサイバース族のように、蓋を開けてみれば全然違うもののニュアンス的にはかなり似ている種族も存在します。

案の定サイボーグ族も機械族と似たものを感じますし、新種族実装による初心者の覚えることの増加は少し気になりました。

どちらにせよサイボーグ族は《フュージョン》で特殊召喚させるモンスター専用種族なのか、ラッシュデュエルにおいてどういう立ち位置になるのかに期待の種族ですね。

クィーン
クィーン

種族の増加によって初心者の覚えることの増えるのは、まあ…既に20種以上あるし1種類増えたところで大差ないかもって感じもするわね

ユウオウのキャラがちょっと笑えた

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ユウオウは何かを企み味方の勝利も喜ばず、事前情報では人形デッキ使いと、強者感満載のキャラですが、今回のデュエルではちょっと笑ってしまいました。

ちょっとホラーチックな演出から始まり、新ギミックのフュージョン召喚を披露。

そして見事遊我に大逆転勝利を納めたのですが、フュージョン召喚に驚く遊我に「フュージョン…フュージョン…フュージョン…フュージョン…」と何度も連呼していました。

待ちに待った披露が嬉しく、フュージョン召喚を印象付けたかったのか、さすがに連呼しすぎです。

今までキャラとのギャップもありますが、真面目に連呼しているのも相まって笑えました。

わかはぴ
わかはぴ

今思えば子どもらしくて(?)可愛くも感じます

逆転からの大逆転

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回デュエルしたユウオウは遊戯王OCGから存在する《逆転の女神》を使用していました。

オープニングから《逆転の女神》をオマージュしたモンスターが登場することは予測していましたが、まさか元祖の方も登場するとは思いませんでした。

その後、ちゃんとオマージュしたモンスターが登場していて《逆転の女神》好きには二度美味しい展開でしたね。

実は私、OCGの方では【逆転の女神】デッキを作るくらい《逆転の女神》が好きなんです(今はもう崩しました)。

なのでオマージュされたモンスターであってもラッシュデュエルの登場が嬉しいのに、元祖まで登場するなんて大興奮ですよね。

効果も大逆転要素が加えられて、実装が楽しみです。

ユウオウはⅣを彷彿させる人形デッキ…と思いきやデニスも彷彿させる

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

事前情報から沢山の人が話していましたが、ユウオウは四男であることから歴代遊戯王アニメ「遊戯王ZEXAL
ゼアル
」のⅣを彷彿させました。

Ⅳはユウオウと同じ人形デッキ使いです。

四男のユウオウとⅣはどちらも「4」に関連しており、そのことからも繋がりを感じますね。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

その中でデュエルをするユウオウを見てもう一つ感じる要素がありました。

それが「遊戯王ARC-V
アークファイブ
」に登場するデニスです。

デニスは観客を楽しませるエンタメデュエリストを目指しており、融合召喚に関わりの強いキャラクターです。

そしてアニメ作中では企みがあり主人公たちに接触していました。

ユウオウは融合召喚を元とするフュージョン召喚を使用していましたし、劣勢な状況から一気に逆転する展開を望むデュエリストです。

フュージョン召喚も他の兄弟には明かさず一人で実装を企んでいましたね。

さらにデニスの使用するモンスターは道化をモチーフとしており、ユウオウの使用するモンスターと類似しています。

デニス要素多くないですか?

これらの点からユウオウからはデニスも彷彿させました。

デュエルで登場したカード

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

王道遊我

  • 《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン》
  • 《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン[L]》
  • 《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン[R]》
  • 《黄昏の勇者ライダクロス》
  • 《暁の勇者ライダクロス》
  • 《ミスティック・ディーラー》
  • 《ダーク・ソーサラー》
  • 《アクア・ソーサラー》(アニメオリジナルカード)
  • 《レベルブラスト》

ユウオウ

  • 《死者転生》
  • 《貫通!》

新たに登場したアニメオリジナルカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回は新ギミックのフュージョン召喚関連のカードに加え光属性モンスターをサポートするカードが多く登場しました。

まとめたのであわせてチェックしてみてください!

