【遊戯王SEVENS】4話「さよなら、生徒会長!」の感想:懐かしのあのカードも登場!

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「遊戯王SEVENS
セブンス
」の4話が放送されました!

今回は生徒会長ことガクトが主役の回でした。

第4話も感想をお話ししていこうと思います。

前回の感想

【遊戯王SEVENS】3話「ロミンの秘密」の感想:プリマギターナへの想いが素敵

ネタバレ注意
この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことをご理解したうえでお読みください。

第4話「さよなら、生徒会長!」の感想

今回はガクトのお話

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回はガクトに焦点を当てたお話しでした。

生徒会業務の忙しさが描かれて、近頃の業務の遅れに悩む姿にはガクトの責任感の強さやまじめさが良く出ていましたね。

ラッシュデュエルの学校での禁止を賭けたデュエルをしていましたが、その時は「本当に禁止にしていいのか」と悩んでいました。

またいろんな人から頼られているようで、生徒会長として以下のことを引き受けていました。

  • ポスターチェック
  • 推薦図書の相談
  • 校則の確認
  • ごみ箱の設置相談
  • 校内放送の音色
  • ラグビー部の選手代行
  • 屋根の修理
  • 算数の手引き

これは一部だとは思いますが、かなりの仕事量ですし生徒会長としての業務に該当しないようなものも含まれています。

蒼月流のデュエリスト

ガクトはデュエルの流派の一つである「蒼月流」のデュエリストです。

デュエルを行うガクト自身は和装に着替え、黒子にカードを管理させること、カードに触れずにデュエルを行う流派と説明されていました。

遊戯王の世界には様々な流派があるので、新たな流派が登場したことで「サイバー流」など過去のアニメで登場した流派を思い出しました。

ガクト自体は《魔将ヤメルーラ》を軸に守備力の高いモンスターを活かして戦うトリッキーなデッキです。

《魔将ヤメルーラ》と相性の良いカードも複数採用されていました。

「ヤメルゥゥゥゥッラ!!」が癖になる

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ガクトは毎朝、運試しにデッキから1枚ドローしています。

《魔将ヤメルーラ》を引いたガクトは「ラッシュデュエルなんてもうヤメルーラ!」というメッセージだったと解釈していました。

その後のデュエルでも再び「ヤメルーラ!」と言ってましたが、下を巻いて言う「ヤメルーラ!」には何だか癖になりますし声に出して言いたくなりました。

わかな
わかな

ヤメルゥゥゥゥッラ!!

ルークがほんとにおもしろい!

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

自分でダンスのアイデアを出しながらダンスができないことに落ち込んだり、ガクトが生徒会長を辞めたら自分が生徒会長になると妄想していました。

毎話言っていますが、一喜一憂するルークはほんとにおもしろいです!

今回はガクトの話でしたが、ルークのこともより一層好きになりました。

ロミンは音痴?

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ガクトも音痴でしたが、ロミンも音痴の節がありました。

歌を振られても必要に拒否したり、ギタリストであることを誇張していました。

ロミンの反応がいちいち可愛くて癒されました。

今回はカード効果も分かりやすく解説してくれた。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回はガクトがカードを発動する度に、黒子の二人が詳しく解説してくれていました。

発動したカードも序盤に登場したカードに比べれば少し処理が多かったり、前例のない効果だったのですが、こうやって説明してもらえると初心者にもわかりやすいですね。

また《魔将ヤメル―ラ》の「レベル7以上のモンスターのアドバンス召喚を封じる効果」も、レベル6モンスターのアドバンス召喚や特殊召喚を織り交ぜることで、初心者が最初に陥る疑問にも上手く答えていました。

わかな
わかな

デュエル中のロミンちゃんの問いかけもナイスでしたね!

