【遊戯王SEVENS】13話「もう一人の王」の感想:ロアの目的とホログラムの男の正体

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「遊戯王SEVENSセブンス」第13話が放送されました!

ロアの目的やホログラムの男の正体と、物語がまた一歩進んだ回でした。

それでは第13話の感想をお話ししていこうと思います。

ネタバレ注意
この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことをご理解したうえでお読みください。

13話「もう一人の王」の感想

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回も様々な見どころがあったので、気になった点をピックアップしてお話ししていきます。

ホログラムの男の正体が明らかに

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《セブンスロード・マジシャン》を引いてしまい絶体絶命のピンチに突如現れた謎の遺跡。そこにはホログラムの男の姿がありました。

遊我はこうなることを予測していたようでしたね。

遊我が同じようにゴーハデュエルに窮屈さを感じていることに気づいたホログラムの男(以下よりオーティス)は、自分の望む未来(子どもも楽しめるデュエル)を切り開くことができると遊我に《セブンスロード・マジシャン》を託したことが明かされました。

また1話から登場していたオーティスはゴーハ社関係者であり、「セブンスロード」モンスターはオーティスが開発したカードであることもわかりました。

ロアの目的

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

オーティスの登場により《セブンスロード・マジシャン》は不正カードではないことがわかりましたね。《セブンスロード・マジシャン》のデータにアクセスできなかったのはロアたちによるもので、オーティスの出現はロアも予測していたようでした。

ここまでのことを仕込んだロアの目的は、遊我が《セブンスロード・マジシャン》を受け取った場所に自分もいたにも関わらず、自分に託されなかった理由をオーティスに聞くためだったようです。

窮屈なデュエルを変えるためロアも努力していた

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

遊我と同じ思いを抱えながらオーティスに選ばれなかったロアは、窮屈な世界は自分で変えればいいと、ソロ活動からロアロミンを結成し今の人気バンドの地位まで上り詰めたことが描かれていました。

策士で性格の悪そうなロアでしたが、根本の部分は遊我と同じで窮屈なデュエルを変えようとしていただけだったんですね。

幼少期の目を輝かせたロアを見ると、ロアも憎めないやつだなと思いました。

デュエルで登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回は遊我とロアがデュエルをしていました。

様々なカードが登場していたので今回もまとめていきます。

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

遊我

  • 《セブンスロード・マジシャン》
《セブンスロード・マジシャン》と相性の良いカードとデッキ構築案を考察!【遊戯王ラッシュデュエル】
  • 《セブンスロード・ウィッチ》
【遊戯王ラッシュデュエル】《セブンスロード・ウィッチ》の考察:魔法使いをキュートにサポート
  • 《セブンスロード・メイジ》
  • 《魔獣ウォルフラム》
【遊戯王ラッシュデュエル】《魔獣ウォルフラム》の考察:デザインがカッコいい炎の魔獣
  • 《ミスティック・ディーラー》
【遊戯王ラッシュデュエル】《ミスティック・ディーラー》の考察:魔法使い族デッキの手札交換師

ロア

  • 《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》
《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》の考察:評価と相性の良いカード【遊戯王ラッシュデュエル】
  • 《ロイヤルデモンズ・デスヴォイス》
《ロイヤルデモンズ・デスヴォイス》の使い方や相性の良いカードを徹底考察【遊戯王ラッシュデュエル】
  • 《ロイヤルデモンズ・パンク》
  • 《ロイヤルデモンズ・シャウト》
  • 《ロイヤルデモンズ・グルーピー》

新たに登場したアニメオリジナルカード

前回に引き続き今回も悪魔族関連カードが登場しました。

《レスキュー・マジシャン》

効果モンスター
レベル3 / 地属性 / 魔法使い族 / ATK/400 / DEF/1300

【条件】手札の魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
【効果】自分の墓地のモンスター(魔法使い族/攻撃力1000以上)1体を選んで手札に加える。

