YouTube始めました!

【雷族】サポートカードまとめ:雷族を発動条件にするカード【遊戯王ラッシュデュエル】

クィーン
クィーン

【雷族】デッキを作ろうと思うけど何を入れたらいいか悩む

【雷族】デッキでできることを知りたい

そんな方のために、今回は雷族モンスターを発動条件にするカードを行動別にまとめました。

まずは【雷族】デッキにプラスしたい効果を選んでみましょう。

わかはぴ
わかはぴ

プラスしたい効果が見つからない?

そんな時はこちらもチェックしてみてください!

【雷族】サポートカードまとめ:雷族を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】

ドローする効果

ドローするカードは自分か相手のどちらがドローするかによって分けてまとめました。

  • 自分がドロー

自分がドロー

雷族モンスターを使ってドローできるカード一覧

発動条件:フィールドの雷族モンスター

※カッコ内はドローできる枚数です。

《カルイルカ》

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル2 / 水属性 / 海竜族 / 攻500 / 守1000

【条件】自分フィールドに表側表示の「海」または「大海洋」があり、自分フィールドに表側表示の通常モンスター(魚族・海竜族・水族・雷族)がいる場合に発動できる。
【効果】自分は1枚ドローする。

《カルイルカ》は自分フィールドに《海》または《大海洋》及び、魚族・海竜族・水族・雷族の通常モンスターがいる場合に1枚ドローできるモンスターです。

効果の発動条件は少し厳しいですが、手札を1枚増やすことができます。

《クラッピング・サンダー》

カードの種類/効果

通常魔法

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(雷族)が2体以上いる場合に発動できる。
【効果】相手フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで400ダウンする。自分フィールドの表側表示モンスター(雷族)が3体の場合、さらに自分は1枚ドローできる。

《クラッピング・サンダー》は自分フィールドに雷族モンスターが3体いる場合に1枚ドローできる魔法カードです。

《クラッピング・サンダー》の発動に1枚分のカードを消費しているため、ドローできるカードというよりは《クラッピング・サンダー》のカード消費を抑えデッキを回転させる意味合いの強いカードになっています。

雷族を主軸とするデッキでは使いやすくいため、戦闘サポートが不足している場合は採用してみてもいいですね。

▶︎《クラッピング・サンダー》の詳しい使い方

モンスターを破壊する効果

モンスターを破壊するカードは相手か自分のどちらのモンスターを破壊するかによって分けてまとめました。

  • 相手モンスターを破壊

相手モンスターを破壊

雷族モンスターを使ってモンスターを破壊できるカード一覧

発動条件:フィールドの雷族モンスター

※カッコ内は破壊できるモンスターの条件とその数です。

《嵐を呼ぶサンダービート》

カードの種類/効果

通常魔法

【条件】自分フィールドの表側表示モンスター(レベル4以下/雷族)が3体の場合に発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示の効果モンスター(レベル8以下)を全て破壊する。この効果でモンスターを破壊した場合、ターン終了時まで自分はモンスターを召喚・特殊召喚できない。

レベル4以下の雷族が3体必要ですが、ノーコストで相手モンスターを全破壊することができます。

効果発動後はモンスターを展開できなくなるため最上級モンスターの召喚などは行えませんが、3体のモンスターで直接攻撃できる点を考えると見返りの大きいカードです。

▶︎《嵐を呼ぶサンダービート》の詳しい使い方

《魔霧雨》

カードの種類/効果

通常魔法

【条件】なし
【効果】自分フィールドの表側表示の「デーモンの召喚」または表側表示モンスター(雷族)1体を選ぶ。選んだモンスターの攻撃力以下の守備力を持つ、相手フィールドの表側表示モンスターを全て破壊する。このターン、自分はモンスターで攻撃できない。

《魔霧雨》は自分フィールドの雷族モンスター1体を選び、そのモンスターの攻撃力以下の守備力を持つ相手モンスターを全て破壊できる魔法カードです。

破壊できるモンスターの範囲が広く、攻撃力2000以上の雷族モンスターがいればほとんどのモンスターを破壊できるため、相手モンスターを破壊するカードとしてはかなり強力です。

