【カードスリーブの種類】使用感・質感を変える3種類のカードスリーブについて解説!

カードスリーブには「マット加工」「エンボス加工」などと表記されているスリーブがあります。

これらが表記されたスリーブには使用感や質感を変える役割があるのですが、カードスリーブに詳しくない人からすれば「何が違うのか」「何を選べば良いのか」がわからないですよね。

そこで今回は使用感・質感を変える3種類のカードスリーブについて解説していきます。

わかはぴ
わかはぴ

光の反射具合やシャッフルのしやすさなど選ぶスリーブによって調整することができるため、3種類のスリーブの特徴を知って自分好みの加工を見つけましょう!

使用感・質感を変える3種類のカードスリーブ

使用感・質感を変えるカードスリーブには「無加工」「マット加工」「エンボス加工」の3種類あります。

使用感・質感を変えるスリーブであるため、「インナースリーブ」や「キャラクタースリーブ」など他のスリーブを全て装着した後に装着するスリーブです。

クリアタイプ、無地タイプのものが存在し、クリアタイプのスリーブはキャラクタースリーブのイラストにも影響を与えます。

それぞれの特徴を解説していきます。

無加工スリーブ

特徴
  • ツルツルとした質感
  • クリアタイプを使用した場合でも、キャラクタースリーブのイラストに影響を与えない
  • 傷が目立ちやすい

無加工スリーブは、使用感・質感に影響を与える加工がされていないスリーブのことです。

ツルツルとした質感が特徴になっています。

加工がされてないため光が反射しやすく、傷が少し目立ちやすいのがデメリットです。

クリアタイプの無加工スリーブは、キャラクタースリーブのイラストに影響を与えず、イラストに施された光沢などの加工をそのまま活かすことができます。

クリアタイプの無加工スリーブは「ブロッコリー スリーブプロテクター S」がおすすめです。

裂けにくく反りにくい加工がスリーブの縁に施されており、長く使いやすくなっています。

スリーブのサイズに注意!

この記事で紹介しているスリーブは、ラッシュデュエルの公式スリーブ(63mm × 90mm)の上に装着できるスリーブです。購入の際はサイズに気をつけて購入してください。

無地タイプの無加工スリーブは、あまりおすすめしませんが安価なものが多く、買いやすくなっているので気になる人は購入してみてください。

マット加工スリーブ

特徴
  • サラサラとした質感
  • 光が反射しにくい
  • シャッフルしやすい
  • クリアタイプを使用した場合、キャラクタースリーブのイラストの光沢を抑え、印象が柔らかくなる

マット加工スリーブは、光が反射しにくいよう加工されたスリーブのことです。

サラサラとした質感が特徴で、カード同士がくっつきにくくなっているためシャッフルしやすくなっています。

マット加工スリーブはクリアタイプのものしか存在せず、キャラクタースリーブのイラストの光沢を抑え、印象を柔らかくすることができます。

マット加工スリーブは「ブロッコリー スリーブプロテクター マット&クリア S」がおすすめです。

無加工のものと同じく裂けにくく反りにくい加工がスリーブの縁に施されており、こちらも長く使いやすくなっています。

エンボス加工スリーブ

特徴
  • デコボコとした質感
  • 光に反射しにくい
  • シャッフルしやすい
  • クリアタイプを使用した場合、キャラクタースリーブのイラストの光沢が少し抑えられる

エンボス加工スリーブは、表面がデコボコになるよう加工されたスリーブのことです。

デコボコとした質感が特徴で、カード同士がくっつきにくくなっているため、最もシャッフルしやすい加工になっています。

ちなみにデコボコは均一に浅く施されており、違和感のある質感ではありません。

クリアタイプのエンボス加工スリーブはキャラクタースリーブのイラストの光沢を少し抑えることができます。

マット加工に似た特徴をしていますが、マット加工よりシャッフルしやすく、光の反射はマット加工ほど抑えることができません。

クリアタイプのエンボス加工スリーブは「ブロッコリー スリーブプロテクター エンボス&クリア S」がおすすめです。

こちらもこれまでと同じように裂けにくく反りにくい加工がスリーブの縁に施されています。

無地スリーブはエンボス加工のものが多く販売されています。

代表的なスリーブは「Ultimate Guard Katana スリーブ」「ウルトラプロ デッキプロテクタースリーブ」の2種です。

どちらもシャッフルのしやすさに定評があり、カラーバリエーションも豊富になっています。

無地スリーブはインナースリーブの上に装着して使用します。

そのためラッシュデュエルの公式スリーブ(63mm × 90mm)と同じサイズになっています。

3種類のスリーブの光の反射の強さを比較

少し分かりにくいですが3種類のスリーブに光を強く当てて撮影しました。

前述したようにマット加工のものは光を強く当てても反射が少なく、キャラクタースリーブのイラストがはっきり見えます。

一方、無加工のものは大きく光を反射しているため、キャラクタースリーブのイラストがはっきり見えなくなっていますね。

エンボス加工の光の反射は無加工とマット加工の間という感じです。

これは光を強く当てた例ですが、マット加工、エンボス加工、無加工の順で光の反射に強いことがわかりますね。

わかはぴ
わかはぴ

リモートでのデュエルや、撮影してのデュエルで光の反射が気になる人は、マット加工のものを選ぶと光の反射を軽減することができますよ!

まとめ

今回は使用感・質感を変える3種類のカードスリーブについて解説しました。

まとめるとこんな感じです。

無加工スリーブの特徴
  • ツルツルとした質感
  • クリアタイプを使用した場合でも、キャラクタースリーブのイラストに影響を与えない
  • 傷が目立ちやすい
マット加工スリーブの特徴
  • サラサラとした質感
  • 光が反射しにくい
  • シャッフルしやすい
  • クリアタイプを使用した場合、キャラクタースリーブのイラストの光沢を抑え、印象が柔らかくなる

エンボス加工スリーブの特徴
  • デコボコとした質感
  • 光に反射しにくい
  • シャッフルしやすい
  • クリアタイプを使用した場合、キャラクタースリーブのイラストの光沢が少し抑えられる

スリーブの加工の特徴がわかればもうスリーブ選びには悩みませんね!

わかはぴ
わかはぴ

ちなみに私はサラサラ感が好きで、マット加工を愛用してます!

こちらもあわせてチェック!

【遊戯王ラッシュデュエル】スリーブのイラストを活かしたい人のためにおすすめのスリーブ構成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。