【遊戯王SEVENS】9話「素敵なジュラシック」の感想:ダイナミックな恐竜さんたち

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「遊戯王SEVENSセブンス」第9話が放送されました!

前回と前々回がカオスすぎたので今回はおとなしく見えた回でしたが、新たなカードもいっぱい登場した楽しい回でした。

それでは第9話の感想をお話ししていこうと思います。

ネタバレ注意
この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことをご理解したうえでお読みください。

第9話「素敵なジュラシック」の感想

伯佛カン登場!

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回はゴジラやネッシーを彷彿させる恐竜回でした。ゴッシーは多分ゴジラとネッシーを元ネタにしたネーミングだと思われます。

そして《スーパー・キング・レックス》がエースモンスターの伯佛カンが登場しました。

過去の遊戯王アニメには「ダイナソー竜崎」や「ティラノ剣山」など恐竜族使いが度々登場しています。そのためカンがどんなデッキを使うのかわたし自身楽しみにしていました。

カンは【恐竜族】デッキをベースに水属性モンスターを採用した古代のモンスター増し増しデッキでしたね。

恐竜族でもない水属性モンスターが採用されているのは意外でした。

わかな
わかな

遊我とのデュエルは恐竜の進化や絶滅になぞらえた展開で素敵でしたね

ルークの私生活もあらわになって大興奮

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ゴッシー探しの際、ルークの顔見知りが多く登場していました。

ルーク好きとしては嬉しい限りです。

余ったドリアンくれる八百屋さん、節子ばあちゃん、吉田さん家のラッシーなど、ルークの人の好さを感じる微笑ましいメンツでした。

純粋なのか抜けてるのか、ドリアンを丸かじりしたりラッシーにもらった骨をくわえようとしたりと天然っぷりも相変わらずでしたね。

ロアが本格的に始動?

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

遊我がラッシュデュエルをインストールした場所で新たな発見もあり、少しずつですが物語が進み始めました。

ラストには、まだほとんど登場していないロミンの兄弟のロアが久しぶりに登場していましたね。

ロアは物語の重要人物と推測できますし、オープニングで登場するロアのエースモンスターもいよいよ登場が近そうです。

今回は恐竜族モンスターがピックアップ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回はカンが【恐竜族】デッキを使用していたこともあり、恐竜族の特徴がよく出ていたデュエルでした。

食物連鎖が関連する恐竜族は攻撃力の強化が得意な種族のようです。

またカードのネーミングはOCGの恐竜族サポートカードによく見られる「進化」の単語が使われています。

デュエルで登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回は遊我とカンがデュエルをしていました。

様々なカードが登場していたので今回もまとめていきます。

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

遊我

  • 《セブンスロード・マジシャン》
《セブンスロード・マジシャン》と相性の良いカードとデッキ構築案を考察!【遊戯王ラッシュデュエル】
  • 《フルメテオ・インパクト》
  • 《ダーク・ソーサラー》
【遊戯王ラッシュデュエル】《ダーク・ソーサラー》の考察:禁術に手を染めた闇の魔法使い
  • 《風使いトルネ》
《風使いトルネ》の使い方や相性の良いカードを徹底考察【遊戯王ラッシュデュエル】
  • 《クリボット》
  • 《ミスティック・ディーラー》
【遊戯王ラッシュデュエル】《ミスティック・ディーラー》の考察:魔法使い族デッキの手札交換師
  • 《風の子サイク》(アニメオリジナルカード)

カン

  • 《スーパー・キング・レックス》
  • 《アンモナイト》
  • 《ベビー・ティーレックス》
  • 《メガザウラー》

新たに登場したアニメオリジナルカード

今回は恐竜族をサポートするカードが多く登場しました。

下級モンスターの守備力最大値(1400)が地味に更新されてます。

《ロード・マジック-ダイアストロフィズム》

通常魔法

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(レベル7以上/魔法使い族)がいる場合、手札のモンスター(地属性)1体を墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで、[自分の墓地の攻撃力が一番高いモンスターの攻撃力]だけダウンする。

※デッキ改造パック「驚愕のライトニング・アタック!!」に収録されカード化されました。

《クリボットリプル》

通常魔法

【条件】自分の墓地の「クリボット」3体をデッキに戻して発動できる。
【効果】自分は2枚ドローする。

※「マキシマム超絶強化パック」に収録されカード化されました。

《イクチオステガード》

通常モンスター
レベル3 / 水属性 / 魚族 / 攻0 / 守1500

《ステゴケラトプス》

通常モンスター
レベル2 / 地属性 / 恐竜族 / 攻700 / 守1100

《三葉虫の王様》

効果モンスター
レベル2 / 水属性 / 水族 / 攻400 / 守300

【条件】自分フィールドにこのカード以外のモンスター(水属性)がいる場合に発動できる。
【効果】自分は1枚ドローする。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアドバンス召喚できない。