しかし効果発動後は攻撃することができなくなってしまいます。

そのため攻撃以外で相手ににダメージを与える手段のあるデッキへの採用に向いています。

▶︎《魔霧雨》の詳しい使い方

攻撃力・守備力を弱体化させる効果

攻撃力・守備力を弱体化させるカードは、攻撃力と守備力のどちらを弱体化するかで分けてまとめました。

  • 攻撃力を弱体化
  • 守備力を弱体化

攻撃力を弱体化

雷族モンスターを使って相手モンスターの攻撃力を弱体化させるカード一覧

発動条件:フィールドの雷族モンスター

発動条件:墓地の雷族モンスター

※カッコ内は弱体化値、弱体化させられるモンスターの条件とその数です。

《クラッピング・サンダー》

カードの種類/効果

通常魔法

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(雷族)が2体以上いる場合に発動できる。
【効果】相手フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで400ダウンする。自分フィールドの表側表示モンスター(雷族)が3体の場合、さらに自分は1枚ドローできる。

《クラッピング・サンダー》は相手モンスターの全ての攻撃力・守備力を400ダウンさせられる魔法カードです。

雷族を主軸とするデッキでは使いやすく、1枚のカード消費で自分のモンスター全ての戦闘をサポートすることができます。

また追加効果によりドローすることができれば、カードを消費せずに戦闘をサポートできるようになるのもポイントですね。

▶︎《クラッピング・サンダー》の詳しい使い方

《放電》

カードの種類/効果

通常罠

【条件】相手モンスターの攻撃宣言時、自分の墓地のモンスター(雷族)2体をデッキに戻して発動できる。
【効果】攻撃してきたモンスターの攻撃力はターン終了時まで800ダウンする。その後、相手に400ダメージを与える。

《放電》は攻撃してきたモンスターの攻撃力を800ダウンさせることができる罠カードです。

弱体化の数値から、下級モンスターで上級モンスター。上級モンスターで最上級モンスターを返り討ちと、一段階高いレベル帯のモンスターを返り討ちにするために使うこともでき、使いやすくなっています。

▶︎《放電》の詳しい使い方

守備力を弱体化

雷族モンスターを使って相手モンスターの守備力を弱体化させるカード一覧

発動条件:フィールドの雷族モンスター

※カッコ内は弱体化値、弱体化させられるモンスターの条件とその数です。

《クラッピング・サンダー》

カードの種類/効果

通常魔法

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(雷族)が2体以上いる場合に発動できる。
【効果】相手フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで400ダウンする。自分フィールドの表側表示モンスター(雷族)が3体の場合、さらに自分は1枚ドローできる。

《クラッピング・サンダー》は相手モンスターの全ての攻撃力・守備力を400ダウンさせられる魔法カードです。

攻撃力と守備力を同時に弱体化させられることがから、状況を選ばず発動しやすくなっています。

相手モンスターが守備表示であっても裏側表示であれば、弱体化させることができない点は要注意です。

▶︎《クラッピング・サンダー》の詳しい使い方

魔法・罠カードを破壊する効果

魔法・罠カードを破壊するカードは相手か自分どちらの魔法・罠カードを破壊するかによって分けてまとめました。

  • 相手の魔法・罠カードを破壊

相手の魔法・罠カードを破壊

雷族モンスターを使って魔法・罠カードを破壊できるカード一覧

発動条件:フィールドの雷族モンスター

※カッコ内は破壊できる種類と枚数です。

《閃駆雷撃》

カードの種類/効果

通常魔法

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(雷族)がいる場合に発動できる。
【効果】相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊する。

自分フィールドに雷族モンスターを発動条件に、相手の魔法・罠カードを破壊できるカード。

雷族を軸にするデッキではかなり使いやすく、魔法・罠カードの破壊手段が欲しいデッキには優先して採用したいカードになっています。

▶︎《閃駆雷撃》の詳しい使い方

効果ダメージを与える効果(バーン)

