【遊戯王大会日誌】2019年ラストデュエル【ハーピィブラザーズ/シムルグ】2019.12.29

©高橋和希 スタジオダイス/集英社

2019年の年末も、いつもの遊戯王グループメンバーでのデュエル大会がありました!

大会はリーグ形式(総当たり戦)でした。

今回もその時のデュエルの記録をピックアップし、会話形式を織り交ぜてご紹介します。

使用デッキ

【ハーピィブラザーズ/シムルグ】

【ハーピィブラザーズ/シムルグ】のデッキレシピ

ハーピィブラザーズ/シムルグ
©遊戯王 オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ – カードデータベース
メインデッキ:40枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:15枚

モンスター(24枚 / 16種)

《ストーム・シューター》× 1
《疾風鳥人ジョー》× 1
《ソニック・シューター》× 1
《ダークネス・シムルグ》× 2
《烈風の覇者シムルグ》× 1
《ダーク・シムルグ》× 1
《死神鳥シムルグ》× 3
《招神鳥シムルグ》× 3
《雛神鳥シムルグ》× 2
《護神鳥シムルグ》× 1
《LL-ターコイズ・ワーブラー》× 3
《LL-コバルト・スパロー》× 1
《霞の谷の巨神鳥》× 1
《ハーピィ・ハーピスト》× 1
《烈風の結界像》× 1
《D.D.クロウ》× 1

魔法( 12枚 / 8種)

《神鳥の来寇》× 3
《神鳥の霊峰エルブルズ》× 2
《ワン・フォー・ワン》× 2
《ハーピィの羽根帚》× 1
《ライトニング・ストーム》× 1
《テラ・フォーミング》× 1
《おろかな埋葬》× 1
《スワローズ・ネスト》× 1

罠( 4枚 / 2種)

《ゴッドバードアタック》× 2
《ハーピィの羽根吹雪》× 2

エクストラ(15枚 / 12種)

《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》× 1
《RR-アーセナル・ファルコン》× 1
《鳥銃士カステル》× 1
《零鳥獣シルフィーネ》 × 1
《トーテムバード》× 1
《LL-リサイト・スターリング》× 2
《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》× 1
《王神鳥シムルグ》× 2
《ハーピィ・コンダクター》× 2
《I:Pマスカレーナ》× 1
《リンクリボー》× 1
《サクリファイス・アニマ》× 1

公式サイトでデッキレシピも公開中です!

カードの詳細をチェックできるので、気になる方は要チェックです!

参考 遊戯王 デッキレシピ 詳細遊戯王 オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ - カードデータベース

大会の記録

第1戦目:VS【E-HERO】

E-HERO マリシャス・エッジ
©高橋和希 スタジオダイス/集英社

デュエルログ【先攻】

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/GLAS-JP003-Icon.jpg
E-HERO マリシャス・エッジ

オレは「エアーマン」で「烈風の結界像」を攻撃!!
そしてバトルフェイズを終了し、「ダーク・フュージョン」を発動!!

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/wakana-Icon.jpg
わかな

それは「巨神鳥」の効果で無効にするわ!

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/GLAS-JP003-Icon.jpg
E-HERO マリシャス・エッジ

残念…ではオレは「ダーク・コーリング」を発動!!

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/wakana-Icon.jpg
わかな

何ですって!?

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/GLAS-JP003-Icon.jpg
E-HERO マリシャス・エッジ

手札の「シニスター・ネクロム」と墓地の「オネスティ・ネオス」で融合!!
現れろ‼︎ 「E-HERO マリシャス・ベイン」!!!!

デュエル終盤、わたしのフィールドには《王神鳥シムルグ》と《烈風の結界像》《霞の谷の巨神鳥》が存在していました。

相手は風属性モンスターの特殊召喚が封じられ、あらゆる効果が一回無効にされる状態です。

しかし相手はそれを《E・HERO エアーマン》と《E-HERO マリシャス・ベイン》の「自身の攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する効果」によって一掃してきました。

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/wakana-Icon.jpg
わかな

わたしのターン!
わたしは「LL-ターコイズ・ワーブラー」を特殊召喚し、その効果で墓地の「ターコイズ・ワーブラー」を蘇生!

そして2体の「ターコイズ・ワーブラー」で「LL-リサイト・スターリング」をX召喚!

続けて墓地の「雛神鳥シムルグ」を自身の効果で蘇生し、手札の「ストーム・シューター」を召喚するわ!!

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/GLAS-JP003-Icon.jpg
E-HERO マリシャス・エッジ

5回…そこまでだ……

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/wakana-Icon.jpg
わかな

何か振ってくる……!!

