漫画オリジナルカードまとめに新カード追加

《メタリオン・ヴリトラスター》の使い方と相性の良いカードを解説【遊戯王ラッシュデュエル】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

クィーン
クィーン

相手モンスターの表示形式を変更する効果とドラゴン族モンスターを破壊する効果を持つモンスターね!

攻撃力・守備力も高いし強そうだけどさらに強く使う使い方とかはあるのかしら?

《メタリオン・ヴリトラスター》を見るとこんなことを感じませんか?

そこで今回は《メタリオン・ヴリトラスター》の使い方と相性の良いカードを解説していきます。

わかはぴ
わかはぴ

汎用効果とメタ効果を併せ持つ「メタリオン」フュージョンモンスターの1体!

相性の良いカードを駆使して存分に効果を発揮しましょう!

メタとは

戦略的に優位に立つこと。
特定のデッキ、カードへの対策を行うことで戦況を有利に運べる手段のことを指し、それらのデッキ、カードのことをメタデッキ、メタカードと呼びます。

《メタリオン・ヴリトラスター》の使い方

カードの種類/ステータス/効果

フュージョン / 効果モンスター
レベル9 / 光属性 / サイボーグ族 / 攻2800 / 守2500

「イマジナリー・アクター」+「サーペインター」
【条件】なし
【選択効果】●相手フィールドのモンスター1体を選んで表側攻撃表示または裏側守備表示にする。●相手フィールドの表側表示モンスター(ドラゴン族)を[自分フィールドの表側表示モンスター(サイボーグ族)の数]まで選んで破壊する。

《メタリオン・ヴリトラスター》は以下の用途で使うことができます。

  • 表示形式の変更による戦闘サポート
  • 表示形式の変更による永続効果の無力化
  • モンスターの破壊
  • 最上級アタッカー

表示形式の変更により戦闘をサポートするために使う

《メタリオン・ヴリトラスター》は「相手モンスター1体の表示形式を表側攻撃表示または裏側守備表示に変更する効果」を持っています。

この効果により戦闘をサポートするために使うのが基本的な使い方です。

これにより攻撃力の高いモンスターは守備表示に、守備力の高いモンスターは攻撃表示にすることで、戦闘破壊しやすくなります。

また相手モンスターが守備表示であれば、攻撃表示にすることで戦闘ダメージを与えられるようにもなりますね。

裏側守備表示への変更により永続効果の無力化のために使う

《メタリオン・ヴリトラスター》の「相手モンスター1体の表示形式を表側攻撃表示または裏側守備表示に変更する効果」は裏側守備表示にする性質上、永続効果や表側表示の間に適用される効果を無力化するためにも使うことができます。

例を挙げると《人造人間-サイコ・ショッカー》や《魔将ヤメルーラ》などです。

《人造人間-サイコ・ショッカー》は罠カードの発動・効果を無効にする永続効果。《魔将ヤメルーラ》は表側表示で存在する間、レベル7以上のモンスターのアドバンス召喚を封じる効果を持っています。

《人造人間-サイコ・ショッカー》を裏側守備表示にした場合は罠カードが発動できるようになり、《魔将ヤメルーラ》を裏側守備表示にした場合はレベル7以上のモンスターをアドバンス召喚できるようになります。

これはほんの一例ですが、以上のように裏側守備表示に変更することで、永続効果や表側表示の間に適用される効果を無力化させるために使うことができますね。

永続効果を持つモンスターは表側表示になった途端、再び効果が適用されます。

そのため裏側守備表示にしたモンスターに攻撃する場合はその点も要注意です。

裏側守備表示への変更は一部のカードの発動・効果を封じることにもつながる

裏側守備表示にする効果は表側表示のモンスターを参照にするカードの発動・効果を封じるためにも使うことができます。

例を挙げると以下のようなカードです。

  • 表側表示のモンスターがいる場合に発動できるカード
  • 表側表示のモンスターに効果を付与するカード

「表側表示のモンスターがいる場合に発動できるカード」は《サイコの落とし穴》や《獣機界奥義 獣之拳》などですね。

前者はサイキック族モンスターが2体以上、後者はレベル7〜9の獣戦士族・悪魔族・機械族モンスターがいる場合に発動できるカードです。

発動条件となるモンスターを裏側表示にし、それらのカードの発動条件を満たせなくすることで発動を封じることができます。

「表側表示のモンスターに効果を付与するカード」は《ロイヤルデモンズ・ライブアリーナ》などですね。

《ロイヤルデモンズ・ライブアリーナ》は光属性・悪魔族モンスターに罠カードに対する破壊耐性を付与するカードです。

裏側表示のモンスターには効果が適用されないため、効果が適用されているモンスターを裏側表示にすることで、そのモンスターが裏側表示の間は罠カードの効果で破壊できるようになります。

以上のようにモンスターを裏側表示にすることで一部のカードの発動・効果を封じることができます。

デュエルをより有利に進めやすくなるため、《メタリオン・ヴリトラスター》を採用する場合は覚えておきたいですね。

クィーン
クィーン

相手が表側守備表示であっても裏側守備表示にできるのもポイントね!

