漫画オリジナルカードまとめに新カード追加

【遊戯王SEVENS】第54話「ライディング・ラッシュデュエル!」の感想:何もかも早すぎる男ユウロの使うハーピィに大興奮

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「遊戯王SEVENSセブンス」第54話。

今回はハーピィ、ハーピィ、ハーピィ、ハーピィ、ユウロ、ハーピィ、ハーピィ、新ギミック、ハーピィ、ハーピィ、ハーピィ、ゴーハ6兄弟のエースモンスター、ハーピィ。

頭の中こんな感じでした。

個人的な趣味が多いに反映されてしまっていますが、今回も遊戯王セブンスの感想をお話しします。

突然やって来た巨大要塞!それはゴーハ・コーポレーションの真の社長である6兄弟の要塞だった!

遊我たちは、ラッシュデュエルのプログラムデータであるラッシュデュエルロボを破壊から守るため、6兄弟とデュエルをすることに。

第1戦の相手はスピードマニアの長男、ゴーハ・ユウロ!ライディング・ラッシュデュエル、アクセラレーション!

ネタバレ注意

この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことを承知の上でお読みください。

第54話「ライディング・ラッシュデュエル!」の感想

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回も色々感じる要素がありました。

  • ハーピィ・レディ登場に大興奮
  • 何もかも速すぎる男、ユウロ
  • 新ギミックは敵が実装?
  • ゴーハ6兄弟から推測するエースモンスター

一つずつお話ししていきます。

ハーピィ・レディ登場に大興奮

今回の話の感想の大部分を占めてるのがコレです。

事前情報からユウロが風属性を使うことは想定してましたが、まさか《ハーピィ・レディ》を使うとは思ってもいませんでした。

コレに興奮しすぎてTwitterではハーピィ、ハーピィうるさくなってましたし、興奮しすぎてその後の話が全く入ってきませんでした。

《ハーピィ・レディ》自体は実は遊戯王セブンスにすでに登場していて、ゴーハデュエル博物館に模型が展示されています。

その時から約半年、いよいよラッシュデュエル登場の兆しが見え嬉しい限りです。

日頃からハーピィのことは話しているので、おめでとうの言葉もいただき本当に幸せです。

クィーン
クィーン

まだ収録が決まったわけじゃないし気が早いけどね

▶︎ 25話に登場した《ハーピィ・レディ》をチェック!

以前から待ち望みすぎていた

余談になってしまうのですが、《ハーピィ・レディ》がラッシュデュエルに登場して欲しすぎて、以前から予想を立てたりコラ画像を作ったりしてたんですよね。

そこでそのほんの一部を皆さんにお届けします。

願望は現実になりそうですし、収録の予言も当たりそうじゃないですか?

よかったら皆さんも一緒にお祈りしてください。

ゴーハ6兄弟のキャラもまた濃すぎた

ゴーハ6兄弟が本格的に動き出しましたが、登場からいきなりキャラが濃すぎました。

まずゴーハ6兄弟の出身校は「ゴーハ宇宙小学校」

え?宇宙に学校あるの?

宇宙という名ばかりの学校なのか、遊戯王セブンスの世界設定が未来的すぎるのか。おそらく後者だと思いますが、彼らの出身校には驚きました。

ガクトたちはそれに対して大きな反応はなかったので、遊戯王セブンスの世界で宇宙に学校があるのは普通なんでしょうね。

そして帰ってきたゴーハ6兄弟を出迎えるゴーハ社およびゴーハ社員。

ゴーハ社員が出迎えるのはわかりますが、ゴーハ社自体が出迎えるとは驚きですね。

しかも「社長お帰りなさいモード」というそれ専用のシステムのようで、相変わらずのキャラの濃さを感じました。

クィーン
クィーン

ある意味ゴーハ兄弟というよりもゴーハ社が濃いと言ってもいいわね

何もかも速すぎる男、ユウロ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ラッシュデュエルのシステムを賭けた戦いが始まり、最初の相手はスピードマニアの長男、ユウロでした。

スピードを感じるのが好きなユウロが仕掛けてきたのは、過去作「遊戯王5D’s
ファイブディーズ
」に登場したライディング・ラッシュデュエルのラッシュデュエル版です。

