【遊戯王SEVENS】39話「取り戻せ!ムツバの誇り!」の感想:アサナの想いを守るために行動する遊我の優しさに感動

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「遊戯王SEVENSセブンス」第39話が放送されましたが今回も感想をお話ししていきます。

ゴーハ6小編、最終話。アサナの想いには涙を誘われました。種族が変化した《鋼機神ミラーイノベイター》も要チェックな回です!

ネタバレ注意

この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことを承知の上でお読みください。

39話「取り戻せ!ムツバの誇り!」の感想

伝統を重んじるアサナの想い

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

アサナたちの重機R6やGG03は劣化が進み稼働させるのにも限界が近づいていました。

しかし開発元のムツバ重機倒産。それにより交換パーツを入手することができなくなっていたため、元に戻すのは現状不可能という状態でした。

新たなパーツを使えば修理することは可能ではありましたが、それではオリジナルではなくなり改造になってしまうことから、伝統を重んじるアサナたちは修理に踏み切れなかったようです。

アサナたちの真の目的

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

登場当初、アサナたちの目的はラッシュデュエルを潰すことでした。

しかしこれまでのデュエルでアサナはラッシュデュエルに楽しさを感じていたり、新たに生み出されたカードであるマキシマムを使用したりと、古き良き伝統を守るためにラッシュデュエルを潰すと言いつつも、その行動には矛盾が見られました。

今回の話で真の目的はラッシュデュエルを潰すことではないことが分かりましたね。

その目的とはラッシュデュエルを潰すことによって“ゴーハ社に重機のパーツを再生産してもらう”という目的でした。

クィーン
クィーン

重機がなくなる=ムツバがなくなると考えていたアサナはその目的のために必死だったのね

わかはぴ
わかはぴ

これならアサナがマキシマムを使用することにも納得です

アサナの想いを守るために行動する遊我の優しさに感動

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

遊我の勝利によりアサナとのデュエルに決着が着き、とうとうR6が粉砕されてしまいます。

これによりラッシュデュエルを潰せなかったアサナたちは目的を達成できなくなってしまったのですが、アサナたちが倒れるその先に遊我の本当の狙いがありました。

遊我が見つけたかったもの。それはアサナが曽祖父から聞かされ、ずっと会いたがっていたムツバ式移動デュエル装置R零号でした。

アサナは伝統を守るために新たなパーツを使うことを拒んでいましたが、ムツバ式移動デュエル装置を見て、アサナはムツバ重機も新しいものを生み出すために新たなパーツを使い何度も修理・改造を重なていたことを知りました。

伝統を守ることも大切ですが、改造すること(変わること)も悪いことじゃないことを知った瞬間ですね。

ムツバ式移動デュエル装置R零号に何度も改造が施されていたのは偶然でしたが、何かを作る大変さや変わることの大切さを知ってる遊我だからこそできたアサナを笑顔にするための方法でしたね。

クィーン
クィーン

最後にR6も治ってよかったわ

わかはぴ
わかはぴ

人を笑顔にするために行動できる遊我の優しさもひしひしと感じました

種族変更カードの面白さがわかるアニメ表現

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のデュエルで《TCB》の効果によって《鋼機神ミラーイノベイター》の種族が機械族から魔法使い族に変更されていました。

それにともない《鋼機神ミラーイノベイター》の一部の配色や腰のマントが変更され、顔は《セブンスロード・マジシャン》のように人間のような顔に変化しましたね。

これは魔法使い族に種族が変化したことを表しているのですが、歴代の遊戯王でも種族の変更により見た目が変わる描写はよくありました。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

有名なところだと初代遊戯王で城之内のモンスターが昆虫族に変化したシーンなどですね。

こういうカードのイラストでは見られないような変化を見れる部分にはアニメの良さを感じます。

遊戯王OCGの方では別の種族へと変化した姿がカード化されることもあるのですが、ラッシュデュエルでもそういったカードが登場する可能性もありますし、これから楽しみですね。

デュエルで登場したカード

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

遊我

  • 《超魔機神マグナム・オーバーロード》
  • 《超魔機神マグナム・オーバーロード[L]》
  • 《超魔機神マグナム・オーバーロード[R]》
  • 《セブンスロード・マジシャン》
  • 《鋼機神ミラーイノベイター》
  • 《クリボット》
  • 《TCB》
  • 《アクア・ソーサラー》(アニメオリジナル)
  • 《マジカル・スイッチ》(アニメオリジナル)

