漫画オリジナルカードまとめに新カード追加

《スピーディー・パフォーマー》の使い方と相性の良いカードを解説【遊戯王ラッシュデュエル】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

クィーン
クィーン

モンスターの攻撃力を強化できるのは使いやすくて良さそうね

でも戦闘をサポートするって意味では類似したカードも存在するけど、使い勝手は変わるの?

《スピーディー・パフォーマー》を見るとこんなことを感じませんか?

そこで今回は《スピーディー・パフォーマー》の使い方と相性の良いカードを解説していきます。

わかはぴ
わかはぴ

手軽にモンスターの攻撃力を強化できるモンスター!

使い方や相性の良いカードを知って使いこなしてあげましょう!

《スピーディー・パフォーマー》の使い方

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル3 / 闇属性 / サイキック族 / 攻400 / 守1000

【条件】相手フィールドにモンスターがいる場合、デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで400アップする。

《スピーディー・パフォーマー》は以下の用途で使うことができます。

  • 戦闘サポート
  • 壁モンスター

攻撃力の強化によりモンスターの戦闘をサポートするために使う

《スピーディー・パフォーマー》は「自分フィールドのモンスター1体の攻撃力を400アップさせる効果」を持っています。

この効果により自分のモンスターの戦闘をサポートするために使うのが基本的な使い方です。

強化するモンスターにレベルなどの指定がないため、下級モンスターの戦闘をサポートしたりと状況に合わせて強化を行うことができます。

類似した役割を持つモンスターとの違い

戦闘をサポートできるモンスターには相手モンスターの攻撃力をダウンさせ戦闘をサポートするモンスターもいます。

似た役割を持ちますが運用方法に違いがあるので、《セブンスロード・メイジ》を例にその違いについても解説していきます。

《セブンスロード・メイジ》は相手モンスターの攻撃力を400ダウンさせる効果を持つモンスターです。

《スピーディー・パフォーマー》と同じく、攻撃力400分の差を生み出し戦闘をサポートするという点では同じ役割ですね。

では以下の状況を想定して説明します。

相手フィールド
  • 《魔将ヤメルーラ》(攻2500/守2500)
自分フィールド
  • 《連撃竜ドラギアス》(攻2500)

この状況の場合、《連撃竜ドラギアス》の戦闘をサポートし《魔将ヤメルーラ》を戦闘破壊させられるのは以下のどちらでしょうか。

  • 攻撃力を強化できる《スピーディー・パフォーマー》
  • 攻撃力を弱体化させる《セブンスロード・メイジ》

答えは《スピーディー・パフォーマー》です。

《魔将ヤメルーラ》が守備表示であることから、この状況では《セブンスロード・メイジ》の効果を有効に使うことができず、《セブンスロード・メイジ》では戦闘破壊させられなくなっています。

このように攻撃力の強化により戦闘をサポートできるモンスターは、相手の表示形式に関係なく戦闘をサポートできるメリットがあります。

しかし欠点もあります。

それが攻撃力を強化したいモンスターと共に展開する必要があることです。

《セブンスロード・メイジ》は相手に及ぼす効果であるため、効果発動後はレベル5以上のモンスターのリリースに使うことができます。

最上級モンスターを召喚する前に召喚し、効果を発動してアドバンス召喚のリリースに使うなど、展開の過程で戦闘サポートを行えるため扱いやすいですね。

一方《スピーディー・パフォーマー》は攻撃力を強化したいモンスターと共に展開する必要があります。

そのため、効果発動後に表示形式を変更したり、何らかの手段で墓地へ送らなければ、低い攻撃力を晒すことになってしまいます。

クィーン
クィーン

幅広く戦闘サポートできる分、攻撃表示で棒立ちになりやすいから、次のターンは大きな戦闘ダメージを受けることになるかもしれないのね

そのため採用する場合はこの欠点を補えるかどうかも考えて採用したいですね。

壁モンスターとして使えるが頼りない

《スピーディー・パフォーマー》の守備力は1000と壁モンスターとして使うこともできます。

しかし1000という数値は下級モンスターの攻撃力の基準値1500は満たしていません。

そのため壁モンスターとして使えるものの頼りないモンスターになっています。

攻撃力は自身の効果により800まで引き上げることができますが、それでも低く攻撃表示での戦闘には不向きですね。

《スピーディー・パフォーマー》と相性の良いカード

《スピーディー・パフォーマー》を使う上でさらに知っておきたいのが相性の良いカードです。

そこで《スピーディー・パフォーマー》とあわせて使いたい相性の良いカードもまとめました。

  • 《CAN-Re:D》

《CAN-Re:D》

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル7 / 光属性 / サイキック族 / 攻2500 / 守1500

【条件】なし
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(攻撃力500以下)1体を選んで持ち主の手札に戻す。このターン、このカードが表側表示の間、自分はモンスター(守備力1500以上)を攻撃表示でアドバンス召喚できない。

《CAN-Re:D》は「攻撃力500以下のモンスター1体を手札に戻す効果」を持つモンスターです。

この効果により《スピーディー・パフォーマー》を手札に戻すことができるため、攻撃表示で棒立ちしてしまう欠点を補えるようになります。

また手札に戻した《スピーディー・パフォーマー》を再び召喚することもできるので、攻撃力の強化をもう一度行うことも可能です。

この場合、攻撃表示で棒立ちしてしまう欠点は補えなくなりますが、モンスター1体の攻撃力をさらに400アップまたは2体目のモンスターの攻撃力を400アップという使い方もできるようになりますね。

以上のことから《スピーディー・パフォーマー》の欠点を補いつつ使い方の幅も広げてくれる《CAN-Re:D》とは相性がいいと言えます。

こちらもあわせてチェック!

《CAN-Re:D》の使い方と相性の良いカードを解説【遊戯王ラッシュデュエル】

《スピーディー・パフォーマー》をサポートできるカードまとめ

ステータスを参照すれば様々なカードで《スピーディー・パフォーマー》をサポートすることができます。

現在、専用サポートは存在しないためステータスを参照してサポートできるカードをまとめました。

ステータスを参照してサポート

【レベル3】サポートカードまとめ:レベル3を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【闇属性】サポートカードまとめ:闇属性を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【サイキック族】サポートカードまとめ:サイキック族を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】

《スピーディー・パフォーマー》の収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

少しは《スピーディー・パフォーマー》を使ってみたくなりましたか?

でも手元にはまだない、パックから当てたいという人のために《スピーディー・パフォーマー》の収録情報もあわせて記載しておきます。

よかったら参考にしてください。

収録パック

  • デッキ改造パック 激闘のサンダーストーム!!(スーパーレア)
デッキ改造パック 激闘のサンダーストーム!!|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

最後に

今回は《スピーディー・パフォーマー》の使い方や相性の良いカードを解説しました。

わかはぴ
わかはぴ

汎用性がありどんなデッキにも採用しやすいカードです!

【サイキック族】デッキや棒立ちをケアできる展開力のあるデッキだとさらに相性がいいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です