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/GLAS-JP003-Icon.jpg
E-HERO マリシャス・エッジ

出よ!!「原始生命態ニビル」!!!!

お前のモンスターは全滅し、その焼け跡には「ニビル」より誕生した「原始生命態トークン」が特殊召喚される!!

複数の特殊召喚が成功し、油断していたところ、《原始生命態ニビル》の「フィールドのモンスター全てをリリースし自身を特殊召喚、その後リリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力の合計の攻撃力・守備力を持つトークンを特殊召喚する効果」により再びフィールドは一掃されました。

その後は《E-HERO ヘル・ゲイナー》によって2回攻撃が可能になった《E-HERO マリシャス・ベイン》と《原始生命態ニビル》によってライフポイントを0にされ、デュエルが終了しました。

実はこのデュエルで《原始生命態ニビル》の処理を間違えて解釈しており、わたしのフィールドのモンスターのみをリリースしていました。

わたしも終わってから気づいたのですが、もしかしたら勝っていたかもしれません。

【E-HERO】とのデュエルの感想

融合召喚され突如現れフィールドを一掃する《E-HERO マリシャス・ベイン》がとにかく強力でした!!

この効果を持ちながら、戦闘・効果で破壊されないため突破手段も限られます。

【HERO】はサポートカードが豊富で、戦闘や展開においても強く安定して動ける様々な面でバランスの取れたデッキです。

わたしのデッキには《E-HERO マリシャス・ベイン》のような、戦闘・効果で破壊されないモンスターを突破する手段が少ないため、今回のデュエルでそれをさらに感じさせられました。

第2戦目:VS【影霊衣(ネクロス)】

影霊衣の術士 シュリット
©高橋和希 スタジオダイス/集英社

デュエルログ【先攻】

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/SPTR-JP010-Icon.jpg
影霊衣の術士 シュリット

僕は「マンジュ・ゴッド」を召喚し、効果発動!

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/wakana-Icon.jpg
わかな

わたしはそれを「ハーピィの羽吹雪」で無効にする!
さらにこのターンはあなたが発動するモンスター効果は全て無効になる!!

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/SPTR-JP010-Icon.jpg
影霊衣の術士 シュリット

じゃあ僕は「影霊衣の降魔鏡」を発動し「クラソウスの影霊衣」を儀式召喚する!!

デュエル序盤、わたしのフィールドには《王神鳥シムルグ》《霞の谷の巨神鳥》が存在していました。

相手は「自身を儀式素材に特殊召喚した儀式モンスターが存在する限り、相手の特殊召喚を封じる効果」を持つ《儀式魔人リリーサー》を《クラウソラスの影霊衣》の儀式素材にしていました。

そのためわたしは特殊召喚を封じられています。

特殊召喚を封じられているため、わたしは《神鳥の霊峰エルブルズ》の効果などを駆使し、召喚・アドバンス召喚によりモンスターを展開しました。

相手の《クラウソラスの影霊衣》は「エクストラデッキから特殊召喚された、 フィールドのモンスター1体の攻撃力を0にし、効果を無効にする効果」を持っています。

しかし《王神鳥シムルグ》の効果により、わたしのモンスターは対象に取られません。

そのため、その妨害を受けずに突破し相手のライフポイントを0にしたことでデュエルが終了しました。

【影霊衣(ネクロス)】とのデュエルの感想

今回戦った【影霊衣】は、特殊召喚したモンスターや特殊召喚そのものを封じることができるデッキでした。

わたしのデッキは召喚により展開するデッキだったため、内容的にわたしのほうが有利でした。

このデッキを使った方と戦う時は、いつも《ハーピィの羽根吹雪》を引くのでそれも勝因だったと思います。

第3戦目:VS【アロマ】

アロマージ-ローズマリー
©高橋和希 スタジオダイス/集英社

デュエルログ【先攻】

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/CORE-JP036-Icon.jpg
アロマージ-ローズマリー

わたしは「アロマガーデン」の効果によりライフを回復
そして手札から「アロマージ-ローリエ」を特殊召喚し「イービル・ソーン」と2体でリンク召喚!

「アロマセラフィ-ジャスミン」をリンク召喚するわ!

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/wakana-Icon.jpg
わかな

ではエンドフェイズ!
わたしは「王神鳥シムルグ」の効果で「ストーム・シューター」を特殊召喚!

