【遊戯王SEVENS】45話「成金ハンター」の感想:ハントの成金化に懐かしいカードが多数登場

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

一般販売されているのマキシマムモンスター。「遊戯王SEVENSセブンス」第45話でようやく明らかになります!

それでは今回も感想をお話ししていきます。

ネタバレ注意
この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことをご理解したうえでお読みください。

45話「成金ハンター」の感想

ハントの成金化

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

アサナがマキシマムモンスターを発掘した鉱山(マキシマム山)で多くのマキシマムモンスターを発掘したデュエル恐竜研究クラブの後藤ハント。そのマキシマムモンスターを売り捌くことで大儲けし、お金が大好きな成金と化していました。

ヘルメットが金になっていたりとその片鱗はあったのですが、好きなものはデュエルよりもお金と「お金は人を狂わせる」という言葉を体現したキャラになっていましたね。

またマキシマムモンスターの売り方も全てのパーツをセットではなく1枚ずつ売るという傲慢っぷりでした。

わかはぴ
わかはぴ

ハントは発掘したIDカードから生成したマキシマムモンスターが、IDカード自体の経年劣化でカード自体に寿命があることを知っているのである意味詐欺行為ですね

クィーン
クィーン

あとは対戦相手を選ぶ時とかよね!

マキシマムを手に入れた自分ならマキシマムを失った遊我になら勝てると踏みシングル戦を持ちかけたり性格の歪みが出てたわね

マキシマムモンスターの一般販売はハントの仕業

マキシマムモンスターの一般販売でゴーハ社がマキシマムモンスターを認めたのかという疑惑がりましたが、今回のお話で、マキシマムモンスターを一般販売しているのはハントだったことがわかりました。

1枚ずつの販売ですし現状IDカードがなければ作れないマキシマムモンスター。

誰もが喉から手が出るほど欲しいカードを他の人に譲るとは考えにくいですし、遊我たち以外がマキシマムモンスターを使うのは現状難しそうですね。

ミミの反応を見るにゴーハ社の人間が大会を企画したわけではないですし、ますます目的が見えなくなりました。

クィーン
クィーン

アサナたちが協力しているゴーハ66とも関わりがあったハント

このゴーハ66の存在も気になります!

懐かしいカードが多数登場

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のハントとのデュエルで懐かしいカードやそれを元ネタにするカードが多数登場しました。

遊戯王OCGではかなり有名な《成金ゴブリン》。恐竜族専用のフィールド魔法《ジュラシック・ワールド》。

そして《プチラノドン》と《大くしゃみのカバザウルス》がリメイクされて登場していました。

懐かしいカードの登場は嬉しいですよね。

これからも登場すると思うので今後も楽しみです。

デュエリストの絆が紡ぐ遊我の新たなマキシマム

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のデュエルで《セブンスロード・マジシャン》に戦闘破壊されないマキシマムモンスター《大恐竜駕ダイナーミクス》をマキシマム召喚されました。

《超魔機神マグナム・オーバーロード》のない遊我のデッキの突破手段は限られているのですが、ここで遊我は新たなマキシマムモンスターを召喚します。

それが《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン》です。

ロア、ネイル、アサナとこれまで激戦を繰り広げてきた仲間たちからの絆のカード。《超魔機神マグナム・オーバーロード》の時と同じく仲間たちとの絆が生んだ奇跡の展開は熱いですね。

デュエルで登場したカード

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

王道遊我

  • 《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン》
  • 《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン[L]》
  • 《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン[R]》
  • 《アイスエイジ・カタパルト》
  • 《ルミナス・シャーマン》
  • 《ルミナス・パロット》
  • 《はぐれ使い魔》
  • 《火の粉のカーテン》

後藤ハント

  • 《大恐竜駕ダイナーミクス》
  • 《大恐竜駕ダイナーミクス[L]》
  • 《大恐竜駕ダイナーミクス[R]》

新たに登場したアニメオリジナルカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回は恐竜族を中心にアニメオリジナルカードが多く登場しました。

まとめたのであわせてチェックしてみてください!

《決死の結集!》

通常魔法

【条件】手札のレベルが異なるモンスター2体を相手に見せて発動できる。
【効果】自分は1枚ドローし、そのカードをお互いに確認する。そのカードがこの効果で見せたモンスターと同じレベルのモンスターカードだった場合、自分は1000ダメージを受ける。

《プラチナドン》

通常モンスター
レベル1 / 光属性 / 恐竜族 / 攻0 / 守1400

《セレブロントサウルス》

通常モンスター
レベル4 / 光属性 / 恐竜族 / 攻1400 / 守1000

《大くしゃみのゼニゲバザウルス》

効果モンスター
レベル7 / 光属性 / 恐竜族 / 攻2400 / 守1700

【条件】自分のLPが相手より少ない場合、手札1枚をデッキの下に戻して発動できる。
【効果】お互いのデッキの上からカードを2枚ずつ墓地へ送る。この効果でモンスターが墓地へ送られた場合、さらに[この効果で墓地へ送られたモンスターの数]×400ダメージを相手に与える。

《成金ゴブリン》

通常魔法

【条件】なし
【効果】自分は1枚ドローする。その後、相手は1000LP回復する。

《ジュラシック・ワールド》

フィールド魔法

【条件】なし
【効果】このカードがフィールドゾーンに表側表示である限り、お互いのフィールドの表側表示モンスター(恐竜族)の攻撃力・守備力は300アップする。

他のアニメオリジナルカードもチェック!

