漫画オリジナルカードまとめに新カード追加

【遊戯王SEVENS】第66話「決戦!魔神帝国」の感想:フュージョン誕生の真相がスケール大きくてはちゃめちゃ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「遊戯王SEVENSセブンス」第66話。いよいよフュージョン誕生の真相がわかる回だったのですが、その真相がはちゃめちゃな上にスケールの大きい話でした。

それでは今回も感想をお話ししていきます!

ラッシュデュエルを懸けたゴーハ社長6兄弟との闘いも、ついに最終戦を迎える!

遊我は、ユウオウの背後に姿を現したザ☆ルークメンにデュエルを挑む。

遊我とのデュエルを前にして、パーフェクトモードへと変身したザ☆ルークメンを打ち倒すために、遊我のとった驚くべき作戦とは!?

ネタバレ注意

この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことを承知の上でお読みください。

第66話「決戦!魔神帝国」の感想

今回はこんなことを感じました。

  • フュージョン誕生の真相がスケール大きくてはちゃめちゃ
  • ルークメンの謎も片付いた
  • ルークメンの目的は悪を倒すこと

フュージョン誕生の真相がスケール大きくてはちゃめちゃ

まずこれが《フュージョン》誕生の真相です。

  1. ルークが幼少期に描いた漫画をタイガーが見つける
  2. その漫画を少年漫画の新人漫画賞に応募
  3. ファックスの使い方がわからず、漫画をファックスにねじ込んだタイガーは上手く送信できないとファックスにチョップを繰り出す
  4. その衝撃や漫画からの強いエネルギーなどにより幾つもの奇跡が起き電子生命体の「ザ☆ルークメン」が誕生
  5. ルークメンは漫画を具現化するために、ネイルが幼少期に破壊した衛星の残骸にあった記憶カードを利用し《フュージョン》のカードを生成

いやいやツッコミどころ満載すぎ!!

セブンスらしいっちゃセブンスらしいんですけど、まさか《フュージョン》誕生の真相がこんなことだったとは思いませんでした。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《フュージョン》が1枚ごとにラッシュデュエルプログラムに介入するシステムを持っていたのは、ゴーハ社の記憶カードがラッシュデュエルカードと同じ企画で、そのままカード化させたからだそうです。

はちゃめちゃな上にスケールも大きくて笑いました。

ルークメンの謎も片付いた

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

これまでルークメンの正体について考えてきましたが、ルークメンになる前の姿がゴーハ社の社長ドローンと類似していたり、ミミのようにドローンに意識を乗っ取られてる割にはルーク感が残っていたりなど、多くの謎がありました。

まさか電子生命体だったとはって感じですが、AIよりも優れているみたいなのでゴーハ社に新入し社長ドローンを乗っ取ることも容易なルークメンであれば、社長ドローンと同じ姿をしているのにも納得ですね。

また意識を乗っ取られてる割にルーク感が残っているのも、ルークメンがルークの漫画から生まれたとなれば辻褄も合います。

ちょっと無理矢理感もありますが、今まで謎だったルークメンについても掘り下げられちょっとスッキリです!

ルークメンの目的は悪を倒すこと

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

でもルークメンは何のためにデュエルしているのって話なんですが、その目的が「悪を倒すこと」だそうです。

遊我はいつもと違う口調でルークメンとデュエルを行い悪役になりきっていましたが、ここまで読み取りルークメンにデュエルを仕掛けていたとは、さすが遊我ですよね

毎度のことながら驚愕です。

悪役になったかと思いきや、実は味方でしたと「魔神ユーガ」から「ザ☆ユーガメン」へと変身していたので、遊我がどういう展開に持っていこうとしているのか楽しみです。

クィーン
クィーン

《セブンスロード・魔神シャン》ってネーミングも面白かったし、それを信じていちいち驚くシュベールとハトラップも可愛かったわ

わかはぴ
わかはぴ

私はユーガメンへと変身した遊我に対して1人だけ嬉しそうにしていたアサナが可愛く思えました!

いつも細部までこだわってて、「遊戯王セブンス」ほんと面白いですね

▼リアクション豊かなアサナたち

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

それぞれの表情の違いに注目して見ると面白いですよ!

