漫画オリジナルカードまとめに新カード追加

【チームを組む3つの魅力】ラッシュデュエルチームを結成して初めての大会を終え感じたチームを組む魅力

みなさんカードゲームにおけるチームってどう思いますか?

遊戯王の歴代アニメでもチームを結成し、デュエルをする描写はよくありました。

ラッシュデュエルでも1年ほど前から、チームを組んでチーム対抗戦が行う動きがあったりと、チーム活動をするラッシュデュエリストが存在しています。

みんなで力を合わせて勝利を掴み取ったりと、チームになって何かを成し遂げることはカードゲームに限らず喜ばしいことですよね。

私も以前からチームには憧れがあり、今回、機会があり「ツーピース」というラッシュデュエルチームを結成しました!

結成の理由が第2回かせき杯チーム戦トーナメントというチームで参加できるイベントのためで、当時まだチームを結成していなかった私はソロで応募しました。

その後、主催のかせきさんの呼びかけにより、メンバーが集まりチームが結成されました。

今回行われるチーム戦トーナメントはスイスドロー形式の予選があり、その中で多くのポイントを稼いだチームが決勝戦に出場できるというシステムです。

10月2日にその予選があり「ツーピース」も参加してきました。

クィーン
クィーン

でもカードゲームでチームを組むってどんな感じなの?

趣向の違う人たちが集まって上手くいくの?

まだチームを組んだことがない人はこんなことを疑問に思うかもしれません。

そこで今回はチーム結成からチーム戦を終えて私が感じたチームを組む魅力をお話ししていこうと思います。

わかはぴ
わかはぴ

嬉しさや悔しさ、いろんな感情が倍になりました!

チームって思った以上に素敵なものです!

チームを組む3つの魅力

メンバーが集まったのは9月13日なので、チーム結成からはまだ1ヶ月ですが、私は以下の3つの魅力を感じました。

  • 同じチームであることで生まれる一体感が心地いい
  • 目標・目的に向かって一丸となって試行錯誤できるのが楽しい
  • 知識が何倍にも膨れ上がり情報量が増す

同じチームであることで生まれる一体感が心地いい

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

私がチームを組んで一番よかったなと感じることが、同じチームであるからこそ生まれる一体感を感じれたことです。

チームを組み、メンバーとの距離が縮まったことで、メンバーがデュエルしている時に感情移入するようになったり、チームメンバーとして自分がデュエルしている時には責任感がより強くなりました。

例えば、メンバーがデュエルで劣勢に立たされている時は自分も一緒になってヒヤヒヤしますし、勝った時は自分のことのように嬉しく感じます。

自分がメンバーのためにデュエルする時はこの一体感が緊張にも繋がってしまうのですが、そういうのも含めて本当に心地よくて、それを感じるたびにチームを組んでよかったなぁと感じました。

わかはぴ
わかはぴ

他にはメンバーの大会優勝報告など、メンバーにとっての嬉しいことが自分のことのようにも嬉しく感じるようになりましたよ

目標・目的に向かって一丸となって試行錯誤できるのが楽しい

出典:【公式】遊戯王SEVENS第27話「ルーク部誕生!」 – YouTube

チームを組んで感じたもう一つの魅力が、目標・目的に向かって一丸となって試行錯誤できることです。

今回の「ツーピース」の目標はチーム戦で結果を残すことで、その中でどんなデッキを使うのかなど、みんなで情報共有しながら色々話し合いました。

チーム戦の多くは先鋒、中堅、大将とそれぞれポジションを決め、戦っていきます。

誰がどのポジションに着くのかなどのパターンを決めたりと、みんなで目標・目的に向かって試行錯誤できるのは楽しかったです。

わかはぴ
わかはぴ

「ツーピース」というチーム名もみんなで意見を出し合い決まったチーム名なのですが、愛着湧きまくりですごく気に入ってます!

知識が何倍にも膨れ上がる

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

「三人寄れば文殊の知恵」なんて言葉がありますよね。

一人や二人ではなかなかうまくいかない場合でも、三人目の知恵や視点が加わることによって互いに刺激し合い、当初は思いもよらなかった発想が浮かんで、問題の解決につながるって意味があるのですが、チームにもそういう側面があります。

全く同じ趣向を持つ人たちが集まってないからこそ生まれる発想や知識のお陰で、自分の知識や情報の量が広がるんですよね。

ラッシュデュエルでもデュエルをしたり、他の人の考えに触れることで新たな発見や学びがあることがありますよね?

チームを組むことで、そういうのが生まれやすい状況になるんです。

「ツーピース」ではデッキレシピを共有したりもしているのですが、自分が採用に至らなかったカードが採用されているのを見ると新たな発見があったりもします。

こうやって色んなメンバーが集まることで知識が何倍にも膨れ上がるのも魅力の一つです。

クィーン
クィーン

知識・情報の共有はお互いのためにもなるし、強くなるためにも重要なことよね

第2回かせき杯チーム戦トーナメント「ツーピース」の結果

ここまでチームの魅力をお話ししてきましたが「いい感じ風のこと書いてるけど「ツーピース」の実力はどないなっとんねん」と感じる人もいるかもしれません。

そこで最後に第2回かせき杯チーム戦トーナメントの結果もお話ししておきます。

予選4位

結果は予選4位で終わりました。みんなが頑張ってくれたおかげでかなり検討したんですけどね。

私はデッキへのこだわりの強さがデッキの強さに比例していませんでした。

それにも関わらずプレイングミスをしてしまったりと個人戦績もボロボロで、私の未熟さもこの戦績に繋がったんだなと思います。

ラッシュデュエルでこんなに悔しさを感じたのは初めてで、みんなが頑張ってくれただけに悔やんでも悔やみきれません。

でもチームのみんなが励ましてくれたことが本当に救いで、めちゃくちゃ悔しかったのですが、もっと頑張ろうと思えました。

わかはぴ
わかはぴ

こういったところもチームの魅力ですよね

メンバーには本当に感謝です

そして…

わかはぴ
わかはぴ

私は悔しさをバネに成長するタイプ!

次のチーム戦では無双してやりますよ!!!!

クィーン
クィーン

そんな大口叩いて大丈夫かしら?

最後に

今回はチーム結成からチーム戦を終えて私が感じたチームを組む魅力についてお話ししました。

まだ結成1ヶ月のチームですが、すでにこれだけの魅力を感じています。

チームを組むの本当におすすめです!

まだ組んでいないと言う方は、ぜひメンバー募集中のチームに参加したりチームを募集してみてください!

わかはぴ
わかはぴ

きっかけをくれ協力してくれたかせきさんには本当に感謝です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です