ラッシュデュエルはスピーディなデュエルができるのが特徴であるため、ユウロも早速気に入ったようでした。

そして負け。

負けた後は突如始まったゴーハ6兄弟との社長会議で、負けたことを理由に社長を退任させられてしまいました。

新章が始まり2話にして早速デュエルし、早々と負けたと思えば社長退任。

清々しくその場を去っていましたが、スピードマニアなだけに何もかも速すぎて笑いました。

また新章は始まったばかりですし、このまま退場ではなく再びデュエルしてほしいですね。

ユウロはちょっと遊我と似てる

今回の話でユウロは遊我と似ているところがあるなぁと感じました。

まずゴーハ6兄弟の目的はラッシュデュエルを潰すことですが、前述した通りユウロはラッシュデュエルを気に入っていました。

また社長辞任も特に引きずることなく、窮屈な社長という立場から解放されて自由になれたと前向きに捉えていましたね。

ちょっと遊我の思想に似ていませんか?

遊我は窮屈な世界を嫌っていますが、ユウロもまた遊我と同じなのかもしれないと思いました。

新ギミックは敵が実装?

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

最後にゴーハ6兄弟の一人ユウオウが、カードに何かの細工をしているシーンが映りました。

おそらくこれは新ギミックの布石だと思われますが、ネイルの時のように新ギミックは敵が実装するのかもしれませんね。

ゴーハ6兄弟から推測するエースモンスター

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ゴーハ6兄弟を見てそれぞれのエースモンスターを推測できそうに思えたので、これについても解説していきます。

まずゴーハ6兄弟はそれぞれの服にキャラをイメージするカラーが割り当てられています。

この色、何を表していると思います?

私はこの色に属性を見出しました。

服のカラーを元に属性を当てはめてみるとこうなります。

  • ユウジーン(青)→ 水属性
  • ユウオウ(黄)→ 光属性
  • ユウロ(緑)→ 風属性
  • ユウカ(赤)→ 炎属性
  • ユウラン(橙)→ 地属性

※画像左からユウジーン、ユウオウ、ユウロ、ユウカ、ユウラン。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

属性を割り当てるとエースモンスターの属性から、それぞれが扱うエースモンスターを推測しやすくなります。

信憑性を高めるために事前のキャラクター紹介での情報を当てはめて、それぞれのエースモンスターを推測してみました。

  • ユウジーン →《海竜神-ダイダロス》

ユウジーンは海が好きであり、対応する属性が水属性であることから《海竜神-ダイダロス》がエースモンスターであると思われます。

次回予告での描写から間違いなさそうですね。

  • ユウロ →《エア・フォーミュラ・イーグル》

ユウロは今回のデュエルの通りです。

  • ユウラン →《千年の盾》

ユウランは寡黙でミステリアスなキャラと明かされています。

エースモンスターの中で唯一口を持たず、古の時代を感じさせるミステリアスな雰囲気はユウランにぴったりですね。

また《千年の盾》の属性もユウランに対応する地属性になっています。

  • ユウカ →《No.39 希望皇ホープ》のオマージュ
  • ユウオウ →《逆転の女神》のオマージュ

この2人はかなり悩みました。

ユウカは明るく熱血感な性格のようでカラーは炎属性に対応しています。でも《No.39 希望皇ホープ》のオマージュが男らしすぎて使いそうに無いんですよね。

またエクストラデッキを使うモンスターのようにも感じますし、ユウオウの行動をみるとユウオウが使用するカードのようにも思えます。

でも野球のイメージを取り入れている分、ユウカの熱血感な性格や炎属性のイメージには合うんですよね。

ユウオウは唯一事前情報がなく、対応するカラーが光属性というだけの判断です。

結果はこれから分かることですが、ゴーハ6兄弟の服の色に意味がありそうと思ったので今回はエースモンスターを推測してみました。

クィーン
クィーン

ラッシュデュエルの方はここ最近で属性強化も増えてきたし、属性統一デッキのような路線でもデッキを組めるような流れに持っていこうとしてるのかもね

わかはぴ
わかはぴ

全力で推測しましたが外れてたらごめんなさい

デュエルで登場したカード

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

王道遊我

  • 《セブンスロード・マジシャン》
  • 《ライトニング・ボルコンドル》
  • 《セブンスロード・ウィッチ》
  • 《ビースト・サモナー》
  • 《ミスティック・ディーラー》
  • 《スペル・アーチャー》
  • 《リカバリー・フォース》
  • 《マジカル・ストリーム》

ユウロ

  • 《メカファルコン》
  • 《天空竜》

新たに登場したアニメオリジナルカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回は風属性モンスターをサポートできるカードが多数登場しました。