《夜明けの戦士》

効果モンスター
レベル6 / 闇属性 / 戦士族 / 攻1700

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(レベル7/戦士族)がいる場合に発動できる。
【効果】手札のモンスター(レベル7/戦士族)1体を自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。

※守備力不明

《イマジナリー・アクター》

通常モンスター
レベル1 / 光属性 / 機械族 / 攻500 / 守500

《ソード・ダンサー》

通常モンスター
レベル4 / 光属性 / 戦士族 / 攻1400 / 守500

《逆転の女神》

通常モンスター
レベル6 / 光属性 / 天使族 / 攻1800 / 守2000

《ファイア・ジェスター》

効果モンスター
レベル3 / 光属性 / 炎族 / 攻1000 / 守500

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(レベル6以上/光属性)がいる場合、デッキの一番上のカード1枚を墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター(レベル8以下)1体を選び、その攻撃力・守備力をターン終了時まで500ダウンする。

《大逆転の女神》

効果モンスター
レベル7 / 光属性 / 天使族 / 攻2400 / 守2000

【条件】自分の墓地に「逆転の女神」がいる場合に発動できる。
【効果】自分は1枚ドローし、自分のデッキの一番上のカード1枚を墓地へ送る。この効果でモンスターが墓地へ送られた場合、そのモンスターと同じ種族の相手フィールドの表側表示モンスターを2体を選んで破壊できる。

《メタリオン・アシュラスター》

フュージョン / 効果モンスター
レベル9 / 光属性 /サイボーグ族 / 攻2800 / 守2500

「イマジナリー・アクター」+「ソード・ダンサー」
【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【選択効果】●相手フィールドの裏側表示のカード1枚を選んで破壊する。●自分フィールドの表側表示モンスター(サイボーグ族)1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで[相手フィールドの表側表示モンスター(戦士族)の攻撃力の合計]だけアップする。

《フュージョン》

通常魔法

【条件】なし
【効果】自分フィールドの表側表示モンスターを素材として墓地へ送り、フュージョン召喚する。

《虚鋼演機塔》(イマジナリー・アーク・タワー)

フィールド魔法

【条件】このカードは、自分の墓地に通常モンスター(光属性/守備力500)がいる場合に発動できる。
【効果】このカードがフィールドゾーンに表側表示である限り、お互いのフィールドの表側表示モンスター(光属性以外)の攻撃力は300ダウンする。お互いのフィールドの表側表示モンスター(レベル9/光属性)は罠カードの効果で破壊されない。

《虚鋼演機円舞台》(イマジナリー・アーク・ターレット)

通常罠

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(光属性)がいる場合、相手がモンスターを特殊召喚した時に発動できる。
【効果】このターン、相手はモンスター(攻撃力2500以上)で攻撃できない。

他のアニメオリジナルカードもチェック!

【遊戯王SEVENS】アニメオリジナルカードまとめ【遊戯王ラッシュデュエル】

新たに登場した召喚口上・必殺技

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のデュエルでは以下のモンスターの召喚口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《大逆転の女神》
  • 《メタリオン・アシュラスター》

《大逆転の女神》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • 二転三転輝く奇跡!我が手に勝利をもたらさん!《大逆転の女神》!

攻撃名

  • スターライト・クレッシェンド

《メタリオン・アシュラスター》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • それは交差する運命!混ざりあって生まれる禁断の命!フュージョン召喚!サイボーグ族!《メタリオン・アシュラスター》

攻撃名

  • フォール・イントゥ・シャイニング

効果口上

  • 命なき人形どもよ あるじのための礎となれ!「オカルティック・ストレンジャー」!

効果名

  • オカルティック・ストレンジャー(攻撃力をアップする効果発動時)

気になるあれこれ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

キャスト

  • 王道遊我:石橋陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代拓
  • 蒼月学人:花江夏樹
  • 霧島ロミン:楠木ともり
  • カイゾー:小林裕介
  • グルグル:伊瀬結陸
  • ユウオウ:山下大輝
  • ドール:はじめしゃちょー
  • ユウロ:江口拓也
  • ユウカ:唯野あかり
  • アドバイザーM:鈴木梨央
  • 西園寺ネイル:松岡禎丞
  • 生徒:安田陸矢/松本沙羅
  • その他:山根雅史/熊谷健太郎/河野茉莉

最後に

新ギミックが登場する度に感じますが、今回の「遊戯王SEVENS」は新ギミックに大興奮な回でしたね。

わかはぴ
わかはぴ

フュージョン召喚の詳細が楽しみです!

こちらもあわせてチェック!

【遊戯王SEVENS】第59話「注文ぼたん」の感想:濃いキャラが交差する対策会議という名の総集編 【遊戯王SEVENS】第57話「第四の刺客どすえ」の感想:もう一人の僕とセーラームーン 【遊戯王SEVENS】1期:アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です