【遊戯王SEVENS】20話「オトナはつらいよ」の感想:感動青春コメディの親子の絆回!

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「遊戯王SEVENSセブンス」第20話が放送されましたね!

今回はぶっ飛んだキャラとそのモンスターが送る笑いあり涙ありな回でした。

それでは感想をお話ししていきます。

ネタバレ注意
この記事にはネタバレが大いに含まれます。
読まれる際はそのことをご理解したうえでお読みください。

20話「オトナはつらいよ」の感想

メンツが最強

出典:【公式】遊戯王SEVENS第20話「オトナはつらいよ」 – YouTube

今回は予告でもあった通りミミとヨシオがピックアップされた回でしたね。

真面目にルークに相談するヨシオに、前回同様バブリー全開のミミと濃いメンツによる掛け合いが楽しい回でした。

世紀末vsバブルの親子対決

出典:【公式】遊戯王SEVENS第20話「オトナはつらいよ」 – YouTube

7話でミミと遊我、8話でヨシオとルークがデュエルをした際、2人のキャラや使用カードのぶっ飛び具合に一時期Twitterなどでかなり話題になっていました。

今回はそんな2人がデュエルをしていましたが、使用カードも変わらずぶっ飛んでいました。今回は《ヴィシュワ・ランディー》と《シーホース》のバブル化して登場。ヨシオは新たなエースとともにかなり強くなっていましたし、デュエルとしてもとても楽しめる回でした。

細かいデュエル描写

出典:【公式】遊戯王SEVENS第20話「オトナはつらいよ」 – YouTube

今回観ていて遊戯王SEVENSの熱意を感じたのはデュエル中の細かい描写です。まずヨシオが《獣機界王カタパルト・デビルコング》を特殊召喚した時、《獣機界王カタパルト・デビルコング》がドラミングをしていました。

ドラミングとは
ゴリラが手で胸を叩く行動のこと。

アニメなどでゴリラが描かれる時、手をグーにしてドラミングするところが描写されることが多いのですが、本来ゴリラは手をパーにしてドラミングします。《獣機界王カタパルト・デビルコング》はしっかり手をパーにしてドラミングしていました。

今回ミミの使用する《アッシーホース》の効果で《ワンレン・ラムーン》が3回使い回されていました。墓地との往復を繰り返したためか最後に召喚した際には疲れを見せていました。

こういうことってラッシュデュエルでもよくある話で、それによる細かい描写は観ていて笑いました。

世紀末決闘王ヨシオの変身ギミック

出典:【公式】遊戯王SEVENS第20話「オトナはつらいよ」 – YouTube

今回、ヨシオが世紀末決闘王ヨシオへと変身するシーンが描かれていました。スイッチはベルトのバックルで、それを押すとカバンから飛び出した変身スーツのようなものが体を包み込み、学生帽はヘルメットへと形状を変えるシステムです。

デュエルの衝撃で飛ばされ変身が解除された際は、カバンに穴が開いており変身ギミックの大掛かりさを感じました。

心温まる親子の話

出典:【公式】遊戯王SEVENS第20話「オトナはつらいよ」 – YouTube

ミミの「ヨシオちゃんのために夢のある姿を見せなきゃ」という想いや、日々ヨシオに教えていることがヨシオに伝わっていることなど、母を見てたくましくなった成長しているヨシオに感動していました。

自分の夢を探していたヨシオもデュエルを通して母であるミミからいつも感じていた「誰かのために頑張れる強い大人像」を再確認し、それが自分の夢と認識することができましたね。

ゴーハコーポレーションの幹部「トップ・オブ・ヘキサゴン」でありながら母としても素晴らしいミミがよくわかる回で心が温まりました。

サレンダーについて解説

出典:【公式】遊戯王SEVENS第20話「オトナはつらいよ」 – YouTube

今回のデュエルでミミがヨシオに「サレンダーなさい!」と連呼していました。

サレンダーとは降参するという意味です。遊戯王OCGでは当たり前のことですが、ラッシュデュエルでは馴染みのないことなので知らない人からは新しい言葉だったと思います。

