《楽姫の独演》の使い方と相性の良いカードを徹底考察【遊戯王ラッシュデュエル】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

楽姫
がっき
独演
どくえん

カードの種類/効果

通常罠

【条件】自分フィールドのモンスターが1体の場合、相手モンスター(レベル8以下)の攻撃宣言時に発動できる。
【効果】その攻撃を無効にする。

クィーン
クィーン

相手の墓地や手札のカードに依存せず相手の攻撃を止められるのは使いやすそうね

自分のモンスターが1体の場合っていう条件が難しそうだけどどうやって使えばいいの?

《楽姫の独演》の効果を見るとこんなことを感じる人もいると思います。

そこで今回は《楽姫の独演》の使い方や強み、弱み、相性の良いカードを徹底的に解説していきます。

わかはぴ
わかはぴ

どんなデッキにも採用できる汎用罠カード!

このカードを警戒した相手の動きを込みで構築するとさらに強く使えそうです!

《楽姫の独演》の使い方

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

モンスター1体を次の自分のターンに持ち越すために使う

《楽姫の独演》は「攻撃を無効にする効果」により相手の攻撃を無効にし、モンスター1体を次の自分のターンに持ち越すために使うのが基本的な使い方です。

ほとんどのデッキは相手により多くのダメージを与えたり、相手にアドバンテージを与えないためにも戦闘でモンスターを全て破壊する動きを行います。

そのため「自分のモンスターが1体の場合」という発動条件を満たすのは容易で、自分フィールドの最後のモンスター1体への攻撃をこのカードで無効にすることで、そのモンスターをフィールドに維持しやすくなります。

これによりモンスター1体を次の自分のターンに持ち込みやすくなりますね。

このカードの効果の性質上、相手にはプレイングでケアされる事があります。

例えば戦闘破壊しておきたいモンスターから攻撃し、フィールドに残っても被害の少ないモンスターは最後に攻撃するといったプレイングです。

これにより《楽姫の独演》を発動されても、残ったモンスターの関係から次のターンに強く動かれるリスクを少しケアできていますね。

そのことからこのカードの存在を相手に知られてしまうことで、ケアされやすい点は要注意ですね。

このような注意点はあるものの、デッキを選ばず相手の攻撃を無効にできる手段を採用できるようになるため、攻撃を無効する手段が欲しいというデッキには採用してみてもいいと思います。

相手のプレイングを誘導する

《楽姫の独演》は前述したように、相手のプレイングによりケアされやすいカードです。逆に言えばこのカードの存在を匂わせることで相手のプレイングを誘導できるので、それを逆手にとったカードを使うという使い方もできます。

例えば以下の状況の場合です。

自分フィールド
  • 最上級モンスター1体
  • 下級モンスター1体
  • 《火の粉のカーテン》
  • 《楽姫の独演》
相手フィールド
  • 最上級モンスター1体
  • 下級モンスター2体
  • 《山》

この状況で相手が《楽姫の独演》をケアしてプレイする場合、最初に優先的に破壊しておきたい最上級モンスター《ブラック・マジシャン》を攻撃してきます。

そこで《火の粉のカーテン》を発動するのです。

これにより相手の《連撃竜ドラギアス》の攻撃力は500ダウンし返り討ちにする事ができます。

下級モンスターが相手モンスターに相打ちされる可能性はあるものの《ブラック・マジシャン》は次の自分のターンに持ち越す事ができますね。

これはほんの一例であり相手モンスターが自身の効果で攻撃力を大幅に上昇させる《セブンスロード・マジシャン》などの場合は相手のプレイングを利用しきれないという点は要注意です。

クィーン
クィーン

利用する前提で構築するのか、それともあまり意識せず利用できればラッキーくらいで構築するかによっても採用カードは変わってきそうね

《楽姫の独演》と相性の良いカード

《天帝龍樹ユグドラゴ》とあわせて使いたい相性の良いカードもまとめました。

  • 《天帝龍樹ユグドラゴ》

《天帝龍樹ユグドラゴ》

《天帝龍樹ユグドラゴ》などのマキシマムモンスターはその性質上、マキシマムモードでは1体しかフィールド存在できません。

そのことから常に《楽姫の独演》の効果の発動条件を満たしています。

これにより戦闘で突破されそうな状況でも《楽姫の独演》の効果で戦闘破壊を阻止できるようになりますね。

マキシマムモンスターはマキシマムモード時の攻撃力の高さから突破されにくく、突破できるモンスターを複数同時に用意する難易度が高いモンスターです。

それらのことからも《天帝龍樹ユグドラゴ》などのマキシマムモンスターは《楽姫の独演》と相性がいいと言えますね。

こちらもあわせてチェック!

《天帝龍樹ユグドラゴ》の使い方や相性の良いカードを徹底考察【遊戯王ラッシュデュエル】

《楽姫の独演》の収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《楽姫の独演》は4月24日発売のデッキ改造パック「躍動のエターナルライブ!!」に収録され初登場したカードです。

収録情報もまとめたのでよかったら参考にしてください。

収録パック

  • デッキ改造パック 躍動のエターナルライブ!!(スーパーレア)
デッキ改造パック 躍動のエターナルライブ!!|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

《楽姫の独演》のプチ情報

デュエルに関係のない《楽姫の独演》のプチ情報もまとめました。

《楽姫の独演》に登場するカード

まとめ

今回は《楽姫の独演》の使い方や相性の良いカードを解説しました。

《楽姫の独演》の強み、弱みをまとめるとこのようになります。

《楽姫の独演》の強み
  • 攻撃無効によりモンスター1体を次のターンに持ち越しやすくなる
《楽姫の独演》の弱み
  • 自分のモンスターが複数存在する場合、守りたいモンスターを守りにくい
  • プレイングでケアされやすい
わかはぴ
わかはぴ

属性・種族などの指定がなく、どんなデッキにも採用しやすいのが嬉しいポイントですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です