デュエルで登場したカード

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

王道遊我

  • 《セブンスロード・マジシャン》
  • 《セブンスロード・ウィッチ》
  • 《クリボット》
  • 《天使の施し》
  • 《クリボットリプル》
  • 《マジカル・スイッチ》

ルークメン

  • 《超撃龍ドラギアスターF》
  • 《連撃竜ドラギアス》
  • 《ザ☆スタードラゴン》
  • 《ザ☆ドラゴン》
  • 《手乗りドラコ》
  • 《輝岩竜》
  • 《ザ・ファイアドラゴン》
  • 《強欲な壺》
  • 《フュージョン》

新たに登場したアニメオリジナルカード

今回は汎用性の高いカードが多く登場しました。まとめたのであわせてチェックしてみてください!

《魔神の威光》

通常魔法

【条件】なし
【効果】自分フィールドの同じ種族の表側表示モンスター2体を選んで表示形式を変更する。この効果で表示形式を変更したモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで300アップする。その後、自分は300LP回復する。

《ザ☆ブロック》

通常罠

【条件】相手が表側表示でモンスター(レベル7・8)を召喚・特殊召喚した時、相手フィールドにそのモンスター以外のモンスターがいる場合に発動できる。
【効果】相手フィールドの全ての表側攻撃表示モンスターを表側守備表示にする。

他のアニメオリジナルカードもチェック!

【遊戯王SEVENS】アニメオリジナルカードまとめ【遊戯王ラッシュデュエル】

新たに登場した召喚口上・必殺技

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のデュエルでは以下のモンスターの召喚口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《セブンスロード・マジシャン》
  • 《セブンスロード・ウィッチ》
  • 《連撃竜ドアギアス》

《セブンスロード・マジシャン》

召喚口上

  • 我が行く手を阻む 正義も平和も明るい未来も!ロードの力でぶち破る!出てくるがいい!最凶の魔術師《セブンスロード・マジシャン》!

攻撃名

  • 魔神まじんマジック

《セブンスロード・ウィッチ》

召喚口上

  • 闇から生まれし破壊の魔女!出てくるがいい!《セブンスロード・ウィッチ》!

攻撃名

  • 魔神まじんパニッシュ

《連撃竜ドラギアス》

召喚口上

  • 今 ザ☆ルークメンの銀河に7つの超新星がガンマ線バースト!やめろっと言われてもザ☆遅い!やめろっと言われてもザ☆遅い!2回言ったのは意味がある 出てくるがいい!《連撃竜ドラギアス》!

気になるあれこれ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

キャスト

  • 王道遊我/魔神ユーガ/ザ☆ユーガメン:石橋陽彩
  • 上城龍久(ルーク)/ザ☆ルークメン:八代拓
  • 蒼月学人:花江夏樹
  • 霧島ロミン:楠木ともり
  • グルグル:伊瀬結陸
  • ユウオウ:山下大輝
  • ユウロ:江口拓也
  • ユウジーン:矢野正明
  • ユウカ:唯野あかり
  • ユウラン:斎藤壮馬
  • 女将:河野茉莉
  • 安立ミミ:鈴木梨央
  • 六葉アサナ:高橋ミナミ
  • 上城大華(タイガー):上條沙恵子
  • 田崎ギャリアン:中村光樹
  • 加山シュベール:佐藤祐吾
  • 象明寺キャピタリオ:堀井茶渡
  • ハトラップ:松田利冴
  • その他:鎌倉有那

最後に

今回も「遊戯王SEVENS」の感想をお話ししました。

発想がぶっ飛んでていつも驚かされますね(笑)

わかはぴ
わかはぴ

次回はみんなのコスプレが見れそうです!

こちらもあわせてチェック!

【遊戯王SEVENS】第67話「宇宙戦士ザ☆ルークメン」の感想:遊我が起こす奇跡が熱くみんなのコスプレが可愛かった! 【遊戯王SEVENS】第65話「孤高のセツリ」の感想:感動×感動×感動!切なさ全開で涙溢れる回でした 【遊戯王SEVENS】2期:アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です