《幻刃奥義-突陥攻事》の使い方と相性の良いカードを解説【遊戯王ラッシュデュエル】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

クィーン
クィーン

自分のモンスターの強化ができるけど、発動条件とレベル7以上の幻竜族・通常モンスターがネックに感じるわ

攻撃力3000以上のモンスターの弱体化って使える機会はあるの?

幻刃奥義
げんばおうぎ
突陥攻事
とっかんこうじ
を見るとこんなことを感じませんか?

どうせ採用するなら有効活用したいですよね。

そこで今回は《幻刃奥義-突陥攻事》の使い方と相性の良いカードを解説していきます。

わかはぴ
わかはぴ

最大1800の攻撃力の差を生み出せるカード!

レベル7以上の幻竜族・通常モンスターを展開する手段を多く採用すれば強く使えそうです!

《幻刃奥義-突陥攻事》の使い方:大幅な強化、弱体化による戦闘サポート

カードの種類/効果

通常魔法

【条件】なし
【効果】自分フィールドの全ての表側表示の通常モンスター(レベル7以上/幻竜族)の攻撃力はターン終了時まで600アップする。その後、相手フィールドの全ての表側表示モンスター(攻撃力3000以上)の攻撃力をターン終了時まで1200ダウンできる。

《幻刃奥義-突陥攻事》は「レベル7以上の幻竜族・通常モンスター全ての攻撃力を600アップし、攻撃力3000以上の相手モンスター全ての攻撃力を1200ダウンさせる効果」を持っています。

この効果によりレベル7以上の幻竜族・通常モンスターの戦闘をサポートするために使うのが基本的な使い方です。

現在、この効果の発動条件になるモンスターは《幻刃破竜ドレイクラッシュ》しかいません。

そのため《幻刃奥義-突陥攻事》を採用する場合、合わせて採用する必要がありますね。

唯一発動条件に対応する《幻刃破竜ドレイクラッシュ》を例にした場合、以下のように戦闘をサポートすることができます。

まず攻撃力2400の《幻刃破竜ドレイクラッシュ》の攻撃力が600アップし、3000になります。これにより攻撃力2900以下のモンスターを戦闘破壊できるようになります。

この強化のみの場合、攻撃力3000以上のモンスターを突破できませんが、相手モンスターの攻撃力が3000以上の場合は更なる弱体化が発生します。

これにより《幻刃破竜ドレイクラッシュ》自身の強化とあわせて攻撃力4100以下のモンスターを突破できるようになりますね。

クィーン
クィーン

《幻刃破竜ドレイクラッシュ》の攻撃力の関係から攻撃力強化だけじゃ相打ちになるってタイミングがないのね

わかはぴ
わかはぴ

突破できる攻撃力4100以下という範囲はマキシマムモンスターも突破できる範囲であるため、幅広く戦闘をサポートできます!

発動条件の重さはあるため、適応機会は少ないですが《幻刃奥義-突陥攻事》による強化・弱体化は条件を満たすモンスター全てに行われます。

そのためレベル7以上の幻竜族・通常モンスターが2体以上いればどちらの攻撃力も600アップしますし、相手モンスターに攻撃力3000以上のモンスターが2体以上いれば、その全てのモンスターの攻撃力が1200ダウンします。

場合によっては役に立つことがあるため、勘違いせずに覚えておきたいポイントですね。

クィーン
クィーン

でもやっぱりこのカードを採用するためにレベル7以上の幻竜族・通常モンスターを採用しないといけないのは気になるわ

発動条件を満たすための構築が一番の課題

前述した通り戦闘をサポートするカードとしては優秀な効果を持っているのですが、発動条件となるレベル7以上の幻竜族・通常モンスターがネックとなっています。

唯一発動条件に対応する《幻刃破竜ドレイクラッシュ》も攻撃力2400と単体では少し頼りないのも問題ですよね。

そのため幻竜族の攻撃力を底上げできる《透幻郷の嶮峻》をサポートしたり、3枚採用しなくてもいいようモンスターを蘇生できるカードを採用するなど、構築段階である程度の工夫が必要です。

クィーン
クィーン

蘇生する手段を増やすなら《幻刃竜ビルド・ドラゴン》や《幻刃復帰》を使うことになるのかな?