  • 相手に効果ダメージを与える

相手に効果ダメージを与える

雷族モンスターを使って効果ダメージを与えられるカード一覧

発動条件:フィールドの雷族モンスター

発動条件:墓地の雷族モンスター

※カッコ内はダメージの数値です。

《エミッタ・スタッグ》

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル3 / 光属性 / 雷族 / 攻1100 / 守0

【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(レベル5以上/雷族)1体を選び、そのレベルをターン終了時まで4下げる。その後、相手に400ダメージを与える。

《エミッタ・スタッグ》は相手に400ダメージを与えることができるモンスターです。

効果の発動にはレベル5以上の雷族モンスターが必要になりますが、手軽に相手に効果ダメージを与える手段になります。

▶︎《エミッタ・スタッグ》の詳しい使い方

《バチバチ・オクトスパーク》

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル6 / 水属性 / 雷族 / 攻1600 / 守800

【条件】このカードを召喚したターンに、自分フィールドに表側表示の通常モンスター(雷族)がいる場合に発動できる。
【効果】このカードの攻撃力はターン終了時まで400アップする。その後、相手に400ダメージを与える。

《バチバチ・オクトスパーク》は相手に400ダメージを与えることができるモンスターです。

効果の発動には雷族・通常モンスターが必要であり、召喚したターンにしか効果を発動することができません。

手軽に使いやすい部類ではありますが、自身が上級モンスターであることも相まって、デッキを選ぶカードになっています。

▶︎《バチバチ・オクトスパーク》の詳しい使い方

《サンダービート・ギフト》

カードの種類/効果

通常魔法

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(レベル4以下/雷族)がいる場合に発動できる。
【効果】[自分フィールドの表側表示モンスター(雷族)の数]×500ダメージを相手に与える。このターン、自分はモンスターで攻撃できない。

雷族の数により500~1500ダメージを与えられるバーンカードです。

発動条件は緩いですが、攻撃できないデメリットが重く、先攻1ターン目やとどめに使いたいカードです。

▶︎《サンダービート・ギフト》の詳しい使い方

《放電》

カードの種類/効果

通常罠

【条件】相手モンスターの攻撃宣言時、自分の墓地のモンスター(雷族)2体をデッキに戻して発動できる。
【効果】攻撃してきたモンスターの攻撃力はターン終了時まで800ダウンする。その後、相手に400ダメージを与える。

《放電》は相手に400ダメージを与えられる罠カードです。

効果の発動には墓地の雷族モンスターが必要ですが、戦闘をサポートしながら相手に効果ダメージを与えることができます。

受動的なカードである点は要注意です。

▶︎《放電》の詳しい使い方

ライフポイントを回復する効果

  • 自分のライフポイントを回復

自分のライフポイントを回復

雷族モンスターを使ってライフポイントを回復するカード一覧

発動条件:フィールドの雷族モンスター

※カッコ内は回復する数値です。

《サンダービート・ゲイン》

出典:遊戯王ラッシュデュエル マキシマム超絶強化パック

カードの種類/効果

通常罠

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(雷族)がいる場合、自分のLPの数値より高い攻撃力を持つ相手モンスター(レベル8以下)の攻撃宣言時に発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、[選んだモンスターの攻撃力]だけ自分のLPを回復する。

自分のライフポイントより高い攻撃力の相手モンスターの攻撃宣言時、相手モンスター1体の攻撃力分ライフポイントを回復するカードです。

自分のモンスターは守ることはできませんが、デュエルの決着を回避し延命することができます。

レベル9以上のモンスターには対応していない点は要注意です。

▶︎《サンダービート・ゲイン》の詳しい使い方

最後に

今回は雷族モンスターを発動条件にするカードを行動別にまとめました。

わかはぴ
わかはぴ

OCGの《サンダーボルト》《雷鳴》、そして充電するイメージが特徴として現れた種族です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。