《セツリの流転》の使い方や相性の良いカードを徹底考察【遊戯王ラッシュデュエル】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《セツリの流転
るてん

カードの種類/効果

通常魔法

【条件】自分の墓地のモンスター(守備力100以下)4体をデッキに戻して発動できる。
【効果】自分は1枚ドローする。

《セツリの流転》には以下の特徴があります。

  • 通常魔法
  • 自分の墓地のモンスターをデッキに戻すカード
  • ドローするカード

自分の墓地の守備力100以下のモンスター4体をデッキに戻して1枚ドローする効果を持っています。

そんな《セツリの流転》ですが、こんな疑問を感じませんか?

クィーン
クィーン

《セツリの流転》ってどう使えばいいの?

相性の良いカードはあるのかなぁ?

こんなことを感じる人もいると思います。

そこで今回は《セツリの流転》の使い方や相性の良いカードを解説していきます。

わかはぴ
わかはぴ

守備力100以下のモンスターを再利用できるカード!

使い方を知って様々なデッキを強化です!

《セツリの流転》の使い方

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《セツリの流転》は墓地の守備力100以下のモンスターを再利用するために使うのが主な使い方です。

この効果により1枚ドローすることができるので、手札を消費せずにモンスターを再利用することができますね。

また魔法カードであるため自由なタイミングでデッキのモンスターの比率を操作することができます。

比率の操作は中盤以降が特に有効で、デッキ内の必要なカードの比率を上げれば、引きたいカードを引きやすくなりデュエルを有利に進めやすくなりますね。

守備力100以下のモンスターの例を挙げるとマキシマムモンスター、《ロマンス・ピック》などの一部のサイキック族、「ロイヤルデモンズ」モンスター、攻撃力1500の下級・通常モンスターなどがあげられます。

マキシマムモンスターは序盤に手札から消費し、中盤以降にデッキに戻すことで手札に揃いやすくなるので、マキシマムモンスターをサブプランとしたデッキとは相性が良いですね。

また1度セットして次のターン以降に発動すれば、ドローする効果によりそのターンは手札の枚数を増やした状態でプレイできるのもポイントです!

《リカバリー・フォース》や《リターン・オブ・ドラゴン》のように特定の種族をサポートするカードではなく、守備力100以下のモンスターをサポートするカードです。

そのため守備力を意識して構築すれば、様々な種族を採用したデッキも採用できるのがこのカードの強みでもありますね。

このカードを採用する性質上、デッキ内のモンスターの守備力が低くなるため『貫通』攻撃に弱くなる点はこのカードの弱みです。

貫通とは
守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える効果のこと。
わかはぴ
わかはぴ

強み、弱みをまとめるとこんな感じです!

《セツリの流転》の強み
  • 自由なタイミングで墓地の守備力100以下のモンスターをデッキに戻して再利用できる
  • カードの発動に手札を消費しない
  • 1度セットして次のターン以降に発動すれば、手札を1枚増やす手段になる
  • 特定の種族に縛られず、様々な種族を同時にサポートできる
《セツリの流転》の弱み
  • 発動条件が墓地の守備力100以下のモンスターの数に依存する
  • 効果の発動条件の性質上、デッキ内のモンスターの守備力が低くなりやすい

《セツリの流転》の収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《セツリの流転》は4月24日発売のデッキ改造パック「躍動のエターナルライブ!!」に収録され初登場したカードです。

収録情報もまとめたのでよかったら参考にしてください。

収録パック

  • デッキ改造パック 躍動のエターナルライブ!!(ノーマル)
デッキ改造パック 躍動のエターナルライブ!!|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

《セツリの流転》のプチ情報

最後にデュエルとは関係のない《セツリの流転》に関するプチ情報もお届けします。

《セツリの流転》に登場するカード

最後に

今回は《セツリの流転》の使い方や相性の良いカードを解説しました。

《セツリの流転》を使ったデッキ構築の参考になれば幸いです。

わかはぴ
わかはぴ

全身が描かれる《天帝龍樹ユグドラゴ》!

カッコいいですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です