【遊戯王SEVENS】18話「ごめんねゲッタチャンス」の感想:ゲッタちゃんがようやくデュエル!

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「遊戯王SEVENSセブンス」第18話が放送されましたね!

今回は平月太ことゲッタちゃんがまさかの再登場しデュエルをしていました。

衣装チェンジまでしてキメキメのゲッタちゃん回、今回も感想をお話ししていきます。

ネタバレ注意
この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことをご理解したうえでお読みください。

18話「ごめんねゲッタチャンス」の感想

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ゲッタチャンがようやくデュエル!

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

 七冥館でのチームデュエルでロアロミンメンバーで唯一デュエルしていなかった平ゲッタが、今回ようやくデュエルしていました。

ポスターやバンド名、ライブ中の演出など自分にスポットライトが当たらないことに不満を抱えていたゲッタちゃんですが、今回その不満が爆発していましたね。

しかしゲッタちゃんは何をしてもカッコいいロアを見ると憧れの気持ちが溢れてしまうようです。

わかな
わかな

何してもいちいちカッコよくて、大好きだったと言うゲッタちゃんと「ロイヤルデモンズ・インヴェイジョン」の召喚口上を聞くとBL展開のようにも思えて、いいシーンなのに笑っちゃいました

最後の感動シーンは見事にルークが潰してましたね。ですがロアもゲッタちゃんが帰ってくることを待つことを決めてハッピーエンドで終わることができよかったです。

「ロイヤルデモンズ」モンスターがカッコよすぎた!

今回はロアがデュエルをしたので「ロイヤルデモンズ」モンスターが多く登場しました。

元々《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》や《ロイヤルデモンズ・グルーピー》のデザインは好きだったのですが、改めて動いているシーンを見るとカッコよく見えます。

新たに登場した《ロイヤルデモンズ・インヴェイジョン》や《ロイヤルデモンズ・ブルース》も今回のアニメを観ると強いモンスターに見えますし、使ってみたいと思った人も少なからずいそうです。

雷族はOCGのカミナリを継承した種族

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

雷族はその種族名通りOCGのカミナリをモチーフにしたカード《サンダーボルト》や《雷鳴》の特徴が反映された種族でした。

《嵐を呼ぶサンダービート》は《サンダーボルト》の「相手モンスターをすべて破壊する効果」が、《サンダービート・ギフト》は《雷鳴》の「相手のライフポイントにダメージを与える効果」が反映されています。

ライフポイントは充電をイメージした効果ともとれ、発動条件も劣勢時に回復できるカードという印象です。

クィーン
クィーン

ラッシュカード化したら器用な種族になりそうね!

デュエルで登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回はロアとゲッタちゃんがデュエルをしていました。

様々なカードが登場していたので今回もまとめていきます。

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

ロア

  • 《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》
《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》の考察:評価と相性の良いカード【ラッシュデュエル】
  • 《ロイヤルデモンズ・インヴェイジョン》
  • 《ロイヤルデモンズ・ブルース》
  • 《ロイヤルデモンズ・シャウト》
  • 《ロイヤルデモンズ・グルーピー》

新たに登場したアニメオリジナルカード

御前乃ウシロウを除くロアロミンのメンバーが使うカードは、すべて音楽関係のようですね。

今回デュエルしたゲッタちゃんはロアロミンで自身が担当していたドラムと幼少期から好きだったであろうカブトムシをモチーフにしたカードを使用していました。

《ロイヤルデモンズ・ファンキー》

効果モンスター
レベル6 / 光属性 / 悪魔族 / 攻0 / 守0

【条件】このカードを召喚したターンに、デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側攻撃表示モンスター2体を選ぶ。ターン終了時まで、その内1体の元々の攻撃力は[選んだ2体の元々の攻撃力を合計した数値]となり、もう1体の元々の攻撃力は0になる。