【遊戯王SEVENS】アニメオリジナルカードまとめ【遊戯王ラッシュデュエル】

新たに登場した召喚口上・必殺技

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のデュエルでは以下のモンスターの召喚口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン》
  • 《アイスエイジ・カタパルト》
  • 《大恐竜駕ダイナーミクス》
  • 《大くしゃみのゼニゲバザウルス》

《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン》の召喚口上と必殺技

召喚口上

  • 行くてを阻む火山も!氷河も!隕石も!セツリと!ロックと!プライドで!ロードを切り開いて燃え上がれ!マキシマム召喚!出てこい《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン》!

攻撃口上

  • いくよ!限界を超えて全てを燃やし光を超えて時代を貫け!「ヴァルカン・イグナイト・ハイパードライブ」!

攻撃名

  • ヴァルカン・イグナイト・ハイパードライブ

効果名

  • ジ・アルティメット・エラプション(《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン[L]》の効果発動時)
  • ジ・インフェルノ・ブレイズ(《灰覇炎神ヴァスト・ヴァルカン[R]》の効果発動時)

《アイスエイジ・カタパルト》の召喚口上と必殺技

召喚口上

  • 目標補足!放て氷の弾丸《アイスエイジ・カタパルト》!

攻撃口上

  • 氷漬けにしろ《アイスエイジ・カタパルト》!「アバランチ・シュート」!

攻撃名

  • アバランチ・シュート

効果名

  • ジ・アイスエイジ

《大恐竜駕ダイナーミクス》の召喚口上と必殺技

召喚口上

  • 類まれなる発掘センスで。誰もがうらやむジュラシック。先輩踏みつけ成り上がる。ハント!ハンター!ハンティスト!《大恐竜駕ダイナーミクス》!

攻撃口上

  • 創造のためにすべてを滅ぼせ「ジャイアント・ダイナミクス・インパクト」!

攻撃名

  • ジャイアント・ダイナミクス・インパクト

効果名

  • ゴッドハンティング・ブラスター

《大くしゃみのゼニゲバザウルス》の召喚口上と必殺技

召喚口上

  • 強さの秘密は貯金額。1円を笑うものは1円に泣く。《大くしゃみのゼニゲバザウルス》!

効果名

  • リペイメント・ダイナソー・スニーズ

気になるあれこれ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

キャスト

  • 王道遊我:石橋陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代拓
  • 蒼月学人:花江夏樹
  • 霧島ロミン:楠木ともり
  • 霧島ロア:古田一紀
  • 西園寺ネイル:松岡禎丞
  • 後藤ハント:松田 利冴
  • 白佛カン:榊原 優希
  • 堀田カセキ:鈴木 崚汰
  • 六葉アサナ:高橋ミナミ
  • 田崎ギャリアン:中村光樹
  • ゴーハ66:中田譲治
  • セバスチャン:多田野曜平
  • スイーツ過去子:森永千才
  • 七星蘭世:鎌倉有那
  • 七星凛之介:小林千晃
  • 店主:郷田ほづみ
  • 男子:熊谷健太郎/山根雅史/安田陸矢
  • 女子:河村梨恵
  • その他:小林裕介/河野茉莉

あらすじ

熱戦が繰り広げられるチームバトルロイヤル!遊我たちも順調に勝利を重ねていくが、その前にデュエル恐竜研究クラブの3人が現れる。

「遊我さんの胸を借りたい」とデュエルを挑んでくる後藤ハントは、なぜか以前と全く別人の雰囲気をただよわせていた…。

最後に

今回の「遊戯王SEVENS」はハントの豹変っぷりと2体のマキシマムモンスターが注目でしたね。

わかはぴ
わかはぴ

蘭世も新しく従える者が欲しかったのか、何かを計画しているわけではなさそうですね

次回も楽しみです!

こちらもあわせてチェック!

【遊戯王SEVENS】第46話「バック・トゥ・ザ・過去」の感想:みんなが気になる宇宙子シリーズの謎 【遊戯王SEVENS】44話「不協和音」の感想:ロアたちの間に前回を上回る亀裂が走る 【遊戯王SEVENS】アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です