漫画オリジナルカードまとめに新カード追加

【マタニティペイント】感想と手順:イメージは幸せに導く青い鳳凰

わかはぴ
わかはぴ

今回はマタニティペイントを描いきたよーってお話しです!

クィーン
クィーン

えっ!!

もしかしてわかはぴおめでたなの!?

わかはぴ
わかはぴ

いえいえ、私ではありません

今回は私が描く方で、妹が2人目の子どもを妊娠したので、マタニティペイントを施してきました。

マタニティペイントを描く機会ってなかなかないじゃないですか?

そこで今回は記録的な意味も込めて、マタニティペイントを描いた手順や感想をお届けしていきます。

【マタニティペイント】イメージは幸せに導く青い鳳凰

今回、描いたマタニティペイントがこちらです。

生まれてくる子の名前から「幸せに導く青い鳳凰」をイメージしてペイントしました。

青い鳥を描いたのは青い鳥が幸福の象徴であるからで、鳳凰として描いたのは生まれてくる子の名前からです。

花は生まれてくる子がお兄ちゃんやお母さん、お父さんの優しさに包まれ、幸せな気持ちになれたら良いなぁという想いを込め「ハナカタバミ」をモチーフにしました。

ハナカタバミの花言葉は「輝く心」「心の輝き」「喜び」「母親の優しさ」「あなたと過ごしたい」「決してあなたを捨てません」です。

家族の結束力や幸せな家庭が浮かびませんか?

ペイントの仕上げにはお兄ちゃんの手形を押し、生まれてくる子をお兄ちゃんが抱えているようにデザインしました。

マタニティペイントの作成手順

今回のマタニティペイントはお店でのペイントではなく、自宅で行ったセルフのマタニティペイントです。

以下の手順で行い下記のサイトを参考にしました。

  1. ラフを描く
  2. トレーシングペーパーへの転写
  3. ペイント

1.ラフを描く

左の紙、折れ目が目立って申し訳ないのですが、こちらがモチーフを元に構想を練っている最中のイラストです。

ラフとして描き起こす最中に別の案が浮かび、かなり構図が変わりましたが右のイラストになりました。

大まかに色をつけこれでラフが完成です。

2.トレーシングペーパーへの転写

その後はお腹に合わせた大きさの紙に清書し、反転コピーしてトレーシングペーパーに転写しました。

この段階まではいつもいい感じなんですよね。

問題は次のペイントです。

3.ペイント

トレーシングペーパーには鉛筆で転写しているので、濡れティッシュなどで拭いたお腹の上に裏返して置き、その上から濡れティッシュなどで優しく擦り付けることでお腹に転写されます。

そして転写されてイラストの上からペイントしていくのですが、私はこの作業が苦手なんですよね。

マタニティペイントは母体に負担をかけないためにも30分〜1時間で描き終えなくてはいけません。

そのためスピード勝負なんです。

奮闘すること1時間半、30分もオーバーしてしまいましたが、無事描き終えることができました。

実は2回目のマタニティペイント

実はマタニティペイントは2回目なんですよね。

1回目は妹が1人目の子どもを妊娠した時に描きました。

この時は初めてということもあり、3時間くらいペイントに費やしてしまい終盤は焦りながら描いていました。

そのころに比べれば早く描けるようにはなりましたが、まだまだスキルアップが必要ですね。

ちなみにこの時は生まれてくる子の名前から「カランコエ」「リンドウ」という花をモチーフにしました。

マタニティペイントの反省点

見ての通り、一筆書きで文字を書くのが苦手なのですが、もし次回があれば文字はマタニティペイント用のシールを使おうと思いました。

それと毎回の課題ですが、ペイント速度はもっと早くしたいですね。

最後に

今回はマタニティペイントを描いた手順や感想をお届けしました。

実は絵を描くのが好きな私ですが、こうやって絵を描かなくなった今でも活かす機会があるのは嬉しいことですね。

わかはぴ
わかはぴ

もし次回があれば今回の反省点を活かして頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です