《いとをかしかなひめ》の使い方や相性の良いカードを徹底考察【遊戯王ラッシュデュエル】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《いとをかしかなひめ》

カードの種類/ステータス

通常モンスター
レベル2 / 光属性 / 水族 / 攻200 / 守1400

あ~ん。

《いとをかしかなひめ》には以下の特徴があります。

  • 光属性・水族・通常モンスター
  • レベル2の下級モンスター

守備力は下級モンスターの攻撃力の基準値1500に一歩及ばない1400で、中途半端な攻撃力を持つ下級モンスターに対して壁になるステータスです。

攻撃力は200であるため戦闘には不向きで、表示形式の変更にも弱いですね。

そんな《いとをかしかなひめ》ですが、こんな疑問を感じませんか?

クィーン
クィーン

《いとをかしかなひめ》ってどう使えばいいの?

相性の良いカードはあるのかなぁ?

こんなことを感じる人もいると思います。

そこで今回は《いとをかしかなひめ》の使い方や相性の良いカードを解説していきます。

《いとをかしかなひめ》の使い方

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《いとをかしかなひめ》はサポートカードを駆使して壁モンスターとして使うのが主な使い方です。

攻撃力1500以上のモンスターには突破されてしまいますが、中途半端な攻撃力の下級モンスターには突破されないため、セットして召喚しておくと生き残る確率がそこそこ高くなります。

水族であるため《海》適用下では守備力が1600になり、下級モンスターに突破されなくなくなりますね。

水族サポートカードには「水族を守備表示にしてライフポイントを回復する効果」を持つ《オールナイトフィーバー》が存在しますが、守備力の高さから守備表示に変更する効果がメリットとなります。

また同じ水族・通常モンスターには《水の魔導師》など守備力1000以上の通常モンスターも存在します。

そのため、それらと《カウンター・シールド》をあわせて、他の水族・通常モンスターをサポートするために使ってもいいですね。

わかはぴ
わかはぴ

強み、弱みをまとめるとこんな感じです!

《いとをかしかなひめ》の強み
  • 守備力1400と下級モンスターの中では守備力が高い
  • 守備力が高く『貫通』攻撃を受けてもダメージを1400軽減できる
《いとをかしかなひめ》の弱み
  • 攻撃力が200と低く戦闘には不向き

《いとをかしかなひめ》をサポートできるカード

ステータスを指定してサポート

【通常モンスター】サポートカードまとめ:通常モンスターを展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【レベル2】サポートカードまとめ:レベル2を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【光属性】サポートカードまとめ:光属性を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【水族】サポートカードまとめ:水族を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】

《いとをかしかなひめ》の収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《いとをかしかなひめ》は2021年2月13日発売のデッキ改造パック「宿命のパワーデストラクション!!」に収録され初登場したカードです。

収録情報もまとめたのでよかったら参考にしてください。

収録パック

  • デッキ改造パック 宿命のパワーデストラクション!!(ノーマルレア)
デッキ改造パック 宿命のパワーデストラクション!!|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

最後に

今回は《いとをかしかなひめ》の使い方や相性の良いカードを解説しました。

わかはぴ
わかはぴ

この子に「あ~ん」されたい人は多そうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です