【遊戯王SEVENS】25話「夢と勇気と友情」の感想:熱すぎる友情展開に心を持ってかれた

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「遊戯王SEVENSセブンス」第25話が放送されましたが今回も感想をお話ししていきます。

みんなの絆が生んだ遊我の新たな力。懐かしいモンスターに熱い展開。今回も見どころ満載でした。

ネタバレ注意
この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことをご理解したうえでお読みください。

24話「夢と勇気と友情」の感想

熱すぎる友情展開に心を持ってかれた

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ルークたちが戦いの中でたどり着いた覚悟。それはデュエルをするのに必須の自分のIDカード(アカウント)にモンスター情報を上書きさせること。

自分がデュエルできなくなるかもしれないのに、遊我のためを思って自分を犠牲にする3人には本当に強い覚悟を感じました。

そしてカイゾーはリアルタイムプログラミングに耐えきれそうのない遊我のデュエルディスクを助けるため、自らを犠牲にしてデュエルディスクの容量を補っていましたね。

4人とカイゾーの強い絆を感じましたし、《超魔機神マグナム・オーバーロード》の召喚口上をみんなで言う展開は胸が熱くなり心が持っていかれました。

《超魔機神マグナム・オーバーロード》は遊我がデザインしたモンスター?

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

前回の放送後、遊我の使用するマキシマムモンスターが収録されるという情報が公開されました。

それを見てほとんどの人が遊我はネイルにマキシマムモンスターで対抗するんだなと予測したと思います。

わたしも思いましたが、じゃあ遊我はどうやってマキシマムモンスターを手に入れるのとも思いました。

そもそもマキシマム召喚はネイルが開発した召喚方法ですし、《天帝龍樹ユグドラゴ》はネイルがデザインしたもの。

遊我も言っていた通り、ゴーハ社も把握していなかったマキシマムモンスターを手に入れるのは不可能なんですよね。

そこで今回の「ルークたちのIDカードにマキシマムモンスターの情報を上書きするという案」が実行されたというわけです。

モンスター情報さえ上書きしてしまえば、IDカードはラッシュデュエルカードとして再フォーマットされるようなので、《超魔機神マグナム・オーバーロード》は遊我がデザインしたモンスターなのかなと感じました。

わかな
わかな

1話からたびたび登場する遊我が構想中のロード「スーパーラッシュロボ」が《超魔機神マグナム・オーバーロード》に似ていることからもその可能性をうかがえます

マキシマムモンスターについて解説

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

前回、深く解説されなかったマキシマムモンスターについて、今回は解説されました。

まとめるとこんな感じです。

  • マキシマムモンスターは3体の特定のカードをマキシマムモードのモンスター1体として特殊召喚できる
  • この召喚方法をマキシマム召喚という
  • マキシマムモードのマキシマムモンスターは3つの効果を持つ

前回のデュエルの解説もちゃんと行われていましたね。

ゴーハデュエル博物館でのOCGモンスターにテンションが高まる

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回、遊我たちはゴーハデュエル博物館へ足を運んでいました。

そこはゴーハデュエルの歴史なども学べるのですが、OCGで活躍するモンスターの模型がいろいろと展示されていました。

ちなみに展示されていたモンスターはこちらです。

  • 《青眼の白龍》
  • 《ブラック・マジシャン》
  • 《真紅眼の黒竜》
  • 《デーモンの召喚》
  • 《ブラッド・ヴォルス》
  • 《ハーピィ・レディ》
  • 《ランドスターの剣士》

すでにラッシュデュエルカード化されたモンスターも複数いますが、この登場によってこれからのカード化に更なる期待が高まります。

わたしの大好きなハーピィの1体《ハーピィ・レディ》も登場していてめちゃくちゃテンションが上がりました。

わかな
わかな

《ハーピィ・レディ》と《ランドスターの剣士》はそのままカード化されそうですが《ブラッド・ヴォルス》は攻撃力1900なのでレジェンド枠ですかね

ぶつかり合うマキシマム

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

いよいよ次回はネイルと遊我のマキシマムモンスターがぶつかり合います!

