漫画オリジナルカードまとめに新カード追加

【最強バトルデッキ ガクト】デッキレシピ紹介:デッキ3箱で組めるガクトデッキとおすすめの強化方法を紹介!【遊戯王ラッシュデュエル】

2021年8月21日に「最強バトルデッキ ガクト -魔将参陣-」が発売されます。

中にはデッキをどう扱っていいのかわからないという人もいるではないでしょうか?

そこで同じデッキ3つを使って「ガクト -魔将参陣-」のデッキコンセプトを強調し、より使いやすくしたデッキを構築しました。

今回はそのデッキレシピを紹介していきます。

デッキの回し方(使い方)、おすすめの強化方法なども紹介しているので、「ガクト -魔将参陣-」からラッシュデュエルを始めるという方には特におすすめの記事です。

デッキレシピ

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
  • メインデッキ:40枚

モンスター(32枚)
下級22枚/上級3枚/最上級7枚

《魔将ヤメルーラ》× 3
《魔将キメルーラ》× 3
《魔将セメルーラ》× 1
《魔将分隊 待組》× 2
《魔将分隊 埋組》× 1
《不許始末戦士》× 3
《陰陽士サカカゼ》× 3
《祭神モドリーナ》× 3
《闘将ナンデス》× 2
《セイント・バード》× 3
《伝説の侍将 MASAKI》× 2
《当方は英雄》× 2
《古の守り亀》× 2
《月涙の兎》× 2

魔法カード(4枚)

《大貫通!!》× 2
《『攻撃』封じ》× 2

罠カード(4枚)

《魔将方円舞》× 3
《オジギルド》× 1

デッキコンセプト

制圧型デッキ

「魔将」集結!エース出させぬ「ヤメルーラ」。直接攻撃「キメルーラ」。攻めと守りを自在に切りかえ、バトルを制しマショウ!

遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルデッキ

▲公式のデッキコンセプト

このデッキはこの公式のコンセプトをもとに「表示形式の変更を駆使して《魔将キメルーラ》の直接攻撃を決めること」をコンセプトに構築しました。

《魔将キメルーラ》は相手フィールドに攻撃表示モンスターがいない場合に、直接攻撃できるモンスターです。

相手モンスターを守備表示に変更するカードを駆使することで、効果の発動条件を満たすことができるため、様々なカードを使い発動条件を満たし、直接攻撃を決めていきます。

ではどうやって回すのか。

具体的な回し方は次の項から解説していきます。

デッキの回し方(使い方)

このデッキを使う際は以下の4つの項目を意識して回していきます。

  • 相手モンスターの表示形式を変更して《魔将キメルーラ》の直接攻撃につなげる
  • 《祭神モドリーナ》で「魔将」モンスターを使い回す
  • 相手モンスターをデッキに戻して戦況を有利に運ぶ
  • 《魔将方円舞》で粘り強く戦う

相手モンスターの表示形式を変更して《魔将キメルーラ》の直接攻撃につなげる

このデッキのキーカードである《魔将キメルーラ》。

前述したように相手フィールドに攻撃表示モンスターがいない場合にしか効果を発動できず、直接攻撃することができません。

そのため相手フィールドに攻撃表示モンスターがいる場合は、《『攻撃』封じ》を使い相手モンスターを守備表示にすることで効果の発動条件を満たしていきます。

クィーン
クィーン

直接攻撃を確実に通すためにできれば《不許始末戦士》の効果で、相手の罠カードの発動を封じられればベストね

《魔将ヤメルーラ》は相手の守備表示を誘発できる

このデッキに採用されている《魔将ヤメルーラ》は効果発動後、お互いのレベル7以上のモンスターのアドバンス召喚を封じる効果を持つモンスターです。

この効果によりレベル7以上のモンスターを召喚できなくなった相手は、返しのターンに《魔将ヤメルーラ》からの攻撃で戦闘ダメージを受けないようモンスターをセット(裏側守備表示で召喚)しやすくなります。

そうすることでも《魔将キメルーラ》の効果の発動条件を満たしやすくなります。

《祭神モドリーナ》で「魔将」モンスターを使い回す

前述した2体の「魔将」モンスター《魔将キメルーラ》と《魔将ヤメルーラ》は、自身を召喚したターンにしか効果を発動することができません。

そのため《祭神モドリーナ》の効果で手札に戻してあげることで、再び召喚できるようにし再度の効果発動に繋げていきます。

《魔将ヤメルーラ》による継続的なレベル7以上のモンスターのアドバンス召喚封じ、《魔将キメルーラ》による再度の直接攻撃。

状況に応じて使い分け「魔将」モンスターの効果を使い回していきましょう!

