【遊戯王SEVENS】33話「ゴーハ第6小学校」の感想:ガクトが自分の在り方を見直す良い話

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「遊戯王SEVENSセブンス」第33話が放送されましたが今回も感想をお話ししていきます。

ネタバレ注意
この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことをご理解したうえでお読みください。

33話「ゴーハ第6小学校」の感想

ガクトが自分の在り方を見直す良い話

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ゴーハ6小に転校したことでガクトは生徒会長ではなくなってしまいました。それにより生徒会長欠乏症になっていましたね。

ジャンゴのドローしていないことによる禁断症状のようなものもみられ、いつもとは違う挙動も度々見せていました。

そんな中、遊我たちからかけてもらった言葉により「生徒会長でなくても”蒼月学人”であることには変わらない」「どこにいても自分は自分」と気づかされたガクトは、デュエルの中で生徒会長欠乏症を克服します。

自分に自信がなかったり正義感が強すぎる人は自分の付加価値に大きな価値を感じ、それを失った時に自分の価値がなくなってしまうのではないかと不安を感じる人も多いですよね。

ガクトの生徒会長欠乏症はそういった部分を表した現代的な悩みだなぁと感じました。

わかはぴ
わかはぴ

肩書なんて関係なく自分は自分です!

自分を信じて目指したい目標へ突き進もうと感じさせられました

ガクトの敵討ち戦

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のガクトが戦った相手は蘭世と凛之介をゴーハ6小に転校させたギャリアンです。

重騎デュエルクラブの参謀でありデュエルもかなりの腕前を持つギャリアンですが、ギャリアンの攻めに屈しずガクトは見事勝利を納めました。

蘭世も自分が防ぎきれなかったギャリアンの攻撃を見事に防ぐガクトの姿に涙していましたね。

蘭世とギャリアンとの戦いでギャリアンには腹が立っていたので、ガクトが敵討ちに成功したことや蘭世の想いから、見てる私もウルウルしてしまいました。

無事勝利してよかったです。

ギャリアン年齢詐称疑惑

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ガクトに負けたギャリアンはアサナと愛機のGG03のことを想い昔話に浸っていました。

その回想シーンに登場するのは髭のようなもみあげがちょっと控えめになったギャリアンと幼いアサナ。

「いや、何歳やねん!?」

ロミンも突っ込んでいましたが、こう思った人も多いと思います。

ギャリアンの想像の世界の話なのかもしれませんが、ギャリアンの年齢についての謎が深まりました。

年齢詐称かなとも思いましたが公式設定は公開されるのでしょうか。

重騎デュエルクラブはゴーハ社と契約を結んでいる

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回、内容の部分で一番気になったのがこの部分です。

ゴーハ社社長と連絡を取っていたアサナですが、ラッシュデュエルを消滅させることを条件に何かしらの契約を結んでいるようでした。

主に重騎デュエルクラブ全体が関わっていると思われる案件ですが、前回の話でゴーハ社とムツバ重騎関係が明らかになったので、その辺りとのつながりも考えられます。

次回以降語られるとは思いますが、かなり気になりました。

遊我がなんか大人っぽい

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ゴーハ6小に転校し遊我たちはゴーハ6小指定のジャージに着替えていました。

いつもと違う遊我がなんか大人っぽく見えて、カッコよさを感じました。

わかはぴ
わかはぴ

ルーク推しなのに今回は遊我に目がいってしまいました

デュエルで登場したカード

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ガクト

  • 《魔将ヤメルーラ》
  • 《魔将セメルーラ》
  • 《ユル縞仙人》
  • 《ゆるしま仙女》
  • 《魔将分隊 埋組》
  • 《死反のタマ》
  • 《伝説の侍将 MASAKI》
  • 《月涙の兎》
  • 《右手に盾を左手に剣を》
  • 《仙人の神髄》