わかはぴ
わかはぴ

汎用的なものだと《天の啓示》や《トライアングル・リボーン》なんかも使えそうですね

《幻刃奥義-突陥攻事》と相性の良いカード

《幻刃奥義-突陥攻事》を使う上でさらに知っておきたいのが相性の良いカードです。

そこで《幻刃奥義-突陥攻事》とあわせて使いたい相性の良いカードもまとめました。

  • 《幻刃竜ビルド・ドラゴン》

《幻刃竜ビルド・ドラゴン》

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル8 / 地属性 / 幻竜族 / 攻2500 / 守2000

【条件】自分または相手フィールドに表側表示のフィールド魔法カードがある場合に発動できる。
【効果】自分の墓地の通常モンスター(幻竜族)1体を選び、自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。

《幻刃竜ビルド・ドラゴン》は「幻竜族・通常モンスターを蘇生できる効果」を持つモンスターです。

この効果を利用すれば《幻刃奥義-突陥攻事》の発動条件を満たせるモンスターを蘇生によりフィールドに用意できるようになります。

《幻刃竜ビルド・ドラゴン》はフィールドに維持できれば毎ターン効果を発動することができるため、《幻刃竜ビルド・ドラゴン》や蘇生したモンスターを守りながらターンをまたぐことができれば、レベル7以上の幻竜族・通常モンスターを複数展開しやすくもなりますね。

これにより《幻刃奥義-突陥攻事》の活かしにくい全体強化も活かしやすくなります。

《幻刃竜ビルド・ドラゴン》の効果の発動にはフィールド魔法が必要です。

幻竜族に絞っても攻撃力の底上げができる《透幻郷の嶮峻》、最上級幻竜族のアドバンス召喚をサポートできる《透幻郷の銀嶺》とコンセプトに合わせてサポートしつつ発動条件を満たすことができるため、有効なフィールド魔法を採用しやすいですね。

以上のことから《幻刃奥義-突陥攻事》の発動条件を満たしやすくしてくれる《幻刃竜ビルド・ドラゴン》と《幻刃奥義-突陥攻事》は相性がいいと言えます。

わかはぴ
わかはぴ

《天の啓示》を使えば《幻刃竜ビルド・ドラゴン》1度をフィールドから離れさせ再び展開できるようになるため、同じターン内に2体目のレベル7以上の幻竜族・通常モンスターを展開することも可能になりますよ!

こちらもあわせてチェック!

《幻刃竜ビルド・ドラゴン》の使い方や相性の良いカードを徹底考察【遊戯王ラッシュデュエル】

《幻刃奥義-突陥攻事》の発動条件になるモンスター一覧

《幻刃奥義-突陥攻事》を採用するならあわせて採用する必要があるレベル7以上の幻竜族・通常モンスター。

採用にあたってどんなモンスターがいるのか気になりますよね?

そこで《幻刃奥義-突陥攻事》の発動条件になるレベル7以上の幻竜族・通常モンスターをまとめました。

レベル7以上の幻竜族・通常モンスター

《幻刃奥義-突陥攻事》の収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

少しは《幻刃奥義-突陥攻事》を使ってみたいという気持ちになりましたか?

でも手元にはまだない、パックから当てたいという人のために《幻刃奥義-突陥攻事》の収録情報もあわせて記載しておきます。

よかったら参考にしてください。

収録パック

  • マキシマム超絶進化パック(レア)
マキシマム超絶進化パック|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

最後に

今回は《幻刃奥義-突陥攻事》の使い方や相性の良いカードを解説しました。

発動条件が少しネックですが、広い範囲の戦闘サポートはやはり魅力ですね。

わかはぴ
わかはぴ

マキシマム対策にもなりますし、使いこなせればデッキの対応力を上げることができそうな1枚です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です