相手モンスターをデッキに戻して戦況を有利に運ぶ

《陰陽士サカカゼ》《オジギルド》を使えば、相手の墓地のモンスターをデッキに戻すことができます。

この時、デッキに戻すモンスターの優先順位を意識することで、戦況を有利に運ぶことに繋がります。

例えば《魔将ヤメルーラ》の効果を継続して発動できている場合は、レベル7以上のモンスターを優先してデッキに戻すことで、レベル7以上のモンスターを相手の手札に溜め込ませることができます。

そして守備力の低いモンスターを優先的に戻せば、貫通効果を付与できる《大貫通!!》を活かしやすくなりますね。

貫通とは

守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える効果のこと。

上記のように墓地のモンスターをデッキに戻す効果は、自分のカードを活かす手助けになりますが、様々なカードの妨害のためにも使うことができます。

例えば相手が攻撃表示モンスターを全て破壊する罠カード《ダーク・リベレイション》を使うデッキの場合は、《ダーク・リベレイション》の「墓地の魔法使い族モンスター4体をデッキに戻して発動できる」という発動条件を満たさせないように、魔法使い族モンスターを優先してデッキに戻します。

このように相手のカードの発動を妨害することができますね。

慣れてきたら相手のデッキを読み的確にモンスターを戻していきましょう!

《魔将方円舞》で粘り強く戦う

《魔将方円舞》は攻撃表示のレベル7以上の戦士族モンスターが相手の攻撃または相手の罠カードの効果で破壊された場合に、《魔将ヤメルーラ》《魔将キメルーラ》《魔将セメルーラ》の内1体を守備表示で蘇生(墓地から特殊召喚)できるカードです。

このカードを駆使すれば「魔将」モンスターをフィールドに維持しやすくなります。

ステータス面で見れば守備力2500の《魔将ヤメルーラ》が蘇生するモンスターとして優秀ですが、自分が持っているカードや相手の状況を見て蘇生するモンスターを選びましょう。

クィーン
クィーン

手札またはフィールドに《祭神モドリーナ》と《『攻撃』封じ》があれば、《魔将キメルーラ》を蘇生してもいいわね

わかはぴ
わかはぴ

《魔将分隊 待組》で墓地から再利用できるのもポイントです!

相手をコントロールし、粘り強く戦いましょう!

おすすめの強化方法

これまで発売したカードを使えばデッキをさらに強化することができます。

そこでおすすめの強化方法もまとめました。

+1ボーナスカードのレジェンドカードで強化

まず最初の強化方法としておすすめなのが、最強バトルデッキを買えば1枚付いてくる+1ボーナスカードでの強化です。

+1ボーナスカードにはレジェンドカードというデッキに1枚しか採用できない代わりに、他のカードより強く作られたカードが収録されています。

5種の中からランダムに封入されていますが、レジェンドカードは1枚入れておいて損はないので、開封したら早速強化に使いましょう!

ちなみに+1ボーナスカードに収録されるレジェンドカードを「ガクト -魔将参陣-」に採用する場合は以下の順でおすすめです!

《死者蘇生》

カードの種類/効果

通常魔法(LEGEND)

【条件】なし
【効果】自分または相手の墓地のモンスター1体を選び、自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。

《死者蘇生》は自分または相手のモンスター1体を蘇生できるカードです。

レベル7以上のモンスターを自分フィールドに用意しやすくなり、墓地にさえいれば状況に応じてモンスターを自由に蘇生することができます。

相手のモンスターも利用できるかなり便利なカードです。

また手札またはフィールドに《祭神モドリーナ》がいれば「魔将」モンスターを蘇生して、再召喚に繋げることも可能です。

《千年の盾》

カードの種類/ステータス

通常モンスター(LEGEND)
レベル5 / 地属性 / 戦士族 / 攻0 / 守3000

古代エジプト王家より伝わるといわれている伝説の盾。どんなに強い攻撃でも防げるという。

《千年の盾》は守備力がかなり高いレベル5の壁モンスターです。

そのままでは攻撃に参加させることはできませんが、《魔将セメルーラ》の効果で特殊召喚すれば攻撃力3000のモンスターとしても使用することができます。

また今回のデッキレシピには採用していない「ガクト -魔将参陣-」収録カードには、攻撃力0のモンスターをサポートできるカードが多数収録されているため、それらと組み合わせることも可能です。