ドラゴン族モンスターの破壊のために使う

《メタリオン・ヴリトラスター》は「相手フィールドのドラゴン族モンスターを自分フィールドのサイボーグ族モンスターの数まで破壊する効果」を持っています。

このドラゴン族モンスターに対するメタ効果により、ドラゴン族モンスター相手には強く使うことができます。

《メタリオン・ヴリトラスター》がサイボーグ族であるため、最低でも1体は破壊することができますが、フュージョン召喚を経由しなければ展開できないサイボーグ族モンスターを2体以上の展開するハードルは高くなっています。

そのため複数のドラゴン族モンスターを破壊したい場合は、2回目以降のフュージョン召喚や《虚鋼演機再動》などによるサイボーグ族モンスターの維持を駆使して複数体のサイボーグ族モンスターを展開したいですね。

攻撃力の高さを活かし最上級アタッカーとして使う

《メタリオン・ヴリトラスター》の攻撃力は2800と最上級モンスターの攻撃力の基準値2500を満たしています。

そのため最上級アタッカーとしても使うことができます。

攻撃力が2600以上であるモンスターを突破するには攻撃力の強化・弱体化や表示形式の変更など、ひと手間加えなければ突破することができません。

これは場持ちの良さにつながる大きな強みですね。

守備力も2500と表示形式の変更にも強く、攻撃表示・守備表示問わず使いやすいモンスターになっています。

わかはぴ
わかはぴ

相手の罠カードに対する破壊耐性を付与し、光属性モンスター以外の攻撃力・守備力を弱体化させられるフィールド魔法《虚鋼演機塔》を併用すればさらに戦闘に強くなり場持ちもよくなりますよ!

《メタリオン・ヴリトラスター》と相性の良いカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《メタリオン・ヴリトラスター》を使う上でさらに知っておきたいのが相性の良いカードです。

そこで《メタリオン・ヴリトラスター》とあわせて使いたい相性の良いカードもまとめました。

  • 《虚鋼演機乱流》
  • 《TCB》

《虚鋼演機乱流》

カードの種類/効果

通常罠

【条件】自分の墓地に通常モンスター(光属性/守備力500)がいる場合、相手がモンスターを召喚・特殊召喚した時に発動できる。
【効果】自分フィールドの攻撃表示モンスター(レベル8以上/光属性)1体を選んで表側守備表示にする。その後、自分の墓地にいる通常モンスターと同じ種族を持つ相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んで破壊できる。

《虚鋼演機乱流》は「自分フィールドの攻撃表示のレベル8以上の光属性モンスターを守備表示にし、自分の墓地の通常モンスターと同じ種族を持つ相手モンスター1体を破壊する効果」を持つ罠カードです。

自分の墓地の状況に左右されますが、この効果により相手モンスター1体を破壊することができます。

またレベル8以上の光属性モンスターを守備表示にしなければいけませんが、守備力の高い《メタリオン・ヴリトラスター》であれば、大きなデメリットにはなりませんね。

そして効果の発動条件となる守備力500の光属性モンスターは、《メタリオン・ヴリトラスター》のフュージョン素材となるモンスターで満たすことができ、参照する墓地の通常モンスターから機械族・ドラゴン族モンスターは破壊することができます。

以上のことから《メタリオン・ヴリトラスター》及びそのフュージョン素材モンスターを有効活用できる《虚鋼演機乱流》は相性が良いと言えますね。

《TCB》

カードの種類/効果

通常魔法

【条件】手札のモンスター1体を相手に見せて発動できる。
【効果】自分または相手フィールドの表側表示モンスターを合計3体まで選ぶ。このターン、そのモンスターの種族をこの効果の条件で見せたモンスターと同じ種族にする。

《TCB》は「モンスター3体までの種族を手札から見せたモンスターの種族に変更する効果」を持つ魔法カードです。

この効果により相手モンスターをドラゴン族に変更できるため、相手モンスターの種族に関わらず《メタリオン・ヴリトラスター》の「相手フィールドのドラゴン族モンスターを自分フィールドのサイボーグ族モンスターの数まで破壊する効果」で破壊できるようになります。

相手モンスターをドラゴン族に変更するにはドラゴン族モンスターが必要です。

しかし《メタリオン・ヴリトラスター》のフュージョン素材《サーペインター》がドラゴン族であるため、この点も問題ありません。

以上のことから《メタリオン・ヴリトラスター》のフュージョン素材を駆使してその効果をサポートできる《TCB》は相性が良いと言えますね。

わかはぴ
わかはぴ

フュージョン召喚の前に《サーペインター》を見せれば、無理なく《メタリオン・ヴリトラスター》のドラゴン族モンスターに対するメタ効果につなげることができます

詳しくはこちらをチェック!

《TCB》の使い方と相性の良いカードを解説【遊戯王ラッシュデュエル】

《メタリオン・ヴリトラスター》をサポートできるカードまとめ

ステータスを参照すれば様々なカードで《メタリオン・ヴリトラスター》をサポートすることができます。

現在、専用サポートは存在しないためステータスを参照してサポートできるカードをまとめました。

ステータスを参照してサポート

【フュージョンモンスター】サポートカードまとめ:フュージョンモンスターを展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【レベル9】サポートカードまとめ:レベル9を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【光属性】サポートカードまとめ:光属性を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【サイボーグ族】サポートカードまとめ:サイボーグ族を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】

《メタリオン・ヴリトラスター》の収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

少しは《メタリオン・ヴリトラスター》を使ってみたくなりましたか?

でも手元にはまだない、パックから当てたいという人のために《メタリオン・ヴリトラスター》の収録情報もあわせて記載しておきます。

よかったら参考にしてください。

収録パック

  • エクストラ超越強化パック(ラッシュレア、ウルトラレア)
エクストラ超越強化パック|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

プロモーションカード

  • エクストラ超越強化パック 超越7777トレジャーキャンペーン(ラッシュレア SPECIAL RED Ver.)
キャンペーンカード|プロモーションカードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

最後に

今回は《メタリオン・ヴリトラスター》の使い方や相性の良いカードを解説しました。

わかはぴ
わかはぴ

ドラゴン族モンスターに対するメタ効果を無理して使わなくても強く使えるため、他の「メタリオン」フュージョンモンスターと併用してデッキの対応力を高めたいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です