デュエル序盤、わたしのフィールドには《王神鳥シムルグ》《霞の谷の巨神鳥》《ストーム・シューター》が存在していました。

相手の方がライフポイントが多いため《アロマセラフィ-ジャスミン》は戦闘で破壊されません。

わたしは《神鳥の来寇》の効果でサーチした《ダーク・シムルグ》を特殊召喚し、《アロマセラフィ-ジャスミン》は正面に特殊召喚した《ストーム・シューター》によってバウンスしました。

その後バトルフェイズに移行し、一斉攻撃により相手のライフポイントを0にしデュエルが終了しました。

【アロマ】とのデュエルの感想

今回のデュエルでは、相手が妨害を踏み倒せない手札だったようで、《霞の谷の巨神鳥》を維持し優勢のまま勝利しました。

ライフ回復手段が豊富で、もたもたしていると手がつけられなくなりそうだったので、早めに決着をつけることができてよかったです。

第4戦目:VS【ジェネレイド】

剣の王 フローディ
©高橋和希 スタジオダイス/集英社

デュエルログ【先攻】

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/DBMF-JP028-Icon.jpg
剣の王 フローディ

フン…完璧な手札だ…

わたしはモンスターをセット
カードを2枚セットしターンエンドだ…

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/wakana-Icon.jpg
わかな

わたしのターン!
わたしは「ハーピィの羽根帚」を発動!

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/DBMF-JP028-Icon.jpg
剣の王 フローディ

何!?
ならば私は「トリックスター・リンカーネイション」を発動!
手札を交換するがいい!

デュエル序盤、相手のセットカードを破壊したわたしは《I:Pマスカレーナ》により効果破壊耐性が付与された《王神鳥シムルグ》をリンク召喚しました!

その後は相手のセットモンスター(《ジェット・シンクロン》)を戦闘破壊します。

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/wakana-Icon.jpg
わかな

エンドフェイズ!
わたしは「王神鳥シムルグ」の効果により「霞の谷の巨神鳥」を特殊召喚!

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/DBMF-JP028-Icon.jpg
剣の王 フローディ

私のターン!
私は手札を1枚捨て墓地の「ジェット・シンクロン」を蘇生する!

ターンエンドだ!!

どうやら相手は手札事故を起こしていたようで、本来の動きをほとんどできていないようでした。

相手のエンドフェイズに《王神鳥シムルグ》の効果で《ストーム・シューター》を特殊召喚したわたしは、返しのターンで《ジェット・シンクロン》をバウンスします。

その後は《神鳥の霊峰エルブルズ》で強化された《ストーム・シューター》たちによる総攻撃で相手のライフポイントを0にし、デュエルが終了しました。

【ジェネレイド】とのデュエルの感想

相手は手札事故を起こしていたため、【ジェネレイド】らしいカードを1枚も見ることなくデュエルが終了しました。

次回は本来の動きをした【ジェネレイド】と戦いたいですね!

第5戦目:VS【魔鍾洞バーン】

魔鍾洞
©高橋和希 スタジオダイス/集英社

デュエルログ【先攻】

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/EXP4-JP024-Icon.jpg
魔石術師 クルード

私は「解放のアリアドネ」をペンデュラムスケールにセッティング!

そしてカードを2枚セットし、永続魔法「波動キャノン」を発動!!!!

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/wakana-Icon.jpg
わかな

「波動キャノン」!?

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/EXP4-JP024-Icon.jpg
魔石術師 クルード

「波動キャノン」によりお前の命は残り8ターンだ…

私はこれでターンエンド!

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/wakana-Icon.jpg
わかな

そこでわたしは「ゴッドバードアタック」を発動!
「ダークネス・シムルグ」をリリースし、セットカード2枚を破壊する!

デュエル序盤、相手は《魔鍾洞》によるロックを行うための準備を進めようとしていましたが、《ゴッドバードアタック》によるエンドサイクを決め、わたしはそれを阻止しました。

その後は《王神鳥シムルグ》の効果により、《ストーム・シューター》を特殊召喚します。

わたしのターンになりメインフェイズです。

《ストーム・シューター》の正面にある《波動キャノン》は、《ストーム・シューター》の効果でバウンスしました。

その後は《霞の谷の巨神鳥》《ダークネス・シムルグ》を展開し総攻撃により、相手のライフポイントを0にしデュエルが終了しました。

【魔鍾洞バーン】とのデュエルの感想

《波動キャノン》を発動されてから《魔鍾洞》の存在をかなり警戒していました。

しかし最初のターンで《ゴッドバードアタック》を引いていたため、カウンター罠や《メタバース》を発動前に破壊できたのが大きな勝因になりました。

相手のデッキは【パーミッション】要素も含んでおり、1度《魔鍾洞》を発動されると対処が難しいため、発動される前に決着をつけることができてよかったです。

第6戦目:VS【魔弾】

魔弾の射手 カスパール
©高橋和希 スタジオダイス/集英社

デュエルログ【先攻】

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/DBSW-JP016-Icon.jpg
魔弾の射手 カスパール

「ザ・キッド」を召喚し「同胞の絆」を発動!
その効果によりデッキから私自身(カスパール)と「ドクトル」を特殊召喚!