守備力の高さから相手への反射ダメージでの戦闘ダメージを狙うこともできるため、《不許始末戦士》の効果で何度も墓地から再利用してもいいですね。

反射ダメージとは

攻撃モンスターの攻撃力が攻撃対象モンスターの攻撃力や守備力を下回ったときに受けるダメージのこと。

《炸裂装甲》

カードの種類/効果

通常罠(LEGEND)

【条件】相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
【効果】攻撃してきたモンスターを破壊する。

《炸裂装甲》は攻撃してきたモンスターを破壊できるカードです。

攻撃してきたモンスターを破壊することで攻撃を阻止することができ、相手モンスターを破壊した次のターンは相手モンスターが1体減っている分、攻めやすくもなります。

《ブラッド・ヴォルス》

カードの種類/ステータス

通常モンスター(LEGEND)
レベル4 / 闇属性 / 獣戦士族 / 攻1900 / 守1200

悪行の限りを尽くし、それを喜びとしている魔獣人。手にした斧は常に血塗られている。

《ブラッド・ヴォルス》は攻撃力が高いレベル4のアタッカーです。

攻撃力の高さだけでなく、守備力もそこそこあるため+1ボーナスカード収録のレジェンドモンスターの中では表示形式を選ばず使いやすいカードです。

《ホーリー・エルフ》

カードの種類/ステータス

通常モンスター(LEGEND)
レベル4 / 光属性 / 魔法使い族 / 攻800 / 守2000

かよわいエルフだが、聖なる力で身を守りとても守備が高い。

《ホーリー・エルフ》は守備力が高いレベル4の壁モンスターです。

《千年の盾》ほどの守備力はありませんが、その守備力の高さから《千年の盾》と同じような役割で使用することができます。

他のパック・デッキに収録されているカードで強化

他のパック・デッキに収録されているカードを使えばさらに強化することができます。

しかし現在600種類ほどあるカードの中から相性の良いカードを見つけるのは至難の技です。

そこで相性の良いカードをおすすめ順で7枚ピックアップしました。

《シエスタトレーロ》

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル3 / 水属性 / 戦士族 / 攻1200 / 守0

【条件】自分の墓地のモンスター3体をデッキに戻して発動できる。
【効果】相手フィールドの攻撃表示モンスター(レベル8以下)1体を選んで裏側守備表示にする。この効果でモンスターを裏側守備表示にした場合、さらに自分の墓地の「シエスタホールド」1枚を選んで手札に加える事ができる。

《シスタトレーロ》は墓地のモンスター3体をデッキに戻して相手フィールドのモンスター1体を裏側守備表示にできるカードです。

相手モンスターを守備表示にする効果は戦闘サポートの他、《魔将キメルーラ》の発動条件を満たすために使うことができます。

また墓地のモンスターをデッキに戻す発動条件により、モンスターの再利用を行うこともできるようになります。

《ゆるしま仙女》

出典:遊戯王ラッシュデュエル キャラクターパック -ガクト・ロア・ロミン -

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル6 / 風属性 / 天使族 / 攻0 / 守1800

【条件】攻撃表示のこのカードを表側守備表示にして発動できる。
【効果】相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を選んで守備表示にする。この効果で守備表示にしたモンスターの守備力はターン終了時まで600ダウンする。

《ゆるしま仙女》は自分と相手モンスターを守備表示に変更し、守備表示にした相手モンスターの守備力を600ダウンさせることができるカードです。

《シエスタトレーロ》のように戦闘サポートの他、《魔将キメルーラ》の発動条件を満たすために使うこともできます。

相手モンスターを守備表示にした後、戦闘には参加できませんが、攻撃力が0であるため様々カードでサポートすることができます。

《魔将気流》

カードの種類/効果

通常魔法

【条件】手札のモンスター(戦士族)1体を墓地へ送って発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(戦士族/守備力2000以上)1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで、「選んだモンスターの元々の守備力」だけアップする。

