漫画オリジナルカードまとめに新カード追加

《ドラゴンズ・キックベース・マスター》の使い方と相性の良いカードを解説【遊戯王ラッシュデュエル】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

クィーン
クィーン

魔法・罠カードを破壊できるモンスターだけど、発動条件に別のモンスターが必要なのはちょっと辛そうね

どんな使い方ができるのかしら?

《ドラゴンズ・キックベース・マスター》の効果を見るとこんなことを感じる人もいると思います。

そこで今回は《ドラゴンズ・キックベース・マスター》の使い方や相性の良いカードを解説していきます。

わかはぴ
わかはぴ

魔法・罠カードを破壊できるフュージョンモンスター!

上手く活用すれば、エクストラデッキから魔法・罠カードを破壊する手段を用意することにつながります!

《ドラゴンズ・キックベース・マスター》の使い方

カードの種類/ステータス/効果

フュージョン / 効果モンスター
レベル7 / 闇属性 / ドラゴン族 / 攻2300 / 守200

「ドラゴンズ・アップセッター」+「ドラゴンズ・ストライカー」
【条件】自分の墓地の「ドラゴンズ・セットアッパー」または「ドラゴンズ・ディフェンダー」1体をデッキに戻して発動できる。
【効果】相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊する。

《ドラゴンズ・キックベース・マスター》は以下の用途で使うことができます。

  • 魔法・罠カードの破壊
  • 最上級アタッカー

魔法・罠カードを破壊するために使う

《ドラゴンズ・キックベース・マスター》は「相手フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊する効果」を持っています。

この効果により相手の魔法・罠カードを破壊するために使うのが基本的な使い方です。

ただ単純に破壊するだけの効果ですが、発動タイミングにより、以下のように相手の魔法・罠カードをケアすることができます。

  • 召喚・特殊召喚に反応する罠カードをケア
  • バトルフェイズに有効な罠カードをケア
  • フィールド魔法による効果をケア
  • 次の相手ターンにセットされた魔法カードを発動されるのをケア

召喚・特殊召喚に反応する罠カードをケア

モンスターの召喚・特殊召喚を行う前に相手の魔法・罠カードを破壊すれば、《ジュエリーの落とし穴》のような召喚・特殊召喚に反応する罠カードをケアすることができます。

例えば相手フィールドに「相手が攻撃力1000以上のモンスターを召喚した時、そのモンスターを破壊する効果」を持つ《落とし穴》がセットされている場合、こちらが最上級モンスターを召喚した際に、《落とし穴》の効果で破壊されてしまうリスクがあります。

そのため「魔法・罠カードを破壊する効果」であらかじめ破壊しておけば、《落とし穴》で受ける被害をケアすることができますね。

しかしこれを行うには《ドラゴンズ・キックベース・マスター》をフュージョン召喚しなくてはいけません。

そのため《ドラゴンズ・キックベース・マスター》をフュージョン召喚するまでの召喚・特殊召喚に反応する罠カードのケアは、性質上できなくなっています。

《ドラゴンズ・キックベース・マスター》を維持することで、メインフェイズの始めに相手の魔法・罠カードを破壊してから動くことができるので、他のカードで守るのも有効ですね。

残りの魔法・罠カードのケアについては《マジカル・ストリーム》の記事で解説していますので、詳しくはそちらを参照してください。

  • バトルフェイズに有効な罠カードをケア
  • フィールド魔法による効果をケア
  • 次の相手ターンにセットされた魔法カードを発動されるのをケア

▶︎ 残りの魔法・罠カードのケアについてチェック!

効果の発動には別のモンスターを用意する必要がある

《ドラゴンズ・キックベース・マスター》の効果を発動するには《ドラゴンズ・セットアッパー》または《ドラゴンズ・ディフェンダー》が必要です。

《ドラゴンズ・セットアッパー》はフュージョン素材である《ドラゴンズ・アップセッター》と蘇生しあう関係にありフュージョン召喚のサポートとしても使うことができます。

そのため《ドラゴンズ・セットアッパー》をあわせて採用するのがおすすめです!