アサナ

  • 《幻竜重騎ウォームExカベーター》
  • 《幻竜重騎ウォームExカベーター[L]》
  • 《幻竜重騎ウォームExカベーター[R]》
  • 《幻刃虚兵ビッグローラン》
  • 《幻刃兵ドリザード》
  • 《幻刃妖精ピッケロン》
  • 《透幻郷の嶮峻》
  • 《地層調査》

新たに登場したアニメオリジナルカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回は2種のアニメオリジナルカードが登場しました。

《ロード・マジック-レイズオルター》

通常魔法

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(レベル7以上/魔法使い族)がいる場合、手札のモンスター(光属性)1体を墓地へ送って発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで、[相手フィールドの攻撃力が一番低い表側表示モンスター(レベル8以下)の攻撃力]だけアップする。

《ミスマッチ・ライバリー》

通常罠

【条件】相手がモンスター(レベル5以上)を召喚した時に発動できる。
【効果】自分の墓地の通常モンスター(レベル5以下)1体を選んで自分フィールドに表側攻撃表示で特殊召喚する。

新たに登場した召喚口上・必殺技

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のデュエルでは以下のモンスターの召喚口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《鋼機神ミラーイノベイター》
  • 《ロード・マジック-レイズオルター》

《鋼機神ミラーイノベイター》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • 僕をいざなう まばゆい光!その向こうに何がある!
    そこに待っているのはまだ見ぬ自分!
    現れろ《鋼機神ミラーイノベイター》!

攻撃名

  • オプティカル・カレイドキャノン

効果名

  • キュリアス・イノベーション

《ロード・マジック-レイズオルター》の発動口上

召喚口上

  • 光を司るモンスターの力を借りて魔法カード《ロード・マジック-レイズオルター》を発動!

他のカードの召喚口上・必殺技もチェック!

ラッシュデュエルに登場するモンスターの召喚口上と必殺技一覧【遊戯王SEVENS】

気になるあれこれ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

主題歌

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回の主題歌は前回もすでに放送されている「ゴーハ第7小学校校歌(4人合唱ver.)」だったのですが、そこには幼いころの遊我たちのイラストが登場していました。

可愛すぎます!!

ということで皆さんにも共有するので幼いころから個性豊かな遊我たちの姿に癒されてください!

キャスト

  • 王道遊我:石橋陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代拓
  • 蒼月学人:花江夏樹
  • 霧島ロミン:楠木ともり
  • カイゾー:小林裕介
  • 西園寺ネイル:松岡禎丞
  • 上城大華(タイガー):上條沙恵子
  • 有栖川ジャンゴ:佐伯ユウスケ
  • 六葉アサナ:高橋ミナミ
  • 田崎ギャリアン:中村光樹
  • 加山シュベール:佐藤祐吾
  • ハトラップ:松田利冴
  • 象明寺キャピタリオ:堀井茶渡
  • アサナの曽祖父:森功至
  • 社長ドローン:はじめしゃちょー
  • 安立ミミ:鈴木梨央
  • 秘書:柳田淳一
  • 七星蘭世:鎌倉有那
  • 七星凛之介:小林千晃
  • 側近:浦和希/松本沙羅
  • その他:熊谷健太郎/森永千才

あらすじ

激しく闘いの火花を散らす超魔機神マグナム・オーバーロードと幻竜重騎ウォームExカベーター!

お互いに熱いデュエルを楽しむ遊我とアサナだったが、アサナの愛機・R6に限界の時が訪れる。

それでも引けない理由がアサナにはあった。取り戻したい、誇りがあった。

最後に

今回は「遊戯王SEVENS」第39話の感想をお話ししました。

わかはぴ
わかはぴ

重騎デュエルクラブのみんなが抱える思いの強さがひしひしと伝わってくる回でした

ゴーハ市内の全ての子どもがラッシュデュエルを楽しむようになり次の章はどう展開されるのか!?

こちらもあわせてチェック!

【遊戯王SEVENS】40話「ギブ・ミー・ジャム♪」の感想:自分を抑え込まず好きなことを頑張るって素敵 【遊戯王SEVENS】38話「マキシマムを掘り起こせ!」の感想:アサナの持つマキシマムモンスターの謎が明らかに! 【遊戯王SEVENS】アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です