漫画オリジナルカードまとめに新カード追加

【遊戯王SEVENS】第34話「指圧底国の逆襲」の感想:パワーワード連発のマッサージデュエル

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「遊戯王SEVENSセブンス」第34話が放送されましたが今回も感想をお話ししていきます。

ヌードル宇宙子再登場かと思われましたが、まさかの瓜二つの別人でした!

ネタバレ注意

この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことを承知の上でお読みください。

34話「指圧底国の逆襲」の感想

ドローン同士の通信速度が速すぎた

出典:【公式】遊戯王SEVENS第34話「地圧帝国の逆襲」 – YouTube

今回はドローン同士の通信が物語のを進める上でのキーとなっていました。

その通信速度はわずか0.05秒。

人間には把握できない速度で会話することもできるようです。

フィンガー地下子とのデュエルで、セバスチャンがデュエルしている間にセイルの元へ向かうよう会話していました。

わかはぴ
わかはぴ

人間の前だと隙のない無敵な会話術ですね!

フィンガー地下子とヌードル宇宙子

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回、ゴーハ6小の刺客として「フィンガー地下子」が登場していました。

その姿は過去に登場したヌードル宇宙子とそっくりです。

見た目のみならず声も同じで、ドローンであるセバスチャンでさえもヌードル宇宙子ではないかと疑っていました。

本人は宇宙子とは別の人物と否定していますが、存在は知っているようですし関係性が気になります。

わかはぴ
わかはぴ

ちなみに地下子も宇宙子も【炎族】デッキという共通点があります

既存のテーマが次々強化されていく

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回は【炎族】デッキを使うフィンガー地下子と【攻撃力0】デッキを使うセバスチャンが登場していました。

それぞれのデッキに採用されるカードはすでに登場しており、今回のデュエルでそれらのデッキに採用できるカードがさらに増えました。

次に発売されるパック「宿命のパワーデストラクション!!」ではセバスチャンのカードは収録されませんが、今後の登場にも期待できるので、アニメでのこういった登場はそのテーマを使っているデュエリストからすれば嬉しい限りですね。

現在は【ドラゴン族混合型魔法使い族(龍魔)】デッキが環境で一強になっていますが、こうやって様々なデッキの基盤ができることによりデッキの幅も広がっていくので今後のデュエルにも期待できます。

わかはぴ
わかはぴ

鳥獣族の強化も強く希望です!!

デュエルで登場したカード

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

セバスチャン

  • 《暗黒の玉座》
  • 《イスの冥王ダユー》
  • 《玉座の威光》(アニメオリジナルカード)

フィンガー地下子

  • 《マグマックス・マントルヴェーダ》

新たに登場したアニメオリジナルカード

出典:【公式】遊戯王SEVENS第34話「地圧帝国の逆襲」 – YouTube

今回は久しぶりにアニメオリジナルカードが多数登場しました。

《ドウェルチェア・コリキエル》

効果モンスター
レベル2 / 闇属性 / 天使族 / 攻0 / 守500

【条件】手札のモンスター(攻撃力0)1体を墓地へ送って発動できる。
【効果】自分のデッキの上からカード2枚を墓地へ送る。その中にモンスター(闇属性)がいた場合、自分の墓地のモンスター(闇属性)1体を選んで手札に加える。相手のLPを[選んだモンスターの攻撃力]だけ回復する。

《ドウェルチェア・スケイル》

効果モンスター
レベル1 / 闇属性 / 海竜族 / 攻0 / 守100

【条件】自分フィールドにこのカード以外のモンスターがいない場合に、自分の墓地のモンスター(攻撃力0)2体を好きな順番でデッキの一番下に戻して発動できる。
【効果】自分の墓地のモンスター(レベル7以上/攻撃力0)1体を選んで自分フィールドに表側攻撃表示で特殊召喚する。

《イスの鏡王ダユー・エイビス》

効果モンスター
レベル7 / 闇属性 / 悪魔族 / 攻0 / 守2400

【条件】自分の墓地のモンスター(攻撃力0)を好きな数だけデッキに戻して発動できる。
【効果】自分または相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで[この効果でデッキに戻したモンスターの数]×300ダウンする。このカードの攻撃力は[この効果でデッキに戻したモンスターの数]×300アップする。

《ダークネス・リチェアル》

通常魔法

【条件】自分フィールドの表側表示モンスター(闇属性)3体を墓地へ送って発動できる。
【効果】自分の墓地のモンスター(闇属性)1体を選んで自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。この効果の条件で墓地へ送ったモンスターが全て同じ名前だった場合、自分は1枚ドローできる。

