《花牙クノイチ・エトランゼ》の使い方や相性の良いカードを徹底考察【遊戯王ラッシュデュエル】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

花牙
かげ
クノイチ・エトランゼ》

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル7 / 地属性 / 植物族 / 攻2300 / 守1000

【条件】自分の墓地に「花牙クノイチ・エトランゼ」がいる場合に発動できる。
【効果】手札のモンスター(植物族)1体を墓地へ送る。その後、自分の墓地の「花牙クノイチ・エトランゼ」1体を選び、自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主のデッキの下に戻る。このターン、このカードは直接攻撃できない。

《花牙クノイチ・エトランゼ》には以下の特徴があります。

  • 地属性・植物族・効果モンスター
  • レベル7の最上級モンスター
  • モンスターを蘇生するカード

植物族1体を手札から墓地へ送り、墓地の《花牙クノイチ・エトランゼ》を蘇生する効果を持っています。

またこの効果で蘇生した《花牙クノイチ・エトランゼ》はエンドフェイズにデッキボトムに戻り、効果を発動した《花牙クノイチ・エトランゼ》は直接攻撃できなくなります。

攻撃力は最上級モンスターの攻撃力の基準値2500未満の2300と最上級モンスターとの戦闘には弱いです。

守備力は1000と表示形式の変更に弱いですね。

そんな《花牙クノイチ・エトランゼ》ですが、こんな疑問を感じませんか?

クィーン
クィーン

《花牙クノイチ・エトランゼ》ってどう使えばいいの?

相性の良いカードはあるのかなぁ?

こんなことを感じる人もいると思います。

そこで今回は《花牙クノイチ・エトランゼ》の使い方や相性の良いカードを解説していきます。

わかはぴ
わかはぴ

分身の如く同名モンスターを大量展開できるモンスター!

使い方を知って【植物族】デッキを強化です!

《花牙クノイチ・エトランゼ》の使い方

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《花牙クノイチ・エトランゼ》は効果そのままに自身と同名のモンスターを蘇生するのが主な使い方です。

蘇生した《花牙クノイチ・エトランゼ》は相手モンスターの戦闘破壊やレベル5以上のアドバンス召喚のリリースに使うなど用途は様々です。

また墓地にもう1体の《花牙クノイチ・エトランゼ》がいれば、蘇生した《花牙クノイチ・エトランゼ》の効果でさらに展開することができます。

効果を使った《花牙クノイチ・エトランゼ》は直接攻撃できなくなり、蘇生した《花牙クノイチ・エトランゼ》はエンドフェイズにデッキに戻ってしまう点は要注意ですね。

クィーン
クィーン

効果を連鎖させて《花牙クノイチ・エトランゼ》3体を展開してもエンドフェイズには1体になってしまうわね

わかはぴ
わかはぴ

このデメリットは裏を返せば《花牙クノイチ・エトランゼ》を《花牙クノイチ・エトランゼ》のみで使い回せるということになります!

蘇生させすぎず、1体はあえてデッキに戻すという戦術も有効ですね

最上級モンスターにしては攻撃力が低く、サポートカードなしでは相手に対して強く出るのが難しいカードです。

また効果の性質上、戦闘ダメージを与えられないのが厳しいため「相手モンスターを守備表示にして相手の攻撃を阻止する効果」を持つ《花牙踏み》とは相性が悪いのもこのカードの痛いところです。

攻撃力は《森》でサポートすることで最上級モンスターの基準値2500になるため、《花牙クノイチ・エトランゼ》をメインに構築するなら採用してもいいかもしれませんね。

わかはぴ
わかはぴ

強み、弱みをまとめるとこんな感じです!

《花牙クノイチ・エトランゼ》の強み
  • 最上級モンスターを最大3体、同時に展開できる
  • 自身の効果で《花牙クノイチ・エトランゼ》を使い回せる
《花牙クノイチ・エトランゼ》の弱み
  • 蘇生したモンスターがエンドフェイズにデッキに戻ってしまう
  • 墓地に2体目の《花牙クノイチ・エトランゼ》がいないと効果を発動できない
  • 攻撃力2300と最上級モンスターにしては攻撃力が低い
  • 守備力が1000と下級モンスターの攻撃力の基準値1500以下であるため表示形式の変更に弱い

《花牙クノイチ・エトランゼと相性の良いカード

  • 《大貫通!!》
  • 《ロイヤルデモンズ・デスヴォイス》

《大貫通!!》

出典:遊戯王ラッシュデュエル キャラクターパック -ガクト・ロア・ロミン -

カードの種類/効果

通常魔法

【条件】手札1枚を墓地へ送って発動できる。
【効果】レベルが同じ自分フィールドの表側表示モンスター2体を選ぶ。このターン、そのモンスターの攻撃は貫通する(守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える)。

