漫画オリジナルカードまとめに新カード追加

【遊戯王SEVENS】第42話「宇宙作戦デュエル隊」の感想:大会に出ないと言う遊我の想いに感動

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「遊戯王SEVENSセブンス」第42話、みんなの絆が深まったいい話でした。

今回も感想をお話ししていきます。

ネタバレ注意

この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことを承知の上でお読みください。

42話「宇宙作戦デュエル隊」の感想

大会に出ないと言う遊我の想いに感動

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ゴーハ社が主催するラッシュデュエル大会。3人1チームでエントリーしなくてはいけないのですが、遊我は大会には出ないと言い張っていました。

「ラッシュデュエルが好きな遊我がなぜ?」って感じですよね。

ルークたちも同じように感じていましたが、今回のデュエルでその理由にたどり着いていました。

それに気づいたシーンがフィールドに召喚できるモンスターが手札に3体あるシーンです。

3体のモンスターを召喚したいルークですが、フィールドにはすでにモンスターが1体いるので、2体しか召喚することができません。

これって大会のエントリーと同じ状況なんですよね。

大会にエントリーできる3人の枠、いつものメンバー(遊我、ルーク、ロミン、ガクト)から同じチームに選出するとなると1人出れないことになります。

遊我はそうならないために、自ら身を引いたということです。

またこれまでの話でルークは「デュエルの王になる」、ロミンは「我慢せずに大好きな夢を追い続ける」、ガクトは「パッとした主人になる」とそれぞれ決意していました。

遊我が大会エントリーから身を引いた理由には、3人気持ちを尊重したいという思いもあったようです。

そんな遊我の気持ちにすぐに気づくアサナはさすがというか、重機デュエルクラブ部員から慕われているのにも納得できますね。

遊我たちのみんなを応援したい気持ちと、それを理解するルークたち。最後のみんなで和気あいあいとするシーンも含め感動しました。

クィーン
クィーン

ほんといい話すぎて泣けてくるわ…

わかはぴ
わかはぴ

ますます遊我たちのことが好きになりました!

元ネタ複合テーマのつながりを感じた

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回はゴーハ5小の宇宙作戦デュエル隊と言う宇宙が好きな3人組のデュエリストが登場していました。

もちろん使うカードの元ネタは宇宙です。

過去には宇宙を元ネタにするカードを使う「ヌードル宇宙子」が登場していましたね。

このように遊戯王セブンスは過去に登場したキャラクターの使ったカードと同じ元ネタを含ませたカードを登場させることがあります。

宇宙以外だと以下の元ネタがありますね。

  • 麺三郎と宇宙子のカードの元ネタ「ラーメン」
  • 麺三郎と蘭世のカードの元ネタ「忍者」
  • アサナ、ギャリアン、キャピタリオのカードの元ネタ「重機」

組み合わせられるかは別として、実際にラッシュデュエルで遊んだ時に「忍者」vs「忍者」のような同じ元ネタ同士のデュエルという構図を生み出せたりするのはコンテンツとして楽しいなと思います。

今回もまた過去に登場したカードと同じ元ネタが登場したことでそれを感じさせられました。

わかはぴ
わかはぴ

今回デュエルしなかった宇宙作戦デュエル隊の2人がどんなカードを使うのかも楽しみです!

宇宙作戦デュエル隊の元ネタは偉大な宇宙関係者

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回登場した宇宙作戦デュエル隊のメンバーは本屋
ホンヤ
ブラウン、亜鈴区
アレク
レオ、手令
テレ
カモメの3人です。

元ネタの話題から他の2人がどんなカードを使うのか気になったので、使うカードを推測しようと元ネタを考察してみました。

1人ずつ解説すると、本屋ブラウンはロケット技術開発の最初期における最重要指導者の1人、ヴェルナー・フォン・ブラウンが元ネタであると思われます。

デュエル中に「宇宙に行くためなら悪魔に魂を売り渡してもいい」と言っていましたが、これはフォン・ブラウンの言葉ですし、ロケットをモチーフにしたモンスターを使うことから間違いないですね。

亜鈴区レオは「地球は青かった」で有名な最初の宇宙飛行士、ユーリイ・アレクセーエヴィチ・ガガーリンとアレクセイ・レオーノフが元ネタと思われます。

アレクセイ・レオーノフは絵画を描くのが趣味のようなので、使うカードは絵を描く要素を絡めた墓地から《宇宙》をセット(発動)できるようなカードを使うかもしれませんね。

手令カモメは女性初の宇宙飛行士、ワレンチナ・テレシコワとテレシコワの言葉「私はカモメ」が元ネタであると思われます。

カモメと言う言葉から鳥獣族を元ネタにしたカードか、テレと言う名前と宇宙からの連想でテレパシーに関連するカードを使うかもしれませんね。

デュエルしてくれるかもわからない2人ですが、3人=ラッシュデュエル大会にエントリーできる人数と同数であるため、少し期待です。

デュエルで登場したカード

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ルーク(上城龍久)

