漫画オリジナルカードまとめに新カード追加

【友情のカード】託したカードは《フェニックス・ドラゴン》:サイン入りの友情のカードが熱かった!

友情のカードっていいですよね!

代表的なものは原作遊戯王で城之内が遊戯から譲り受けた《時の魔術師》でしょうか。

遊戯王SEVENSでは遊我がルークたちから受け取ったIDカードを使い《超魔機神マグナム・オーバーロード》を召喚していました。

このように仲間から託されたカード、すなわち友情のカードで戦うデュエルってかなり熱いですよね!

今回、Twitterで仲良くしていただいてる方からのお声がけで、私にも友情のカードを託す機会がありました。

そこで今回は私が託した友情のカードについてお話しします。

託したカードは《フェニックス・ドラゴン》

今回、友情のカードに選んだのは《フェニックス・ドラゴン》です。

そこに私のサインと《ハーピィ・レディ》たちのイラストを描きました。

顔も描けばよかったかなぁと思ったのですが、失敗するのが嫌だったので、これで満足です。

ではなぜ友情のカードに《フェニックス・ドラゴン》を選んだのか。

それには《ハーピィ・レディ》が大きく関係しています。

《フェニックス・ドラゴン》を選んだ理由

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

OCGの《ハーピィ・レディ》にはそのサポートカードに》《ハーピィ・レディ-鳳凰の陣-》、ドラゴン族の《ハーピィズ・ペット竜》というカードが存在します。

鳳凰は英語で”Phoenix(フェニックス)”、そして《フェニックス・ドラゴン》はドラゴン族。

そうです!

つまり《フェニックス・ドラゴン》は《ハーピィ・レディ》と関連性が高いんです!(無理矢理)

この私の思考と同じように、お声がけしていただいた方にも勧められ《フェニックス・ドラゴン》に決定しました。

これが私が《フェニックス・ドラゴン》を選んだ理由です。

カードが決まれば次はサインです。

サインは私からの友情のカードということを示す重要なもの。これはめちゃくちゃ練習しました。

めちゃくちゃ練習した

《フェニックス・ドラゴン》へのサインは、サインの他にイラストも描いていいとのことだったので、今回はイラストも描くことにしました。

私といえば「ハーピィ」なので(自分で言ってるだけ)描くイラストはもちろん《ハーピィ・レディ》です。

アニメで《ハーピィ・レディ-鳳凰の陣-》を発動した際、《ハーピィ・レディ》たちが鳳凰に擬態していたので、それをモチーフに、何度もデフォルメを考えて、何度も構図を描き直し、何度も練習しました。

そして完成したのが今回のイラスト、サインです。

喜んでもらえて大満足【貴重な経験をさせてもらった】

めちゃくちゃ練習した甲斐もあり、喜んでいただくことができました。

カードを託す、しかもサイン付きだなんて経験きっとこの先もすることはないと思うので、ほんとに貴重な経験をさせていただいたなと感じました。

相手側からの友情のカードは届くのか。

こちらも届いたらまた記事にさせていただきます。

最後に

今回は私が託した友情のカードについてお話ししました。

私に声をかけてくれた方は、同じように様々な人から譲り受けたカードでデッキを構築し大会で結果を残す方です。

みんなの絆が詰まったカードたちで戦う!

アニメのようで素敵ですよね!

私が託した《フェニックス・ドラゴン》が活躍する日は来るのか!それも楽しみです。

わかはぴ
わかはぴ

イラストを大きく描きすぎて《フェニックス・ドラゴン》よりも《ハーピィ・レディ》たちが目立ってしまったなぁと後になって反省したのは内緒です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です