《神秘の海》

通常魔法

【条件】自分フィールドにモンスターがいない場合に発動できる。
【効果】手札のモンスター(レベル4以下/水属性)3体を自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。その後、自分は1枚ドローする。

《奇跡の共進化》

通常魔法

【条件】自分フィールドの表側表示モンスター(レベル5以上/恐竜族)1体を墓地へ送って発動できる。
【効果】手札のモンスター(恐竜族)1体を自分フィールドに表側表示で特殊召喚し、その攻撃力をターン終了時まで[この効果の条件で墓地へ送ったモンスターのレベル]×100アップする。

《超越進化》

通常罠

【条件】相手がモンスター(レベル7以上)を召喚した時に発動できる。
【効果】自分フィールドのモンスター(恐竜族)1体を選び、その攻撃力はターン終了時まで、1500アップする。このターンそのモンスターは相手の効果では破壊されない。

《捕食進化の頂点》

通常罠

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(恐竜族)がいる場合、相手ターンに自分フィールドのカードが墓地へ送られた時に発動できる。
【効果】自分フィールドのモンスター(恐竜族)1体を選ぶ。このターン、そのモンスターが自分フィールドに表側表示でいる間、相手モンスターはそのモンスターから攻撃しなければならない。

他のアニメオリジナルカードもチェック!

【遊戯王SEVENS】アニメオリジナルカードまとめ【遊戯王ラッシュデュエル】

新たに登場した召喚口上・必殺技

今回のデュエルでは以下のカードの召喚口上・発動口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《フルメテオ・インパクト》
  • 《クリボット》
  • 《ロード・マジック-ダイアストロフィズム》
  • 《スーパー・キング・レックス》

こちらもあわせて紹介します。

《フルメテオ・インパクト》の召喚口上・必殺技

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

召喚口上

  • 見上げれば天変地異のきらめき
    地に降り立つのは破壊の神か 創造の主か
    さあ 運命を定めろ! フルメテオ・インパクトをアドバンス召喚!

効果発動口上

  • 今 1つの時代に終わりを告げる フルメテオ・インパクトの効果発動!
    ジ・エクステンション!

効果名

  • ジ・エクステンション

《クリボット》の効果発動口上

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

効果発動口上

  • ひるむことなくロードを突き進め!ライフを500払って効果を発動!

《ロード・マジック-ダイアストロフィズム》の発動口上

発動口上

  • 大地を司るモンスターの力を借りて魔法カード「ロード・マジック-ダイアストロフィズム」発動!

《スーパー・キング・レックス》の召喚口上・必殺技

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

召喚口上

  • その者 史上最強につき大地の頂点に君臨することを命ずる!
    王者の雄叫びで全てをひざまずかせよ! スーパー・キング・レックス!

攻撃名

  • 食物連鎖しょくもつれんさ肉食にくしょくショック

効果名

  • ジュラシックリバイブ

他のカードの召喚口上・必殺技もチェック!

ラッシュデュエルに登場するカードの召喚口上と必殺技一覧【遊戯王SEVENS】

気になるあれこれ

キャスト

  • 王道遊我:石橋 陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代 拓
  • 蒼月学人:花江 夏樹
  • 霧島ロミン:楠木 ともり
  • カイゾー:小林 裕介
  • 霧島ロア:吉田 一紀
  • 伯佛カン:榊原 優希
  • 堀田カセキ:鈴木 崚汰
  • 後藤ハント:松田 利冴
  • カンの祖父:浦山 迅
  • 節子ばあちゃん:河村 梨恵
  • 店主:安田 陸矢
  • 現場監督:熊谷 健太郎

あらすじ

ゴーハ市に“ゴッシー”という恐竜が出現した、という噂が聞こえてきた。恐竜に男のロマンを感じると意気投合した遊我とルークの2人はさっそく市内を探索開始!

すると、ゴッシーの正体を“ラッシュデュエル恐竜”であると考えるゴーハ2小の伯佛カンたちに出会う。

ルークの案内で彼らと市内をめぐる遊我たちは、カンたちのゴッシー探しには興味以外に別の目的があることに気づいて…。

最後に

今回は「遊戯王SEVENS」第9話の感想をお話ししました。

わかな
わかな

次は振り返り回、新たなカードの登場は期待できなさそうね

あわせて読みたいおすすめ記事!

【遊戯王SEVENS】10話「恐怖の怪談デュエル」の感想:ロアが本格的に動き出す【遊戯王SEVENS】8話「世紀末とナポリタン」の感想:親がカオスなら子もカオス【遊戯王SEVENS】アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です