漫画オリジナルカードまとめに新カード追加

《永冥のフォロール》の使い方と相性の良いカードを解説【遊戯王ラッシュデュエル】

クィーン
クィーン

モンスターを蘇生できるけど攻撃力が低いのが少し気になるわね

どうやって使えば良いカードなのかしら?

永冥
えいめい
のフォロール》の効果を見るとこんなことを感じる人もいると思います。

そこで今回は《永冥のフォロール》の使い方や相性の良いカードを解説していきます。

わかはぴ
わかはぴ

自身の効果でアドバンス召喚のリリース軽減を行える上級モンスター!

使い方や相性の良いカードを知れば【悪魔族】デッキがさらに強力に進化します!

《永冥のフォロール》の使い方

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル6 / 光属性 / 悪魔族 / 攻1600 / 守900

【条件】このカードを召喚したターンに発動できる。
【効果】自分の墓地の通常モンスター(レベル3/悪魔族)1体を選び、自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。

《永冥のフォロール》は以下の用途で使うことができます。

  • 悪魔族モンスターの蘇生
  • 上級アタッカー
  • フュージョン素材

悪魔族モンスターの蘇生するために使う

《永冥のフォロール》は「レベル3・悪魔族・通常モンスター1体を蘇生する効果」を持っています。

この効果によりレベル3・悪魔族・通常モンスターを蘇生するために使うのが基本的な使い方です。

蘇生できるモンスターの範囲は狭いですが、この効果により自身のアドバンス召喚のリリースでのカード消費を補うことができます。

これによりモンスター全体の攻撃力を底上げしやすくなります。

例えば以下の手札のパターンの場合です。

パターン①:手札
  • 《星戦騎ネッソス》(レベル4・攻撃力1500)× 3
  • 《ロイヤルデモンズ・デスドゥーム》(レベル8・攻撃力2500)× 1

この手札で攻撃力の高い盤面を作ろうとした場合、最終的なフィールドは以下のようになります。

パターン①:フィールド
  • 《星戦騎ネッソス》× 1
  • 《ロイヤルデモンズ・デスドゥーム》× 1

攻撃力2500の最上級モンスター1体と攻撃力1500の下級モンスターがいるため、一般的な展開ではありますが、比較的攻撃力の高い盤面が出来上がりましたね。

これでも良いのですが《永冥のフォロール》を活かすことができれば、この盤面をさらに攻撃的にすることができます。

それが以下のパターンの手札の場合です。

パターン②:手札
  • 《星戦騎ネッソス》(レベル4・攻撃力1500)× 1
  • 《聡冥のフォロール》(レベル3・攻撃力1100)× 1
  • 《永冥のフォロール》(レベル6・攻撃力1600)× 1
  • 《ロイヤルデモンズ・デスドゥーム》(レベル8・攻撃力2500)× 1
  1. 《聡冥のフォロール》を召喚
  2. 《聡冥のフォロール》をリリースして《永冥のフォロール》をアドバンス召喚、効果により《聡冥のフォロール》を蘇生
  3. 《星戦騎ネッソス》を召喚
  4. 《聡冥のフォロール》と《星戦騎ネッソス》をリリースし《ロイヤルデモンズ・デスドゥーム》をアドバンス召喚

この手札の場合、最終的なフィールドは以下のようになります。

パターン②:フィールド
  • 《永冥のフォロール》× 1
  • 《ロイヤルデモンズ・デスドゥーム》× 1

パターン①と比較して違いは微々たるものですが、《永冥のフォロール》を活かしている分、相手は下級モンスターでこちらのモンスターを突破できなくなり、複数回攻撃できる最上級モンスターまたは最上級モンスターと上級モンスターを展開しなければ、全てのモンスターを突破できなくなります。

