【遊戯王SEVENS】35話「響け!ゴーハニウム」の感想:初心者が見習いたいタイガーの戦術!

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「遊戯王SEVENSセブンス」第35話が放送されましたが今回も感想をお話ししていきます。

一番の注目はタイガーの戦術!ラッシュデュエル初心者必見です!

ネタバレ注意

この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことを承知の上でお読みください。

35話「響け!ゴーハニウム」の感想

久しぶりのメンツが登場

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回、敵の襲撃を阻止するために、ヨシオやバクローが登場していました。

デュエルはしませんでしたが久しぶりのメンツの登場はやはり嬉しいですね。

バクローは初回登場時以降2回目のデュエルをまだ行っていないので、そのうちデュエルしてほしいです。

重騎デュエルクラブ所属のデュエリストのカードの共通点

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

これまで登場しデュエルした重騎デュエルクラブのデュエリストが使うカードには「重機がモチーフ」という共通点があります

そのため今回登場したキャピタリオも「重機+砂漠に生息する動物」をモチーフにしたモンスターを使用していました。

そこで気になったのは鳥獣族使いのシュベールの使用モンスターです。

重騎デュエルクラブの彼の使用カードも恐らく重機がモチーフ…。ということはゴツゴツした鳥獣族が増えるということですよね。

鳥獣族が増えるのは嬉しいのですが、ゴツゴツした鳥獣族が増えるのは個人的にあまり嬉しくないので、嫌な共通点を見つけてしまいました。

様々なデッキタイプの登場!

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回はタイガーと象明寺キャピタリオがデュエルをしていました。

タイガーは前回同様【風属性・戦士族】デッキ、キャピタリオは高い守備力を活かし反射ダメージを狙う【獣族】デッキでした。

新たな戦い方がどんどん確立されており、今後のカードプールの増加がますます楽しみなる効果ばかりです。

また前回の地下子とセバスチャンのデュエルもそうでしたが、ラッシュデュエルはそれぞれの戦い方にメタが存在するのも面白いポイントですよね。

わかはぴ
わかはぴ

ちなみにタイガーとキャピタリオは小学3年の頃から知り合いのようで、その頃からタイガーと呼べと何度も言っているようです

反射ダメージとは
攻撃モンスターの攻撃力が攻撃対象モンスターの攻撃力や守備力を下回ったときに受けるダメージのこと。

初心者が見習いたいタイガーの戦術!

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のデュエルでは以下のような場面がありました。

タイガーのフィールド
  • 《重楽鬼アンサンブルファイター》(攻撃力2000)
キャピタリオのフィールド
  • 《獣軌動メガ・エレファント》(攻撃力2300)
  • 《バリア・アルマジロ》(攻撃力1100)
  • 《カバード・ヒッポ》(攻撃力1900)

キャピタリオは《獣軌動メガ・エレファント》の攻撃で《重楽鬼アンサンブルファイター》を攻撃し、残りのモンスターで攻撃を仕掛けようとします。

それに対してタイガーは《重楽鬼アンサンブルファイター》の破壊をトリガーに《進軍の喇叭》を発動し《突楽姫トランペットンファー》(攻撃力1600/守備力1000)を特殊召喚しました。

初心者であれば相手の攻撃で戦闘ダメージを受けないために守備表示で特殊召喚する人が多いと思います。

しかしタイガーは攻撃表示で特殊召喚していましたね。

一見「何で?」と思う行為ですが、これにより結果的に戦闘ダメージを減らすことができています。

ここで《突楽姫トランペットンファー》を守備表示で特殊召喚した場合はこうなります。

《突楽器トランペットンファー》を《バリア・アルマジロ》に戦闘破壊され、《カバード・ヒッポ》の攻撃により1900のダメージを受ける。

しかし今回、攻撃表示で特殊召喚したことにより戦闘ダメージを300軽減することができました。

その理由が《突楽姫トランペットンファー》を攻撃表示で特殊召喚したことにより《カバード・ヒッポ》で戦闘破壊するしかなくなり、戦闘ダメージが「《カバード・ヒッポ》と《突楽姫トランペットンファー》の攻撃力の差分500+《バリア・アルマジロ》の攻撃力1100=1600」になったからです。

微々たる数値ですが、デュエルを進める上でライフポイントの管理はかなり重要です。

そのためこういった適切な行動は、勝率を上げるためにも初心者はぜひ見習いたいですね。

アサナのマキシマムの謎

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

アサナの使うマキシマムについてはネイルも知らなかったようですね。

ネイルが創造したマキシマムモンスターであるのに、自分の知らないマキシマムモンスターが存在するのは「僕の摂理に反する」とも表現していました。

ネイルが後藤ハントを遊我の元へ向かわせたことにより、地下の遺跡のような場所を発見することができましたが、ネイルはこの存在を知っていたのでしょうか?

結局、アサナのマキシマムについては謎のままですが、遺跡のような場所を見つけて一歩前進しましたね。

アサナのマキシマムの謎がどう進むのか次回も楽しみです!