《キングス・オーソリティ》

通常罠

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(レベル7以上/悪魔族)がいる場合、相手がモンスター(レベル7以上)を召喚した時に発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター1体を選ぶ。そのモンスターは、ターン終了時まで効果を発動できない。

《キングス・ディグニティ》

通常罠

【条件】相手モンスターの攻撃宣言時、自分の墓地の通常モンスター(レベル1/悪魔族)1体をデッキに戻して発動できる。
【効果】その攻撃を無効にする。

※キャラクターパック「-ガグト・ロア・ロミン-」に収録されカード化されました。

他のアニメオリジナルカードもチェック!

【遊戯王SEVENS】アニメオリジナルカードまとめ【遊戯王ラッシュデュエル】

新たに登場した召喚口上・必殺技

今回のデュエルでは以下のモンスターの召喚口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《セブンスロード・ウィッチ》
  • 《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》
  • 《ロイヤルデモンズ・デスヴォイス》
  • 《ロイヤルデモンズ・パンク》
  • 《キングス・ディグニティ》

《セブンスロード・ウィッチ》の召喚口上

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

召喚口上

  • セブンスロードを冠する魔法使いの妹弟子!我らを導け セブンスロード・ウィッチ!

《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》の召喚口上・必殺技

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

召喚口上

  • その命 王に投げ打つ覚悟あるのなら 強靭なるディストーションパワーコード!
    そして重金属ハイウェイリードと共に!歯向かう者を喰らい尽くせ!
    出でよ!ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル

攻撃名

  • ヘッドバンカーズ・ディストラクション

効果名

  • ヘルフレイム・モッシュピット

《ロイヤルデモンズ・デスヴォイス》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • 震わせろ 地獄の歌声を!ロイヤルデモンズ・デスヴォイス

《ロイヤルデモンズ・パンク》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • 欲望のまま 抗い続けろ!ロイヤルデモンズ・パンク!

《キングス・ディグニティ》の発動口上

発動口上

  • 我が王国の威厳は揺らぎはしない!トラップ発動!キングス・ディグニティ!

他のカードの召喚口上・必殺技もチェック!

ラッシュデュエルに登場するカードの召喚口上と必殺技一覧【遊戯王SEVENS】

気になるあれこれ

主題歌

  • エスケープ / 霧島ロア(CV:古田一紀)

キャスト

  • 王道遊我:石橋 陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代 拓
  • 蒼月学人:花江 夏樹
  • カイゾー:小林 裕介
  • 霧島ロア:吉田 一紀
  • 霧島ロミン:楠木 ともり
  • 平月太:三浦 礼
  • 安立ミミ:鈴木 梨央
  • 部下:熊谷 健太郎
  • オーティス:浪川 大輔
  • 大森麺三郎:南雲 大輔
  • 巻寿司子:内山 茉莉
  • 蘭世:鎌倉 有那
  • 凛之介:小林 千晃
  • 安立ヨシオ:永塚 拓馬
  • 伯佛カン:榊原 優希
  • 堀田カセキ:鈴木 崚汰
  • 後藤ハント:松田 利冴
  • 真実バクロー:山本 智哉

あらすじ

ついにセブンスロード・マジシャンを引いてしまった遊我。不正により敗北かと思われたとき、地中からオーティスが現れる!遊我がセブンスロードを手にしたきっかけ、そしてオーティスの正体も明らかになる!?

最後に

今回は「遊戯王SEVENS」第13話の感想をお話ししました。

わかな
わかな

ロアの根本的な俺様気質は昔からですが、世界を変えようと努力するロアにイメージが変わった人も多いのではないでしょうか?

あわせて読みたいおすすめ記事!

【遊戯王SEVENS】14話「ロミン’sキッチン」の感想:ロミンに焦点をあてた日常回【遊戯王SEVENS】12話「禁じられたエース」の感想:セブンスロードのルーツに関わるお話【遊戯王SEVENS】アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です