《魔将気流》は守備力2000以上の戦士族モンスター1体の攻撃力を、そのモンスターの元々の守備力分アップさせることができるカードです。

2000以上の大幅な攻撃力強化を行うことができ、戦闘をサポートすることができます。

また《魔将分隊 待組》の効果で墓地からの再利用も可能です。

《魔将決闘斬》

カードの種類/効果

通常罠

【条件】自分の表側表示モンスター(戦士族)が攻撃を受ける相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
【効果】攻撃してきたモンスターの攻撃力はターン終了時まで400ダウンする。自分フィールドの表側表示モンスター(レベル8以上/戦士族)がいる場合、さらに相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

《魔将決闘斬》は戦士族モンスターに攻撃したモンスターの攻撃力を400ダウンさせるカードです。

この効果により戦闘をサポートすることができます。

またレベル8以上の戦士族モンスター(このデッキでは「魔将」モンスター)がフィールドにいれば、さらに相手の魔法・罠カードも破壊することができます。

《魔将気流》と同じようにこのカードも《魔将分隊 待組》の効果で墓地から再利用できます。

《鳥呪戦術》

カードの種類/効果

通常魔法

【条件】自分のフィールドに表側表示モンスター(戦士族または鳥獣族)が合計2体以上いる場合に発動できる。
【効果】相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊する。この効果で魔法・罠カードを破壊した場合、さらに自分の墓地のモンスター(レベル8以下/戦士族または鳥獣族)1体を選んでデッキの上に戻すことができる。

《鳥呪戦術》は相手の魔法・罠カードを1枚破壊し、墓地のレベル8以下の戦士族または鳥獣族モンスター1体を墓地からデッキトップ(デッキの上)に戻せるカードです。

魔法・罠カードの破壊は安全な召喚・攻撃に繋がり、墓地のモンスターをデッキトップに戻す効果はモンスターの再利用に繋がります。

次のターンに必要なモンスターをデッキに戻しておくことで、次のターンの戦術も組み立てやすくなりますね。

《弧楽姫ホルン・ワン・ユエ》

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル2 / 風属性 / 戦士族 / 攻500 / 守500

【条件】このカードを召喚したターンに発動できる。
【効果】自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送る。この効果でモンスター(戦士族)が墓地へ送られた場合、さらに自分の墓地の通常モンスター(戦士族)1体を選んで手札に加える事ができる。

《弧楽姫ホルン・ワン・ユエ》はデッキトップから墓地へ送ったカードが戦士族だった場合に、墓地の戦士族・通常モンスター1体のサルベージ(墓地から手札に加えること)ができるカードです。

この効果によりカードの効果発動に必要なカードを手札に加えたり、2体分のモンスターとして活用することができます。

ちなみに採用されているモンスターは戦士族モンスターが多いため、サルベージする効果は比較的発動しやすくなっています。

《マジカルテット・ショック》

カードの種類/効果

通常罠

【条件】相手がモンスター(攻撃力1500以上)を表側表示で特殊召喚した時、自分の墓地の通常モンスター4体をデッキに戻して発動できる。
【効果】相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

《マジカルテット・ショック》は相手が攻撃力1500以上のモンスターを特殊召喚した時に、相手モンスター1体を破壊できるカードです。

特殊召喚に限定された効果ですが、《魔将ヤメルーラ》では封じることができない特殊召喚を止めることができ、《魔将ヤメルーラ》の欠点を補うことができます。

今回は私のおすすめカードをピックアップしましたが、他にもたくさんのカードが存在するので、いろんなカードをみて「これだ!」と思うカードを見つけてみてください。

最後に

今回は「最強バトルデッキ ガクト -魔将参陣-」3つを使ったデッキレシピとおすすめの強化方法を紹介しました。

今回紹介したデッキレシピはほんの一例です。

いろんなカードを試して、自分だけのデッキを構築してみてください!

わかはぴ
わかはぴ

相手の動きをコントロールしてゲームを支配しましょう!

▶︎ わからないことや疑問がありましたらこの記事のコメントまたはわかはぴのTwitterのDMに気軽にお問い合わせください!

こちらもあわせてチェック!

最強バトルデッキ ガクト -魔将参陣-|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です