【メイカエトランゼ】デッキレシピ紹介:墓地肥やしで最速フュージョンを狙う植物族フュージョンデッキ【遊戯王ラッシュデュエル】

「デッキ改造パック 創造のマスターロード!!」にて、蘭世のエースモンスター《花牙クノイチ・エトランゼ》のフュージョンモンスター《花牙絢爛メイカ・エトランゼ》が登場し強化されました。

《花牙クノイチ・エトランゼ》の効果を強化したような効果を持ち、使いやすい蘇生効果とその美しい見た目から気になる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は《花牙絢爛メイカ・エトランゼ》を軸にした【植物族フュージョンデッキ】を紹介します。

わかはぴ
わかはぴ

墓地肥やしを駆使することでフュージョン召喚を行いやすくなっており、各種植物族サポートカードもより使いやすくなっています!

▼ YouTubeではこのデッキを使った対戦動画も公開しているので、あわせてチェックしてみてください!

デッキレシピ

メインデッキ(40枚)

カード名枚数
モンスター26
《花牙クノイチ・エトランゼ》3
《真花牙クノイチ・ガーランド》2
《花牙シノビ・ガトリング》2
《花牙美人のゲッカ》3
《花牙祭のジャスミン》3
《ネクロマン三世》2
《ラワン冒険隊》3
《花牙武者のリンドウ》3
《花牙狼のクロバナ》3
魔法カード10
《フュージョン》3
《激鱗解放》3
《花牙悲願》2
《スター・リスタート》1
《天使の施し》(LEGEND)1
罠カード4
《花牙踏み》3
《花牙舞戻り》1

エクストラデッキ(15枚)

カード名枚数
《花牙絢爛メイカ・エトランゼ》3
《花牙潜攻サブマリン・ドゥルガー》3

デッキコンセプト

このデッキのコンセプトは「墓地肥やしを駆使していち早くフュージョン召喚を行うこと」です。

墓地肥やしは《激鱗解放》で一気に5枚の墓地肥やしを行うことができます。

これにより墓地にフュージョン召喚に必要なカードを揃えやすくなるため、《花牙悲願》や《スター・リスタート》を駆使してフュージョンにつなげていきます。

デッキの回し方

【メイカエトランゼ】デッキは以下の3つの要領で回していきます。

  • 墓地肥やしを駆使してフュージョン召喚の準備をする
  • フュージョン召喚後は蘇生効果とモンスターの破壊を駆使しながら攻める
  • 表示形式の変更を駆使することで相手の守りを許さず攻める

墓地肥やしを駆使してフュージョン召喚の準備をする

《フュージョン》及びフュージョン素材モンスターは全て墓地から蘇生・サルベージすることができます。

そのため、いち早くフュージョン召喚するために《激鱗解放》により墓地肥やしを行なっていきます。

5枚分の墓地肥やしを行うことができるため、1枚でも発動することができればフュージョン召喚の難易度はかなり下がります。

またこのデッキには《花牙クノイチ・エトランゼ》《花牙美人のゲッカ》《ネクロマン三世》《花牙悲願》《スター・リスタート》《花牙踏み》《花牙舞戻り》と墓地を参照するカードが多く採用されています。

そのため墓地肥やしはこれらをサポートする手段にもなるのがポイントです。

フュージョン召喚後は蘇生効果とモンスターの破壊を駆使しながら攻める

フュージョン召喚に必要なカードが墓地に揃った後は、《花牙悲願》《スター・リスタート》《花牙舞戻り》《花牙美人のゲッカ》を駆使してフュージョン召喚につなげていきます。

フュージョン召喚できるモンスターと素材モンスター

《花牙絢爛メイカ・エトランゼ》

▶︎《花牙クノイチ・エトランゼ》2体

《花牙潜攻サブマリン・ドゥルガー》

▶︎《花牙シノビ・ガトリング》+《花牙武者のリンドウ》

《花牙武者のリンドウ》は上記全てのカードで蘇生・サルベージすることができ、《花牙クノイチ・エトランゼ》《花牙シノビ・ガトリング》は《花牙悲願》《花牙舞戻り》で蘇生させることができます。

これらのおかげでフュージョン召喚しやすくなっています。

《花牙絢爛メイカ・エトランゼ》は「レベル8以下の植物族モンスター1体を蘇生する効果」により最上級モンスターを複数体展開することで、突破されにくく攻めやすいフィールドの構築。

《花牙潜攻サブマリン・ドゥルガー》は「レベル6以上の相手モンスターを全て破壊する効果」により直接攻撃を行いやすくなります。

どちらも攻めやすくなる効果を持っているため、フュージョン召喚後はこれらを駆使して攻めを加速させていきます。

《花牙悲願》《花牙舞戻り》は《花牙絢爛メイカ・エトランゼ》《花牙潜攻サブマリン・ドゥルガー》を蘇生させることもできるため、破壊された場合でも再び蘇生させられるのもポイントです。

表示形式の変更を駆使することで相手の守りを許さず攻める

このデッキには複数回の攻撃、貫通攻撃を行えるモンスターが採用されていません。また《花牙潜攻サブマリン・ドゥルガー》も表側表示モンスターしか破壊することができません。

そのため相手が裏側表示でモンスターを展開した場合、戦闘ダメージを与えにくくなってしまいます。

そうならないように相手の守備表示モンスターを攻撃表示にできる《花牙僧のミモザ》《花牙祭のジャスミン》を採用しています。

クィーン
クィーン

これで相手が守備表示で展開してきても、問題なく戦闘ダメージを与えていけるわね

どちらも発動条件が異なるだけでほぼ同じ役割で使用することができます。

《花牙踏み》の効果で相手が守備表示になってしまうデメリットも解消することができるので、上手く利用してデュエルを有利に進めましょう。

また《花牙僧のミモザ》は《花牙絢爛メイカ・エトランゼ》の効果で蘇生し、そのまま効果に繋げられるのもポイントです。

まとめ

今回は【メイカエトランゼ】デッキのデッキレシピを紹介しました。

要点をまとめると以下の通りです。

デッキコンセプト
  • このデッキのコンセプトは「墓地肥やしを駆使していち早くフュージョン召喚を行うこと」です。
デッキの回し方
  • 墓地肥やしを駆使してフュージョン召喚の準備をする
  • フュージョン召喚後は蘇生効果とモンスターの破壊を駆使しながら攻める
  • 表示形式の変更を駆使することで相手の守りを許さず攻める
わかはぴ
わかはぴ

強さが墓地の状況に左右されしまうのが欠点ですが、次々と分身するかのように増えていく植物族は使っていて楽しいです!

何よりフィールドで舞う「エトランゼ」が美しく、華やかに彩られるフィールドにテンションも上がりますよ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。