《ドラゴンズ・アップセッター》または《ドラゴンズ・セットアッパー》の効果を発動してからフュージョン召喚すれば、フィールドに《ドラゴンズ・セットアッパー》が残ります。

手札の下級モンスターを召喚し、最上級モンスターのアドバンス召喚に繋げれば、より強力な盤面を作り出しやすくなりますね!

わかはぴ
わかはぴ

自身以外のレベル7以上のドラゴン族モンスターがいる場合に「相手フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊する効果」を発動できる《ドラゴニック・スレイヤー》を召喚すれば、さらに魔法・罠カードを破壊することができますね!

最上級アタッカーとして使えるが少し頼りない

《ドラゴンズ・キックベース・マスター》の攻撃力は2300と最上級アタッカーとして使うこともできます。

しかし2300という数値は最上級モンスターの攻撃力の基準値2500を満たしていません。

そのため最上級アタッカーとして使えるも少し頼りないモンスターになっています。

また守備力は200と低く、表示形式の変更に弱くなっています。

《ドラゴンズ・キックベース・マスター》と相性の良いカード

《ドラゴンズ・キックベース・マスター》を使う上でさらに知っておきたいのが相性の良いカードです。

そこで《ドラゴンズ・キックベース・マスター》とあわせて使いたい相性の良いカードもまとめました。

  • 《死者蘇生》

死者蘇生

カードの種類/効果

通常魔法(LEGEND)

【条件】なし
【効果】自分または相手の墓地のモンスター1体を選び、自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。

《死者蘇生》は「自分または相手のモンスター1体を蘇生させる効果」を持つ魔法カードです。

この効果により自分フィールドに足りない《ドラゴンズ・キックベース・マスター》のフュージョン素材モンスターを蘇生することができるため、フュージョン召喚につなげやすくなります。

また《ドラゴンズ・キックベース・マスター》をすでにフュージョン召喚した後に引いた場合は、墓地へ送られた《ドラゴンズ・キックベース・マスター》の蘇生手段としても使うことができますね。

《ドラゴンズ・キックベース・マスター》のフュージョン素材である《ドラゴンズ・アップセッター》は《ドラゴンズ・セットアッパー》を蘇生する効果を持っています。

そのためフュージョン素材を揃えるついでにモンスターを供給することも可能になりますね。

以上のことから《ドラゴンズ・キックベース・マスター》のフュージョン召喚及び破壊された後のケアもできる《死者蘇生》は相性の良いカードと言えます。

▶︎《死者蘇生》の詳しい使い方

《ドラゴンズ・キックベース・マスター》をサポートできるカードまとめ

ステータスを参照すれば様々なカードで《ドラゴンズ・キックベース・マスター》をサポートすることができます。

現在、専用サポートは存在しないためステータスを参照してサポートできるカードをまとめました。

ステータスを参照してサポート

【フュージョンモンスター】サポートカードまとめ:フュージョンモンスターを展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【レベル7】サポートカードまとめ:レベル7を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【闇属性】サポートカードまとめ:闇属性を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【ドラゴン族】サポートカードまとめ:ドラゴン族を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】

《ドラゴンズ・キックベース・マスター》の収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

少しは《ドラゴンズ・キックベース・マスター》を使ってみたくなりましたか?

でも手元にはまだない、パックから当てたいという人のために《ドラゴンズ・キックベース・マスター》の収録情報もあわせて記載しておきます。

よかったら参考にしてください。

収録パック

  • エクストラ超越強化パック(レア)
エクストラ超越強化パック|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

最後に

今回は《ドラゴンズ・キックベース・マスター》の使い方や相性の良いカードを解説しました。

わかはぴ
わかはぴ

野球+サッカー=キックベースって発想で、まさかの2体がフュージョンしましたね!

《ドラゴンズ・セットアッパー》と《ドラゴンズ・ディフェンダー》のフュージョン召喚にも期待です!

こちらもあわせてチェック!

フュージョンモンスターの使い方【ラッシュデュエルのルール解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です