ちなみに実際のデュエルではお互いに承諾されればサレンダーが成立し、サレンダーをした方が負けとなりデュエルが終了します。

デュエルで登場したカード

遊戯王ラッシュデュエルから登場したカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ヨシオ

  • 《獣機界覇者キングコンボイ・ライガオン》
  • 《獣機界王カタパルト・デビルコング》
  • 《獣機界モト・ウルフ》
  • 《獣機界ジャイロ・ジャッカル》
  • 《獣機界バギー・ドッグ》
  • 《獣機界トライク・フォックス》
  • 《世紀末獣機界ビーストギア・ワールド》

ミミ

  • 《逆玉の神 ディアン・ケト》
  • 《ヴィシュワ・ランバディ》
  • 《ワンレン・ラムーン》
  • 《アッシーホース》
  • 《メッシーホース》
  • 《オールナイトフィーバー》
  • 《魅惑の不夜城》

新たに登場したアニメオリジナルカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回はアニメオリジナルカード登場と同時にラッシュカード化したカードがほとんどであるため、アニメオリジナルカードは2枚に収まりました。

《不屈の世紀末獣戦士》

通常魔法

【条件】自分フィールドに表側表示のフィールド魔法がある場合、1000LPを払って発動できる。
【効果】自分の墓地のモンスター(獣戦士族)1体を選んで自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。このターン、この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃は貫通する(守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える)。

《ジュエリーの落とし穴》

通常罠

【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(レベル4以下/水族)が3体いる場合、相手がモンスター(レベル5以上)を表側表示で召喚・特殊召喚した時に発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んで破壊する。

他のアニメオリジナルカードもチェック!

【遊戯王SEVENS】アニメオリジナルカードまとめ【遊戯王ラッシュデュエル】

新たに登場した召喚口上・必殺技

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回のデュエルでは以下のモンスターの召喚口上・必殺技が新たに登場しました。

  • 《獣機界覇者キングコンボイ・ライガオン》

《獣機界覇者キングコンボイ・ライガオン》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • 永劫未来!一路激走!出でよ!轟然と豪快の破壊主!《獣機界覇者キングコンボイ・ライガオン》!

攻撃名

  • 完全超悪獣覇拳
    かんぜんちょうあくじゅうはけん

効果名

  • 暴走弾圧
    ぼうそうだんあつ

他のカードの召喚口上・必殺技もチェック!

ラッシュデュエルに登場するカードの召喚口上と必殺技一覧【遊戯王SEVENS】

気になるあれこれ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

キャスト

  • 王道遊我:石橋 陽彩
  • 上城龍久(ルーク):八代 拓
  • 蒼月学人:花江 夏樹
  • 霧島ロミン:楠木 ともり
  • 安立ミミ:鈴木 梨央
  • 安立ヨシオ:永塚 拓馬
  • 西園寺ネイル:松岡 禎丞
  • 先生:山根 雅史
  • その他:熊谷 健太郎/河村 梨恵/森永 千才

あらすじ

遊我たちと一緒に、地下に来てしまったヨシオ。

自分の夢について悩んでいたヨシオは、デュエルの中で夢を見つけるため、ネイルの刺客とのデュエルに志願する。だが、その刺客の正体はゴーハ幹部のミミだった!

ヨシオは相手が母とは知らず決闘に挑み、ミミはヨシオのために闘う!バブルvs世紀末、ここに完全決着!?

最後に

今回は「遊戯王SEVENS」第20話の感想をお話ししました。

わかな
わかな

シーホースのバブリー化はまさかでしたね

楽しみにしていた回なんですが期待以上の良い回でした!

あわせて読みたいおすすめ記事!

【遊戯王SEVENS】21話「麺との遭遇」の感想:宇宙×ラーメン×デュエル!麺三郎再び! 【遊戯王SEVENS】19話「玉座たるもの」の感想:めっちゃ強いイスとのデュエル! 【遊戯王SEVENS】アニメの放送話と各話の内容一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です