《サンダービート・スネア》

通常モンスター
レベル1 / 光属性 / 雷族 / 攻500 / 守500

《サンダービート・ハイハット》

通常モンスター
レベル2 / 光属性 / 雷族 / 攻600 / 守600

《サンダービート・バスドラ》

通常モンスター
レベル3 / 光属性 / 雷族 / 攻800 / 守800

《サンダービート・ギフト》

通常魔法

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(レベル4以下/雷族)がいる場合に発動できる。
【効果】[自分フィールドの表側表示モンスター(雷族)の数]×500ダメージを相手に与える。このターン、自分はモンスターで攻撃できない。

《嵐を呼ぶサンダービート》

通常魔法

【条件】自分フィールドの表側表示モンスター(レベル4以下/雷族)が3体の場合に発動できる。
【効果】相手フィールドのモンスターを全て破壊する。この効果でモンスターを破壊した場合、ターン終了時まで自分はモンスターを召喚・特殊召喚できない。

《サンダービート・ゲイン》

通常罠

【条件】自分フィールドの表側表示モンスター(雷族)がいる場合、自分のLPより高い攻撃力を持つ相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
【効果】相手フィールドのモンスター1体を選び、[そのモンスターの攻撃力分]だけ自分のLPを回復する。

他のアニメオリジナルカードもチェック!

【遊戯王SEVENS】アニメオリジナルカードまとめ【ラッシュデュエル】

新たに登場した召喚口上・必殺技

今回のデュエルでは以下のモンスターの召喚口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《ロイヤルデモンズ・インヴェイジョン》
  • 《ロイヤルデモンズ・ファンキー》

《ロイヤルデモンズ・インヴェイジョン》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • ねえ 君のハートを侵略してもいい? 嫌だって言っても撤退しないよ?
    だって先に侵略されたのは…
    俺様のほうなんだからさ《ロイヤルデモンズ・インヴェイジョン》!

攻撃名

  • バイオレーション・ヘルチューン

効果発動口上

  • 下級モンスターを全員 地獄の楽屋にご招待しよう
    「バックステージパス・トゥ・ヘル」

効果名

  • バックステージパス・トゥ・ヘル

《ロイヤルデモンズ・ファンキー》の召喚口上

召喚口上

  • あふれるアフロ ハッとしてハッスル
    《ロイヤルデモンズ・ファンキー》アライブ

他のカードの召喚口上・必殺技もチェック!

ラッシュデュエルに登場するカードの召喚口上と必殺技一覧【遊戯王SEVENS】

気になるあれこれ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

キャスト

  • 王道遊我:石橋 陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代 拓
  • 蒼月学人:花江 夏樹
  • 霧島ロミン:楠木 ともり
  • カイゾー:小林 裕介
  • 安立ミミ:鈴木 梨央
  • 霧島ロア:吉田 一紀
  • 平月太:三浦 礼
  • 御前乃ウシロウ:滝澤 諒
  • コーラス隊:浜口 慎太郎/浦 和希/夏目 響平/野牧 幸矢/岡 辰青/熊谷 健太郎/内山 茉莉
  • 西園寺ネイル:松岡 禎丞

あらすじ

ネイルとの闘い2人目の相手は、なんとロアロミンのメンバー、平ゲッタだ!

ゲッタは、ロアへの不満を爆発させ、バンドを飛び出したという。そこへ、「ゲッタとデュエルをする約束をしていた」というロアが姿を現し、ゲッタとの因縁のデュエルに…。ぶつかり合うシャウトとビート!二人の友情?の行きつく先は…。

まとめ

今回は「遊戯王SEVENS」第18話の感想をお話ししました。

わかな
わかな

ゲッタちゃんのデュエル、また見たいですね

あわせて読みたいおすすめ記事!

【遊戯王SEVENS】19話「玉座たるもの」の感想:めっちゃ強いイスとのデュエル!【遊戯王SEVENS】17話「セツリの庭のネコ」の感想:あのモンスターたちが猫化して登場!【遊戯王SEVENS】アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です