《ジョイント・チェア》

通常罠

【条件】自分フィールドに攻撃表示モンスター(攻撃力0)がいる場合、相手がモンスターを召喚した時に発動できる。
【効果】自分フィールドのモンスター2体を選んで表側守備表示にする。このターン、自分フィールドに守備表示モンスターがいる間、相手モンスターは攻撃表示モンスターを攻撃できない。

《ツボルケーノ》

通常モンスター
レベル1 / 地属性 / 炎族 / 攻0 / 守1400

※デッキ改造パック「宿命のパワーデストラクション!!」に収録されカード化されました。

《アロマグマ》

効果モンスター
レベル3 / 地属性 / 炎族 / 攻600 / 守1200

【条件】手札を2枚まで墓地へ送って発動できる。
【効果】自分は[この効果の条件で墓地へ送ったカードの数]×300LP回復する。

※デッキ改造パック「宿命のパワーデストラクション!!」に収録されカード化されました。

《アンマグマ》

効果モンスター
レベル1 / 地属性 / 炎族 / 攻100 / 守100

【条件】自分フィールドにこのカード以外のモンスターがいない場合、自分の墓地のモンスター(炎族)1体をデッキの下に戻して発動できる。
【効果】自分の墓地の通常モンスター(炎族)1体を選んで手札に加える。

※デッキ改造パック「宿命のパワーデストラクション!!」に収録されカード化されました。

《マグマシア2》

効果モンスター
レベル5 / 炎属性 / 炎族 / 攻1500 / 守1800

【条件】手札のモンスター(炎族)を3体まで墓地へ送って発動できる。
【効果】自分または相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、そのモンスターのレベルを[この効果の条件で墓地へ送ったモンスターの数]だけ上げる、または下げる。

《マグマッサーG》

効果モンスター
レベル7 / 炎属性 / 炎族 / 攻2100 / 守2100

【条件】手札を4枚まで墓地へ送って発動できる。
【効果】自分または相手フィールドの表側表示モンスター(レベル4以下)1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで[この効果の条件で墓地へ送ったカードの数]×500アップする。

※デッキ改造パック「宿命のパワーデストラクション!!」に収録されカード化されました。

《地圧の心》

通常罠

【条件】自分の墓地にモンスター(炎族)がいる場合、相手がモンスターを召喚した時に発動できる。
【効果】自分は[相手フィールドのモンスターの数]×500LPを回復する。その後、相手フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力はターン終了時まで500アップする。

新たに登場した召喚口上・必殺技

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のデュエルでは以下のモンスターの召喚口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《イスの鏡王ダユー・エイビス》
  • 《マグマックス・マントルヴェーダ》

イスの鏡王ダユー・エイビス》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • 玉座に新たなる王が座る時が来た!
    出でよ!《イスの鏡王ダユー・エイビス》!

攻撃名

  • フォース・オブ・ザ・イース

効果名

  • イース・バーニング・スクリュー

マグマックス・マントルヴェーダ》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • 地底からこんにちは!
    世界を溶かせ!《マグマックス・マントルヴェーダ》!

攻撃名

  • 親指おやゆび熟睡じゅくすいおねんねアタック

効果名

  • 快眠かいみん やしマックス

他のカードの召喚口上・必殺技もチェック!

ラッシュデュエルに登場するモンスターの召喚口上と必殺技一覧【遊戯王SEVENS】

気になるあれこれ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

キャスト

  • 王道遊我:石橋陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代拓
  • 蒼月学人:花江夏樹
  • 霧島ロミン:楠木ともり
  • カイゾー:小林裕介
  • 西園寺ネイル:松岡禎丞
  • セバスチャン:多田野陽平
  • 蘭世:鎌倉有那
  • 六葉アサナ:高橋ミナミ
  • 田崎ギャリアン:中村光樹
  • 加山シュベール:佐藤祐吾
  • ハトラップ:松田利冴
  • フィンガー地下子:森永千才
  • 重騎デュエルクラブ部員:熊谷健太郎/山根雅史/河野茉莉

あらすじ

遊我はアサナたちの秘密を探るためカイゾーとセバスチャンをネイルの元へと送り出す。

雨に降られ雨宿りをしていた2体の前に、重騎デュエルクラブからの刺客にして地底人!?

フィンガー地下子が現れ、セバスチャンたちにデュエルを仕掛ける!

最後に

今回は「遊戯王SEVENS」第34話の感想をお話ししました。

わかはぴ
わかはぴ

フィンガー地下子とヌードル宇宙子の関係性が明かされる日は来るのでしょうか?

こちらもあわせてチェック!

【遊戯王SEVENS】第35話「響け!ゴーハニウム」の感想:初心者が見習いたいタイガーの戦術! 【遊戯王SEVENS】第33話「ゴーハ第6小学校」の感想:ガクトが自分の在り方を見直す良い話 【遊戯王SEVENS】1期:アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です