ちなみにネイルは何故か遊我たちの増えたペナルティを把握していませんでした。

遊我には負けないと確信したから興味もなくなったのか、ネイルの心境の変化も気になります。

デュエルで登場したカード

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

遊我

  • 《超魔機神マグナム・オーバーロード》
  • 《超魔機神マグナム・オーバーロード[L]》
  • 《超魔機神マグナム・オーバーロード[R]》
  • 《機動砦のバスキュール》
  • 《ダーク・ソーサラー》
  • 《はぐれ使い魔》

ネイル

  • 《天帝龍樹ユグドラゴ》
  • 《天帝龍樹ユグドラゴ[L]》
  • 《天帝龍樹ユグドラゴ[R]》
  • 《ピーコック・ハイトロン》
  • 《フェムトロン》
  • 《ヨクトロン》

新たに登場したアニメオリジナルカード

今回は効果のわからないオリジナルカードが複数登場しました。

効果を判別できなかったのは悔しいですが、次回の登場に期待です。

  • 《マジカル・スイ〇〇〇》(一部カード名不明)
  • 《緊急帰還》
  • 《対生成》
  • 《不条理の虚孔》
《マジカルテット・ショック》

通常罠

【条件】自分の墓地のモンスター(魔法使い族)4体をデッキに戻して発動できる。
【効果】相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

※正確なテキスト不明

《トリック・ガード》

通常罠

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(攻撃力0)がいる場合、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
【効果】デッキの一番上のカードを墓地へ送る。その戦闘で発生する戦闘ダメージを0にする。

他のアニメオリジナルカードもチェック!

【遊戯王SEVENS】アニメオリジナルカードまとめ【遊戯王ラッシュデュエル】

新たに登場した召喚口上・必殺技

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のデュエルでは以下のモンスターの召喚口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《超魔機神マグナム・オーバーロード》
  • 《機動砦のバスキュール》
  • 《天帝龍樹ユグドラゴ》

《超魔機神マグナム・オーバーロード》の召喚口上

召喚口上

  • 行く手を阻む 迷いも 痛みも 絶望も!
    夢と!勇気と!友情で!ロードを切り開いて突き進む!
    マキシマム召喚!出てこい!《超魔機神マグナム・オーバーロード》!

《機動砦のバスキュール》の召喚口上

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

召喚口上

  • 未来へ架ける鉄壁の橋《機動砦のバスキュール》!

《天帝龍樹ユグドラゴ》の必殺技

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

効果名

  • ブリザード・オブ・プロビデンス(《天帝龍樹ユグドラゴ[L]》の効果発動時)
  • アロー・オブ・ミストルティン(《天帝龍樹ユグドラゴ[R]》の効果発動時)

他のカードの召喚口上・必殺技もチェック!

ラッシュデュエルに登場するカードの召喚口上と必殺技一覧【遊戯王SEVENS】

気になるあれこれ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

キャスト

  • 王道遊我:石橋 陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代 拓
  • 蒼月学人:花江 夏樹
  • 霧島ロミン:楠木 ともり
  • カイゾー:小林 裕介
  • 大森麺三郎:南雲 大輔
  • 西園寺ネイル:松岡 禎丞
  • セバスチャン:多田野 曜平
  • ドローン:河野 茉莉
  • ガイドドローン:河村 梨恵
  • その他:山根 雅史/熊谷 健太郎

あらすじ

再び相まみえる遊我とネイル!

天帝龍樹ユグドラゴ、その巨体が天を衝き、その咆哮が大地を震わす!

ルーク、ガクト、ロミン、3人の気持ちを乗せた遊我のドロー!さらにカイゾーの力も加え、彼らの夢と勇気と友情が奇跡を起こす!

最後に

今回は「遊戯王SEVENS」第25話の感想をお話ししました。

話の作り込みやキャラを大切にするセブンスの構成に改めて感心しました。

仲間を助けるためなら規律も破る覚悟があるガクトに、自分の進みたい道のためなら迷わず進む遊我が周りを心配したりと、遊我たちの絆の高まりや成長を感じます。

わかな
わかな

マキシマム編もいよいよクライマックスですね!

あわせて読みたいおすすめ記事!

【遊戯王SEVENS】1話「いくぞ!ラッシュデュエル!」の感想:新遊戯王アニメ始動! 【遊戯王SEVENS】24話「覚悟」の感想:3on3の熱い展開についにガクトが! 【遊戯王SEVENS】アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です