  • 《ザ・ファイアドラゴン》
  • 《ツインエッジ・ドラゴン》
  • 《リターン・オブ・ドラゴン》
  • 《火竜の熱閃》
  • 《山》

本屋ブラウン

  • 《宇宙》

新たに登場したアニメオリジナルカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回は新キャラクターのカードだけでなく、ルークが使うドラゴン族関連のカードも多く登場していましたね。

《シルフィードラ》

通常モンスター
レベル4 / 風属性 / ドラゴン族 / 攻1500 / 守0

《ナイトブリンガー・ドラゴン》

効果モンスター
レベル7 / 闇属性 / ドラゴン族 / 攻2400 / 守1500

【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手は2枚ドローする。その後、[相手の手札の枚数]×100ダメージを与える。

《グラビティ・プラス・ドラゴン》

効果モンスター
レベル6 / 地属性 / ドラゴン族 / 攻1600 / 守1000

【条件】手札1枚を墓地へ送って発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで[自分フィールドの通常モンスター(ドラゴン族)の数]×400アップする。

《ドラゴンの呼応》

通常魔法

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(レベル4/ドラゴン族)がいる場合、墓地の通常モンスター(レベル4以下/ドラゴン族)1体をデッキに戻して発動できる。
【効果】自分は1枚ドローする。

《加速亀ブースタートル》

通常モンスター
レベル3 / 炎属性 / 爬虫類族 / 攻1000 / 守500

《観測亀スパイタートル》

効果モンスター
レベル4 / 光属性 / 爬虫類族 / 攻800 / 守1300

【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター(レベル3〜8)1体を選び、そのレベルをターン終了時まで2下げる。

《ロケットータス・モジュラーケロン》

効果モンスター
レベル8 / 炎属性 / 爬虫類族 / 攻2500 / 守1600

【条件】自分フィールドのこのカード以外の表側表示モンスター(爬虫類族)を2体まで墓地へ送って発動できる。
【効果】このカードの攻撃力はターン終了時まで、[この効果の条件で墓地へ送ったモンスターの数]×700アップする。

《レッカメテオ》

通常魔法

【条件】なし
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(爬虫類族)2体と相手フィールドの表側表示モンスター(レベル8以下)1体を選ぶ。この効果で選んだモンスターの攻撃力はターン終了時まで1500ダウンする。

他のアニメオリジナルカードもチェック!

【遊戯王SEVENS】アニメオリジナルカードまとめ【遊戯王ラッシュデュエル】

新たに登場した召喚口上・必殺技

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のデュエルでは以下のモンスターの召喚口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《ナイトブリンガー・ドラゴン》
  • 《ロケットータス・モジュラーケロン》

《ナイトブリンガー・ドラゴン》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • あらゆる物を闇の底へ。それは夜の魔王!いでよ《ナイトブリンガー・ドラゴン》!

効果名

  • ナイト・イン・ゲイル

《ロケットータス・モジュラーケロン》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • 束ねた力を呼び覚ませ!大地
    くびき
    を打ち壊せ!進宙《ロケットータス・モジュラーケロン》

攻撃名

  • トータス・バースト・ストライク

効果名

  • スタートファイア・イグニッション

他のカードの召喚口上・必殺技もチェック!

ラッシュデュエルに登場するモンスターの召喚口上と必殺技一覧【遊戯王SEVENS】

気になるあれこれ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

キャスト

  • 王道遊我:石橋陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代拓
  • 蒼月学人:花江夏樹
  • 霧島ロミン:楠木ともり
  • 後藤ハント:松田利冴
  • 六葉アサナ:高橋ミナミ
  • 田崎ギャリアン:中村光樹
  • 加山シュベール:佐藤祐吾
  • 本屋ブラウン:吉永拓斗
  • 亜鈴区レオ:熊谷健太郎
  • 手令カモメ:松本沙羅
  • スイーツ過去子:森永千才

あらすじ

ゴーハ社がラッシュデュエル大会を開くと聞き、ルークは大会を勝ち抜いてデュエルの王になると宣言。

大会へは3人のチームで参加しなければならないが、なぜか遊我は大会へ出ないという…。

遊我の態度に納得がいかないルークだったが、大会へ向けマキシマムカードを発掘しようと坑道を訪れる。そこでルークは、宇宙服を着た奇妙な3人組と遭遇する!

最後に

今回の「遊戯王SEVENS」は涙を誘う素敵なお話でしたね。

わかはぴ
わかはぴ

いよいよ始まるラッシュデュエル大会!次回も楽しみです!

こちらもあわせてチェック!

【遊戯王SEVENS】第43話「開幕!チームバトルロイヤル」の感想:ラッシュデュエルを生み出した遊我の責任 【遊戯王SEVENS】第41話「蒼月流ヤメルーラ」の感想:蘭世がガクトの元を離れる理由の謎 【遊戯王SEVENS】1期:アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です