デュエルで登場したカード

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

タイガー

  • 《神楽鬼ファーゴッド・フィンガー》
  • 《重楽鬼アンサンブルファイター》
  • 《突楽姫トランペットンファー》
  • 《拳楽姫メリケンサックス》

キャピタリオ

  • 《右手に盾を左手に剣を》

新たに登場したアニメオリジナルカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

近日発売するパックの収録カードがほとんど判明しているためか、今回も多くのアニメオリジナルカードが登場しました。

《警楽姫クラブネット》

通常モンスター
レベル3 / 風属性 / 戦士族 / 攻800 / 守1400

《一気貫通》

通常魔法

【条件】自分の墓地のモンスター(風属性/戦士族)5体をデッキに戻して発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(レベル7~8)1体を選ぶ。このターン、そのモンスターの攻撃力は2000アップし、その攻撃は貫通する(守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える)。

《進軍の喇叭》

通常罠

【条件】自分のモンスター(戦士族)が相手モンスターの攻撃で破壊された時に発動できる。
【効果】手札のモンスター(戦士族)1体を自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。

《バリア・アルマジロ》

通常モンスター
レベル1 / 地属性 / 獣族 / 攻200 / 守1300

《カバード・ヒッポ》

通常モンスター
レベル6 / 地属性 / 獣族 / 攻200 / 守2100

《獣軌動メガ・エレファント》

効果モンスター
レベル8 / 地属性 / 獣族 / 攻1700 / 守2500

【条件】手札1枚を墓地へ送って発動できる。
【効果】自分の墓地の通常モンスター(レベル4以下/獣族)1体を選び、自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。

《獣戦場のバリア》

フィールド魔法

【条件】なし
【効果】このカードがフィールドに表側表示である限り、お互いのフィールドの表側表示モンスターは攻撃力が200ダウンし、お互いのフィールドの表側表示の通常モンスター(獣族)の守備力は400アップする。

《轍の罠》(ラット・トラップ)

通常罠

【条件】相手がモンスター(レベル5以上)を召喚した時、自分フィールドの攻撃表示モンスター(獣族)を全て表側守備表示にして発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(獣族)1体を選ぶ。このターン、選んだモンスターが表側表示モンスターでいる間、攻撃可能な相手モンスターはそのモンスターを攻撃しなければならない。

新たに登場した召喚口上・必殺技

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のデュエルでは以下のモンスターの召喚口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《神楽鬼ファーゴッド・フィンガー》
  • 《獣軌動メガ・エレファント》

神楽鬼ファーゴッド・フィンガー》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • 長い中指お兄ちゃん 可愛い小指でツンツツン
    突き指したってアドレナリン
    高まるブレスが親指姫にプロポーズ!
    出でよ!《神楽鬼ファーゴッド・フィンガー》!

攻撃口上

  • クスリと笑う薬指 真っ赤に燃えた人差し指が虎よ虎よと轟き叫ぶ
    しかも強くて丈夫だぜ「神撃指運重奏斬」!

攻撃名

  • 神撃指運重奏斬しんげきしうんじゅうそうざん

効果名

  • ブレス・ダブリングパワー

獣軌動メガ・エレファント》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • ぞっぞっぞぞっと踏みつぶせ アーマー増量 おかわり無料
    撃震せよ《獣軌動メガ・エレファント》!
    組み立て完了だぞう

攻撃名

  • 獣軌増産じゅうきぞうさん

効果名

  • フルアーマー・メガトン・ナウマン・プレッシャー

他のカードの召喚口上・必殺技もチェック!

ラッシュデュエルに登場するモンスターの召喚口上と必殺技一覧【遊戯王SEVENS】

気になるあれこれ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

キャスト

  • 王道遊我:石橋陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代拓
  • 蒼月学人:花江夏樹
  • 霧島ロミン:楠木ともり
  • カイゾー:小林裕介
  • 西園寺ネイル:松岡禎丞
  • 蘭世:鎌倉有那
  • 凛之介:小林千晃
  • 上城大華(タイガー):上條沙恵子
  • 象明寺キャピタリオ:堀井茶渡
  • 田崎ギャリアン:中村光樹
  • 後藤ハント:松田利冴
  • 真実バクロー:山本智哉
  • マサル:熊谷健太郎
  • ニコ:安井咲希
  • 安立ヨシオ:永塚拓馬
  • マサヒコ:馬場惇平
  • トシヒコ:安田陸矢
  • ボチ:河村梨恵

あらすじ

遊我たち不在のロード研究所に迫る巨大な無限軌道。

その正体は重騎デュエルクラブのメカニック、象明寺キャタピリオだった!

圧倒的な解体の技で研究所に詰め寄るキャタピリオ。だが、その暴挙を許さぬ者がいた。美しい華には正義がある。上城大華、見参!

最後に

今回は「遊戯王SEVENS」第35話の感想をお話ししました。

わかはぴ
わかはぴ

タイガー姉さんほんとにさすがです!

使用モンスターが風属性ということもありだんだん好きになってきてます!

こちらもあわせてチェック!

【遊戯王SEVENS】36話「開眼♡らんぜアイズ」の感想:蘭世の妄想がすごすぎた植物族ミラーデュエル! 【遊戯王SEVENS】34話「指圧底国の逆襲」の感想:パワーワード連発のマッサージデュエル 【遊戯王SEVENS】アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です