「ザ・キッド」の効果により「魔弾」カードを1枚捨て2枚ドロー!

そして「ザ・キッド」1体で「魔弾の射手 マックス」をリンク召喚!

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/wakana-Icon.jpg
わかな

これかなりやばいような…

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/DBSW-JP016-Icon.jpg
魔弾の射手 カスパール

「マックス」の効果によりお前のモンスターの数、3枚の「魔弾」魔法・罠カードをサーチする!

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/wakana-Icon.jpg
わかな

それは止めるしかないわ!
「霞の谷の巨神鳥」の効果によりその効果を無効にする!

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/DBSW-JP016-Icon.jpg
魔弾の射手 カスパール

………サレンダーだ

これを止められたらおしまいだ…
潔く負けを認めるよ

相手の手札に「魔弾」魔法・罠カードがなく手札事故を起こしていたのか、《魔弾の射手 マックス》の効果を止めた後、相手はすぐにサレンダーしデュエルは終了しました。

【魔弾】とのデュエルの感想

わたしは先攻だったため、いつもの展開でフィールドには《王神鳥シムルグ》《霞の谷の巨神鳥》、さらに《ダーク・シムルグ》が存在していました。

最初は相手の《同胞の絆》を《霞の谷の巨神鳥》の効果で無効にしようか迷ったのですが、今回は次に回して正解でした。

【魔弾】は個人的にかなり苦手なデッキで、デュエルする時はいつもヒヤヒヤしながら戦っています。

なので今回は上手く勝つことができてよかったです。

結果

対戦したデッキ戦績
【E-HERO】×
【影霊衣(ネクロス)】
【アロマ】
【ジェネレイド】
【魔鍾洞バーン】
【魔弾】

今回、相手が手札事故を起こしていたり、全てのデュエルで先攻が取れたりとかなり運が良かった大会でした。

その運が重なり見事1位に輝きました!

大会の景品+α

今回の景品はかなり豪華でした。

大会の景品だけでも豪華なんですが、今回は福引もありました!

福引のパックからは《水晶機巧-ハリファイバー》が当たったりと内容も、運良く豪華でした!

大会の景品

  • 20th ANNIVERSARY SETトゥエンティース アニバーサリー セット

福引

  • 《ヴァレルロード・ドラゴン》のプレイマット
  • スクリューダウン
  • LINK VRAINS PACKリンク・ヴレインズ・パック × 4
  • LINK VRAINS PACKリンク・ヴレインズ・パック 2 × 2
  • LINK VRAINS PACKリンク・ヴレインズ・パック 3 × 4
  • 20thトゥエンティースレジェンダリー・コレクション

大会終了後:過去からやってきたプレイヤーへの挑戦!

大会終了後は『過去の時代からやってきたプレイヤーへのチャレンジデュエル』という企画がありました。

過去の時代からやってきたプレイヤーは2人いて、以下の計4つのデッキを使用してきました。

  • 「征竜」モンスター4体フル投入の【2013年征竜】
  • 《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》を採用した【2015年征竜】
  • 《魔導書の審判》を採用した【2013年魔導】
  • 《真竜剣士マスターP》や《十二獣の会局》を採用した【2017年十二獣真竜】

どれも後に禁止カードになったカードが多く採用されており、環境に大きく影響を与えたデッキばかりです。

わたしも過去のデュエリストに挑戦しましたが、めちゃくちゃ強くて1回しか勝てませんでした。

勝ったら2パック、負けたら1パックと勝っても負けてもパックをもらえるシステムで、もらえるパックは『IGNITION ASSAULTイグニッション・アサルト』でした。

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/wakana-Icon.jpg
わかな

「イグニッション・アサルト」からは「崔嵬の地霊使いアウス」が出ました!

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回は【ハーピィブラザーズ/シムルグ】を使用し、以下のテーマと戦いました。

  • 【E-HERO】
  • 【影霊衣(ネクロス)】
  • 【アロマ】
  • 【ジェネレイド】
  • 【魔鍾洞バーン】
  • 【魔弾】

《王神鳥シムルグ》により安定性が増し、ハーピィブラザーズが活躍しやすくなったのを感じれたいい大会でした!

チャレンジデュエルはほんとにいい企画だと思うので、ここにその旨をひっそりと呟いておきます。

https://kagamidori-yugiohblog.com/wp-content/uploads/2019/12/wakana-Icon.jpg
わかな

次の大会も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です