まとめたのであわせてチェックしてみてください。

《ネクロマン三世》

効果モンスター
レベル3 / アンデット族 / 攻1000

【条件】このカードを召喚したターンに、相手フィールドにモンスター(レベル7以上)がいる場合に発動できる。
【効果】自分の墓地の通常モンスター1体を選んで自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。

※属性・守備力・正確なテキスト不明

《ハーピィ・レディ》

通常モンスター
レベル4 / 風属性 / 鳥獣族 / 攻1300 / 守1400

《サイバティック・ワイバーン》

通常モンスター
レベル5 / 風属性 / 機械族 / 攻2500 / 守1600

《エア・フォーミュラ・イーグル》

効果モンスター
レベル7 / 風属性 / 鳥獣族 / 攻2300 / 守1800

【条件】自分の墓地に通常モンスター(風属性)が3体以上いる場合に発動できる。
【効果】手札の通常モンスター(風属性)1体を自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。その後、自分の墓地の通常モンスター(レベル6以下/風属性)1体を選んで自分フィールドに表側表示で特殊召喚できる。

《アゲインスト・バスター》

通常魔法

【条件】なし
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(風属性/攻撃力2000以上)1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで500ダウンする。その後、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

《フォローウィング・ワールド》

フィールド魔法

【条件】なし
【効果】このカードがフィールドゾーンに表側表示である限り、お互いのフィールドの通常モンスター(風属性)の攻撃力は500アップする。

《ウィンド・ファースト》

通常罠

【条件】相手がモンスター(レベル5以上)を召喚・特殊召喚した時、自分の墓地の通常モンスター(風属性)1体をデッキに戻して発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示の「フォローウィング・ワールド」を選ぶ。このターン、この効果で選んだカードが表側表示の間、相手は通常モンスター(風属性)でしか攻撃できない。

他のアニメオリジナルカードもチェック!

【遊戯王SEVENS】アニメオリジナルカードまとめ【遊戯王ラッシュデュエル】

新たに登場した召喚口上・必殺技

今回のデュエルでは以下のモンスターの召喚口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《エア・フォーミュラ・イーグル》

《エア・フォーミュラ・イーグル》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • 私は鷹だ!デュエルの鷹だ!風の誇りを胸に いざ行かん!《エア・フォーミュラ・イーグル》

攻撃名

  • マッハソニック・ウィンド

効果名

  • キャッチアップ・ウィンド

気になるあれこれ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

キャスト

  • 王道遊我:石橋陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代拓
  • 蒼月学人:花江夏樹
  • 霧島ロミン:楠木ともり
  • カイゾー:小林裕介
  • グルグル:伊瀬結陸
  • オーティス:浪川大輔
  • 社長ドローン/ドール:はじめしゃちょー
  • 安立ミミ:鈴木梨央
  • 西園寺ネイル:松岡禎丞
  • ユウロ:江口拓也
  • ユウジーン:矢野正明
  • ユウカ:唯野あかり
  • ユウラン:斎藤壮馬
  • ユウオウ:山下大輝
  • 安立ヨシオ:永塚拓馬
  • 洗井新太:逢坂良太
  • 本屋ブラウン:吉永拓斗
  • ドローン音声:熊谷健太郎
  • システム音声:河村梨恵
  • その他:安田陸矢/鎌倉有那

最後に

今回の「遊戯王SEVENS」は私にとってはもう《ハーピィ・レディ》の回でした。

わかはぴ
わかはぴ

今回も《ハーピィ・レディ》登場シーンをまとめたのであわせてチェックしてみてください!

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
出典:【公式】遊戯王SEVENS第54話「ライディング・ラッシュデュエル!」の感想 – YouTube
出典:【公式】遊戯王SEVENS第54話「ライディング・ラッシュデュエル!」の感想 – YouTube
出典:【公式】遊戯王SEVENS第54話「ライディング・ラッシュデュエル!」の感想 – YouTube

こちらもあわせてチェック!

【遊戯王SEVENS】第55話「ユウジーンと海」の感想:梶木漁太を彷彿させるユウジーンに感激 【遊戯王SEVENS】第53話「いくぞ!ラッシュグリュリュ!」の感想:懐かしいモンスター多数登場に妄想が止まらない2期開幕! 【遊戯王SEVENS】1期:アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

2 COMMENTS

わかはぴ

的中しちゃいました!!
不安だったユウカの予想が当たったので他の2人も当たるかなと過信しちゃってます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です