漫画オリジナルカードまとめに新カード追加

《スターダムライト》の使い方と相性の良いカードを解説【遊戯王ラッシュデュエル】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

クィーン
クィーン

手札のサイキック族モンスターを特殊召喚できる効果だけどどう使えばいいの?

サイキック族サポートには似たようなカードも存在するし、それとの違いも知りたいわ

《スターダムライト》を見るとこんなことを感じませんか?

そこで今回は《スターダムライト》の使い方と相性の良いカードを解説していきます。

わかはぴ
わかはぴ

手札のサイキック族を特殊召喚できるカード!

カード消費的には最上級モンスターを特殊召喚しても消費が変わらないため、その辺りを補えるように使っていきたいところです!

《スターダムライト》の使い方

カードの種類/効果

通常魔法

【条件】自分フィールドの表側表示の通常モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
【効果】手札のモンスター(サイキック族)1体を自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。この効果の条件でモンスター(レベル2以下)を墓地へ送った場合、さらに自分は1000LP回復する。

《スターダムライト》は以下の用途で使うことができます。

  • 特殊召喚によるモンスターの展開
  • ライフポイントの回復

それぞれ解説していきます。

特殊召喚によりモンスターを展開するために使う

《スターダムライト》は「自分フィールドの通常族モンスター1体をコストに、サイキック族モンスター1体を手札から特殊召喚する効果」を持っています。

この効果によりサイキック族を特殊召喚により展開するために使うのが基本的な使い方です。

レベル問わずに特殊召喚できるため、最上級モンスターを特殊召喚するのが理想です。

最上級モンスターを特殊召喚するのが理想のカードですが、コストとなるモンスターを含めて2枚のカードを消費しているため、カードの消費量は最上級モンスターをアドバンス召喚するのと変わりません。

ですが通常召喚を封じられている状況でもモンスターを展開できるようになるのは、このカードの強みですね。

わかはぴ
わかはぴ

特殊召喚できる範囲が広いためレベル問わず、守備表示で特殊召喚したいモンスターを展開するために使っても良いですね

最上級モンスター3体の展開にもつながる

《スターダムライト》はフィールドのモンスター1体をコストにモンスターを特殊召喚できるカードです。

そのため最上級モンスター2体とサイキック族モンスター1体がいる状況で発動すれば、3体目の最上級モンスターを展開することにつながります。

通常召喚のみでで3体目の最上級モンスターを展開するのは、サポートカードなしでは不可能なため、それができるようになるのも《スターダムライト》の強みですね。

ライフポイントを回復するために使う

《スターダムライト》の発動にレベル2以下の通常モンスターを使用した場合、ライフポイントが1000回復します。

ライフポイントの回復であるため、基本的にはデュエルの延滞・ライフコストのケアなどにしかつながりませんが、発動しておいて損はない効果ですね。

効果の適用にはレベル2以下の通常モンスターが必要ですが、レベル2以下の通常モンスター自体はサポート手段が多く、サルベージ・蘇生手段も多いためそれらを活用してライフポイントの回復を行いやすくするのも有効です。

類似した効果を持つカードと比較

自分フィールドのモンスターをコストにサイキック族1体を手札から特殊召喚できる《スターダムライト》ですが、類似した効果を持つカードも存在します。

そこでそれらのカードの違いを表にまとめました。

カード名特殊召喚できるモンスター効果のコスト追加効果追加効果の適用条件
《スターダムライト》サイキック族1体通常モンスター1000LP回復レベル2以下のモンスターをコストにする
《JAM:Pアップ!》レベル7・サイキック族1体サイキック族モンスター攻撃力1500アップ《CAN:D》をコストにする