このように《永冥のフォロール》の効果の性質を活かせば、モンスター全体の攻撃力の底上げに繋がりますね。

上級アタッカーとして使えるが少し頼りない

《最強旗獣カノンライノ》の攻撃力は1600と上級アタッカーとして使える攻撃力ではあるものの、上級モンスターの攻撃力の基準値2100を満たしていません。

そのため上級アタッカーとして使えますが、少し頼りないモンスターになっています。

また守備力は900と守備表示では下級モンスターにも一方的に戦闘破壊されてしまう点は要注意ですね。

フュージョン素材として使う

《永冥のフォロール》は以下のモンスターのフュージョン素材としても使うことができます。

  • 《フィアスチュート・フォロール》

《フィスチュート・フォロール》は「悪魔族モンスター1体を蘇生する効果」を持っています。

この効果により少ないカード消費でさらにモンスターを展開しやすくなります。

またもう一方のフュージョン素材《聡冥のフォロール》は、《永冥のフォロール》の効果で蘇生することもできるため、フュージョン召喚の難易度は低くなっています。

以上のことから、フュージョン素材として使うのも有効ですね。

《永冥のフォロール》と相性の良いカード

《永冥のフォロール》を使う上でさらに知っておきたいのが相性の良いカードです。

そこで《永冥のフォロール》とあわせて使いたい相性の良いカードもまとめました。

  • 《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》

《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル8 / 光属性 / 悪魔族 / 攻2500 / 守0

【条件】モンスター(レベル5以上)をリリースしてこのカードを召喚したターンに発動できる。
【効果】相手フィールドのレベルが一番低い表側表示モンスター(レベル8以下)1体を選び、このカードの攻撃力はターン終了時まで、[選んだモンスターの攻撃力]だけアップする。選んだモンスターは破壊される。

《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》は「相手フィールドのレベルが一番低いレベル8以下のモンスター1体を選び、その攻撃力分だけ自身の攻撃力をアップさせ、そのモンスターを破壊する効果」を持つモンスターです。

相手モンスター1体を破壊することができますが、この効果を発動するにはレベル5以上の悪魔族モンスターをリリースしてアドバンス召喚しなければいけません。

そこで《永冥のフォロール》です。

《永冥のフォロール》であれば自身の効果込みで、レベル5以上のモンスターを含むモンスター2体を展開できるため、それらをリリースすることで《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》の効果発動につなげることができます。

レベル5以上のモンスターを含むモンスター2体を展開する場合、通常であればカードを3枚消費することになりますが、《永冥のフォロール》であればカード2枚の消費で展開することができますね。

以上のことから《永冥のフォロール》は《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》と相性がいいと言えます。

▶︎《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》の詳しい使い方

《永冥のフォロール》をサポートできるカードまとめ

ステータスを参照すれば様々なカードで《永冥のフォロール》をサポートすることができます。

現在、専用サポートは存在しないためステータスを参照してサポートできるカードをまとめました。

ステータスを参照してサポート

【レベル6】サポートカードまとめ:レベル6を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【光属性】サポートカードまとめ:光属性を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【悪魔族】サポートカードまとめ:悪魔族を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】

《永冥のフォロール》を素材にするエクストラデッキのモンスター

フュージョンモンスター

《フィアスチュート・フォロール》の使い方と相性の良いカードを解説【遊戯王ラッシュデュエル】

《永冥のフォロール》の効果で蘇生できるモンスター一覧

《永冥のフォロール》の効果で蘇生できるレベル3・悪魔族・通常モンスター。

採用にあたってどんなモンスターを蘇生できるか気になりますよね?

そこで《永冥のフォロール》の効果で蘇生できるレベル3・悪魔族・通常モンスターをまとめました。

レベル3・悪魔族・通常モンスター

  • 《聡冥のフォロール》

《永冥のフォロール》の収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

少しは《永冥のフォロール》を使ってみたくなりましたか?

でも手元にはまだない、パックから当てたいという人のために《永冥のフォロール》の収録情報もあわせて記載しておきます。

よかったら参考にしてください。

収録デッキ

  • 最強バトルデッキ ロア -デモンズロック-(ノーマル)
最強バトルデッキ ロア -デモンズロック-|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

最後に

今回は《永冥のフォロール》の使い方や相性の良いカードを解説しました。

わかはぴ
わかはぴ

フュージョン先共に《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》をサポートすることができますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です