ギャリアン

  • 《ドリリング・マンドリル》
  • 《シールド・ボウリング・コング》
  • 《ブル・ブレイカー》
  • 《シャベル・クラッシャー》
  • 《重騎屋戦法》
  • 《闇の訪れ》
  • 《重騎起動装置》

新たに登場したアニメオリジナルカード

《トンネルネード・バスター》

通常魔法

【条件】自分フィールドの攻撃表示モンスター(地属性/機械族)1体を表側守備表示にして発動できる。
【効果】[この効果の条件で表側守備表示にしたモンスターのレベル]×100ダメージを相手に与える。

新たに登場した召喚口上・必殺技

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のデュエルでは以下のモンスターの召喚口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《魔将セメルーラ》
  • 《シールド・ボウリング・コング》

《魔将セメルーラ》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • 攻める 攻めれば 攻める時 そこに見えるは新たな自分
    今こそ攻め時 上げます勝鬨かちどき 出陣!《魔将セメルーラ》!

攻撃名

  • 魔将ましょう 地烈陣ちれつじん

効果名

  • 天上天下奨令発布てんじょうてんげしょうれいはっぷ

シールド・ボウリング・コング》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • その強さはシールドマシンを超え。その深さはボーリングマシンを超える。
    森の賢者 大地の王者。吠えろ《シールド・ボウリング・コング》!

攻撃名

  • コング・マイニング・ペネトレイション

効果名

  • 豪放崩々砲ごうほうほうほうほう

他のカードの召喚口上・必殺技もチェック!

ラッシュデュエルに登場するカードの召喚口上と必殺技一覧【遊戯王SEVENS】

気になるあれこれ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

主題歌

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
  • ゴーハ第7小学校校歌(ガクトver.) / ガクト(CV:花江夏樹)

今回はエンディングはガクトバージョンの「ゴーハ第7小学校校歌」でした。

これで現在存在する「ゴーハ第7小学校校歌」は以下の4種

  • 通常ver. / 遊我(CV:石橋陽彩)、ルーク(CV:八代拓)、ガクト
  • 4人合唱ver. / 遊我、ルーク、ガクト、ロミン(CV:楠木ともり)
  • 遊我ver. / 遊我
  • ルークver. / ルーク
  • ガクトver. / ガクト

メインキャラクターで独唱していないのは残りロミンだけですが、主題歌でも音痴設定が活かされているロミンの「ゴーハ第7小学校校歌(ロミンver.)」が放送されることはあるのでしょうか?

キャスト

  • 王道遊我:石橋陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代拓
  • 蒼月学人:花江夏樹
  • 霧島ロミン:楠木ともり
  • カイゾー:小林裕介
  • 蘭世:鎌倉有那
  • 凛之介:小林千晃
  • 有栖川ジャンゴ:佐伯ユウスケ
  • 六葉アサナ:高橋ミナミ
  • 田崎ギャリアン:中村光樹
  • 加山シュベール:佐藤祐吾
  • ハトラップ:松田利冴
  • 社長ドローン:はじめしゃちょー
  • 安立ミミ:鈴木梨央
  • 秘書:柳田淳一
  • その他:熊谷健太郎/安田陸矢/河野茉莉

あらすじ

ゴーハ6小へ転校させられてしまった遊我たち。

7小生徒会長の立場を失ったガクトに『生徒会長欠乏症』の症状が…。

7小生徒会へ復帰するため、重騎デュエルクラブとのデュエルを決意したガクトの前に、蘭世と凛之介を6小へと連れ去った田崎ギャリアンが立ちふさがる!

最後に

今回は「遊戯王SEVENS」第33話の感想をお話ししました。

わかはぴ
わかはぴ

ガクト再びの勝利に自分を見つめなおしたいい回でした!

次回は宇宙子登場!?

こちらもあわせてチェック!

【遊戯王SEVENS】34話「指圧底国の逆襲」の感想:パワーワード連発のマッサージデュエル 【遊戯王SEVENS】32話「重騎愛づる姫君」の感想:まさかの幻竜族使い!そしてまさかの… 【遊戯王SEVENS】アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です