比べてみるとそれぞれで違いは大きいのでコスト・特殊召喚したいモンスターの幅、取り入れたい追加効果によって、どちらを採用するか選択するのがおすすめです。

クィーン
クィーン

サイキック族以外のモンスターを組み合わせたい場合は《スターダムライト》

攻撃力の強化を優先したい場合やサイキック族の比率が多いデッキには《JAM:Pアップ!》って感じね

《スターダムライト》と相性の良いカード

《スターダムライト》を使う上でさらに知っておきたいのが相性の良いカードです。

そこで《スターダムライト》とあわせて使いたい相性の良いカードもまとめました。

  • 《ベリーシスト》
  • 《花牙美人のゲッカ》+《CAN-Re:D》

《ベリーシスト》

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル6 / 闇属性 / サイキック族 / 攻1600 / 守0

【条件】自分フィールドにこのカード以外の表側表示モンスター(サイキック族)がいる場合、500LPを払って発動できる。
【効果】自分の墓地の通常モンスター(レベル2/サイキック族)1体を選び、自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。

《ベリーシスト》は「500のライフコストでレベル2・サイキック族・通常モンスター1体を蘇生する効果」を持つモンスターです。

この効果により《スターダムライト》の効果の発動条件になり、ライフポイントを1000回復させる追加効果を適用できるモンスターを用意できるようになります。

ライフポイントが1000回復すれば、《ベリーシスト》の効果発動に払ったライフコストもケアすることができますね。

以上のことからお互いに効果を補完し合える《ベリーシスト》と《スターダムライト》は相性が良いと言えますね。

《花牙美人のゲッカ》+《CAN-Re:D》

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル4 / 地属性 / 植物族 / 攻0 / 守1300

【条件】このカードを召喚したターンに、500LP払って発動できる。
【効果】自分の墓地の通常モンスター(地属性/植物族)1体を選んで手札に加える。

《花牙美人のゲッカ》は「地属性・植物族・通常モンスター1体をサルベージする効果」を持ち、《CAN-Re:D》は「攻撃力500以下の自分のモンスター1体を手札に戻す効果」を持つモンスターです。

まず《花牙美人のゲッカ》の効果で《スターダムライト》の効果の発動条件になり、ライフポイントを1000回復させる追加効果を適用できるモンスターを用意することができます。

その後《スターダムライト》の効果で《CAN-Re:D》を特殊召喚すれば、《CAN-Re:D》の効果により《花牙美人のゲッカ》を手札に戻し、再び効果を発動できる状態につなげることができます。

《花牙美人のゲッカ》の効果を2回発動すればコストにより合計1000ライフポイントを払うことになりますが、《スターダムライト》の効果により1000回復するため、ライフコストも補うことができますね。

以上のことから、それぞれがお互いの効果を補完しあえる《花牙美人のゲッカ》《CAN-Re:D》《スターダムライト》は相性が良いカードと言えます。

わかはぴ
わかはぴ

この組み合わせ以外でも、通常モンスターをサルベージできる攻撃力500以下のモンスターであれば同じことを行うことができるので、探してみても面白いですね!

こちらもあわせてチェック!

《花牙美人のゲッカ》の使い方と相性の良いカードを解説【遊戯王ラッシュデュエル】 《CAN-Re:D》の使い方と相性の良いカードを解説【遊戯王ラッシュデュエル】

《スターダムライト》の追加効果の適用条件になるモンスター一覧

《スターダムライト》の追加効果を適用する場合に必要なレベル2以下の通常モンスター。

採用にあたってどんなモンスターが必要なのか気になりますよね?

そこで《スターダムライト》の追加効果を適用するために必要なレベル2以下の通常モンスターをまとめました。

レベル2以下の通常モンスター

レベル1

レベル2

《スターダムライト》の収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

少しは《スターダムライト》を使ってみたくなりましたか?

でも手元にはまだない、パックから当てたいという人のために《スターダムライト》の収録情報もあわせて記載しておきます。

よかったら参考にしてください。

プロモーションカード

  • バトルパック Vol.2(ノーマル、スーパーレア)
バトルパック Vol.2|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

最後に

今回は《スターダムライト》の使い方や相性の良いカードを解説しました。

わかはぴ
わかはぴ

夢を叶えるために踏み出した《キャッチーボーディスト》たち!

イラスト通り《キャッチーボーディスト》《ベリーシスト》《ロミックンローラー》を絡めて使いたいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です