デュエルで登場したカード

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回は遊我とガクトがデュエルをしていました。

今回もそれぞれのデュエリストが使用したカードをまとめていきます。

遊我

  • 《セブンスロード・マジシャン》
《セブンスロード・マジシャン》と相性の良いカードとデッキ構築案を考察!【遊戯王ラッシュデュエル】
  • 《セブンスロード・ウィッチ》
【遊戯王ラッシュデュエル】《セブンスロード・ウィッチ》の考察:魔法使いをキュートにサポート
  • 《ダーク・ソーサラー》
【遊戯王ラッシュデュエル】《ダーク・ソーサラー》の考察:禁術に手を染めた闇の魔法使い
  • 《ファイア・ゴーレム》
  • 《ささやきの妖精》

ガクト

  • 《魔将ヤメルーラ》
《魔将ヤメルーラ》の考察:強み・相性の良いカード・デッキ構築案・対策を解説!【遊戯王ラッシュデュエル】
  • 《古の守り亀》
《古の守り亀》の使い方や相性の良いカードを徹底考察【遊戯王ラッシュデュエル】
  • 《封印の鎖》
【遊戯王ラッシュデュエル】《封印の鎖》の考察:封印する相手をギリギリと締め上げる怖い天使

新たに登場したアニメオリジナルカード

今回はアニメオリジナルカードが多く登場しましたね。

《右手に盾を左手に剣を》はOCGに登場したカードで懐かしさも感じられました。

戦士族サポートカードの《オジギブス》などは今後のデッキ改造パックラッシュデュエルに収録されそうです。個人的に《ユル縞仙人》のフレーバーテキストにほっこりしました。

《ユル縞仙人》

通常モンスター
レベル6 / 地属性 / 天使族 / ATK/0 / DEF/2000

煩悩の塊。人に優しく自分に甘い。そんな仙人じゃ。

※キャラクターパック「-ガグト・ロア・ロミン-」に収録されカード化されました。

《オジギブス》

通常魔法カード

【条件】自分フィールドの攻撃表示モンスター(戦士族)1体を表側守備表示にして発動できる。
【効果】自分は1枚ドローする。

※キャラクターパック「-ガグト・ロア・ロミン-」に収録されカード化されました。

《右手に盾を左手に剣を》

通常魔法カード

【条件】なし
【効果】お互いのフィールドの全ての表側表示モンスターの元々の攻撃力・守備力を、ターン終了時まで入れ替える。

※キャラクターパック「-ガグト・ロア・ロミン-」に収録されカード化されました。

《一同礼状》

通常罠カード

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(レベル5以上)が2体以上いる場合、相手がモンスターを召喚した時に発動できる。
【効果】自分フィールドのモンスター1体を選んで手札に戻し、自分フィールドの全ての攻撃表示モンスターを表側守備表示にする。

※キャラクターパック「-ガグト・ロア・ロミン-」に収録されカード化されました。

キャスト

  • 王道遊我:石橋陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代 拓
  • 蒼月学人:花江夏樹
  • 霧島ロミン:楠木ともり
  • カイゾー:小林裕介
  • 蘭世:鎌倉有那
  • 凛之介:小林千晃
  • 美化委員:熊谷健太郎
  • 図書委員:新田杏樹
  • 生徒:折原秋良 / 榊原優希 / 内山茉莉

あらすじ

ゴーハ7小生徒会長、蒼月学人(そうげつがくと)は自分のふるまいに悩んでいた。

ラッシュデュエルを認めるか否か。

そんな朝、毎日の日課であるカード占いで引いたカードは自分のエースモンスター「魔将ヤメルーラ」だった。

ヤメルーラを見てガクトは何かをひらめく。

最後に

今回は「遊戯王SEVENS」4話の感想をお話ししました。

ガクトのまじめさや責任感の強さがよくわかるお話しでしたね。

《魔将ヤメルーラ》もその強さをしっかり見せつけていました。

わたしの中でルークの評価がどんどん上がっているのですが、他のキャラもそれぞれいいキャラをしていて週を重ねるごとに魅力が増していきます。

主要キャラクター4人の紹介話が終わり、次回からは話も展開していきそうですね。

次回の話は「ルーク、男の闘い」、楽しみですね!

わかな
わかな

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ヤメルゥゥゥゥッラ!!

あわせて読みたいおすすめ記事!

【遊戯王SEVENS】5話「ルーク、男の闘い」の感想:OCGプレイヤーの気持ちを代弁《魔将ヤメルーラ》の考察:強み・相性の良いカード・デッキ構築案・対策を解説!【遊戯王ラッシュデュエル】モンスターの戦闘方法を解説【ラッシュデュエルのルール解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です