《花牙クノイチ・エトランゼ》は効果により同名モンスターを最大3体展開することができます。

しかし最上級モンスターを3体展開しても、相手モンスターが守備表示であればその状況を有効活用できません。

そこで《大貫通!!!》です。

2体の《花牙クノイチ・エトランゼ》に『貫通』を付与することで、相手モンスターが守備表示であっても、2000以上の攻撃力を活かしながら相手に戦闘ダメージを与えられるようになります。

クィーン
クィーン

同名モンスターを展開する性質上、それらのモンスターのレベルは同じ

だから《大貫通!!!》も発動しやすいのね

わかはぴ
わかはぴ

《花牙クノイチ・エトランゼ》の効果で手札を消費しなければいけない分、手札5枚からこのコンボにつなげることができないのが課題です

詳しくはこちらをチェック!

《大貫通!!》の使い方や相性の良いカードを徹底考察【遊戯王ラッシュデュエル】

《ロイヤルデモンズ・デスヴォイス》

出典:遊戯王ラッシュデュエル キャラクターパック -ガクト・ロア・ロミン -

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル6 / 光属性 / 悪魔族 / 攻1800 / 守0

【条件】モンスター(レベル5以上)をリリースしてこのカードを召喚したターンに、デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター(レベル8以下)1体を選び、その攻撃力・守備力をターン終了時まで、[選んだモンスターのレベル]×200ダウンする。

《花牙クノイチ・エトランゼ》の効果で蘇生した《花牙クノイチ・エトランゼ》はエンドフェイズにデッキに戻ってしまいます。

そこで《ロイヤルデモンズ・デスヴォイス》です。

蘇生した《花牙クノイチ・エトランゼ》をリリースし《ロイヤルデモンズ・デスヴォイス》をアドバンス召喚することで、《花牙クノイチ・エトランゼ》がデッキに戻るデメリットをケアしながら《ロイヤルデモンズ・デスヴォイス》の効果の発動条件を満たすことができます。

上記に加え《ロイヤルデモンズ・デスヴォイス》の効果の発動条件であるレベル5以上のモンスターを手札1枚で用意しているため、お互いに相性が良いカードといえますね。

「レベル5以上のモンスターをリリースして召喚」を発動条件にするカードは他にも存在しますが、手札5枚からの展開だと《ロイヤルデモンズ・デスヴォイス》が限界です。

《花牙クノイチ・エトランゼ》をフィールドに用意して自分のターンを迎えるか、他のカードで手札を増やすことができれば《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》や《ロイヤルデモンズ・インヴェイジョン》の採用も視野に入るので検討してみてもいいかもしれませんね。

詳しくはこちらをチェック!

《ロイヤルデモンズ・デスヴォイス》の使い方や相性の良いカードを徹底考察【遊戯王ラッシュデュエル】

《花牙クノイチ・エトランゼをサポートできるカード

ステータスを指定してサポート

【レベル7】サポートカードまとめ:レベル7を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【地属性】サポートカードまとめ:地属性を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【植物族】サポートカードまとめ:植物族を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】

《花牙クノイチ・エトランゼの収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《花牙クノイチ・エトランゼ》は4月24日発売のデッキ改造パック「躍動のエターナルライブ!!」に収録され初登場したカードです。

収録情報もまとめたのでよかったら参考にしてください。

収録パック

  • デッキ改造パック 躍動のエターナルライブ!!(スーパーレア)
デッキ改造パック 躍動のエターナルライブ!!|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

《花牙クノイチ・エトランゼ》のプチ情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

最後にデュエルとは関係のない《花牙クノイチ・エトランゼ》に関するプチ情報もお届けします。

《花牙クノイチ・エトランゼ》の召喚口上・必殺技

召喚口上

  • 陽に咲く花のその裏で 闇に開くは忍びの蕾
    散って散り花 拾われずせめて舞いましょ影の舞
    アドバンス召喚!いでよ《花牙クノイチ・エトランゼ》!

攻撃名

  • はなびら乱舞らんぶ 百花繚乱
  • はなびらラブ乱舞らんぶ 
  • あいの 百花繚乱ひゃっかりょうらん

効果口上

  • 手札の植物族1体を墓地に送って《エトランゼ》の効果 発動
    「鏡の術 合わせ花牙絵」!これぞ蒼月流御庭番 分身の術!

効果名

  • かがみじゅつ わせ花牙絵かげえ

《花牙クノイチ・エトランゼ》が登場するカード

アニメオリジナル

《花牙蘭舞》

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

最後に

今回は《花牙クノイチ・エトランゼ》の使い方や相性の良いカードを解説しました。

クィーン
クィーン

鏡に分身……親近感しか湧かないわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です