《魔将ヤメルーラ》の考察:強み・相性の良いカード・デッキ構築案・対策を解説!【遊戯王ラッシュデュエル】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回は《魔将ましょうヤメルーラ》の強み・相性の良いカード・デッキ考察案・対策について解説します。

収録パック等も記載しているので参考にしてください。

《魔将ヤメルーラ》の強み:ステータスと効果の特徴

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル8 / 闇属性 / 戦士族 / 攻2500 / 守2500

【条件】このカードを召喚したターンに、このカードの表示形式を変更して発動できる(攻撃表示は表側守備表示に、守備表示は表側攻撃表示にする)。
【効果】次の相手ターン終了時まで、このカードが表側表示の間、お互いはモンスター(レベル7以上)をアドバンス召喚できない。

《魔将ヤメルーラ》の強みは【効果】により、最上級モンスターのアドバンス召喚を封じられることにあります。

その効果とは「次の相手ターン終了時まで、お互いのレベル7以上のモンスターのアドバンス召喚を封じる効果」です。

効果の発動タイミングは召喚したターンですが、自由なタイミングで効果を発動することができます。

他の最上級モンスターをアドバンス召喚してから《魔将ヤメルーラ》の効果を起動することで、自分の最上級モンスターのアドバンス召喚は封じられません。

また副次的に相手の手札の最上級モンスターも腐れせることができます。

この効果が適用されるのは《魔将ヤメルーラ》が表側表示で存在する間に限定されているので、破壊や裏側守備表示に変更されると効果が失われてしまうのが欠点です。

すでにフィールドに召喚されている最上級モンスターには無力の効果です。そのため後出しでは最上級モンスターに対して影響を与えることができません。

効果の性質上、効果発動前に表示形式を変更しなければ、効果使用後は守備表示になってしまいます。

そのため効果発動ターンに攻撃できないことが多いのも欠点です。

ステータスはレベル7・闇属性・戦士族の効果モンスター。

攻撃力・守備力ともに最上級モンスターの基準値2500であり、突破されにくいステータスが特徴です。

このカードを単体で突破できるモンスターのほとんどが最上級モンスターであるため、最上級モンスターのアドバンス召喚を封じる効果とあわせて非常に突破の難しいモンスターです。

効果発動後は守備表示となり攻撃できなくなってしまうため、あえて効果を発動せず攻撃に転じるのも一つの手ですね。

特殊召喚の充実していない現在のカードプールでは、効果適用中に突破するのが非常に難しいモンスターです。

《魔将ヤメルーラ》と相性の良いカード

相手の手札の最上級モンスターを腐らせることができますが、自身は攻撃できないことがほとんどです。

その遅延効果ともいえる効果の性質上、以下のようなカードと相性の良い傾向にあります。

  • 相手が複数のモンスターを展開している時に有効なカード
  • 守備表示モンスターに有効なカード

具体的に相性の良いカードを見ていきましょう。

①《貫通!

カードの種類/効果

通常魔法

【条件】なし
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター1体を選ぶ。このターン、そのモンスターの攻撃は貫通する(守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える)。

《貫通!》は自分のモンスター1体の攻撃を貫通させる効果を持っています。

《魔将ヤメルーラ》の効果により、相手はモンスターをセットしてターンを終了することが多くなるため、攻撃を貫通させるカードとは相性が良いです。

②《彩光のプリマギターナ

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル7 / 光属性 / サイキック族 / 攻2200 / 守0

【条件】1000LPを払って発動できる。
【効果】自分フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力はターン終了時まで、[相手フィールドのモンスターの数]×300アップする。

《彩光のプリマギターナ》は自分のモンスターすべての攻撃力を相手モンスターの数×300アップさせる効果を持っています。

全体強化は強力ですが相手モンスターの数に依存しているのが欠点です。

《魔将ヤメルーラ》の効果により、最上級モンスターをアドバンス召喚できない相手のフィールドにはモンスターが並びやすいため、《彩光のプリマギターナ》の効果を補助することができます。

前述した通り《魔将ヤメルーラ》の効果適用後、相手は守備表示でモンスターを並べることが多くなります。

そのため《彩光のプリマギターナ》の強化を活かせるように、戦闘ダメージを与えられる《貫通!》なども加えてサポートしていきたいですね。

《彩光のプリマギターナ》もチェック

《彩光のプリマギターナ》の考察:強み・相性の良いカード・デッキ構築案を解説!【遊戯王ラッシュデュエル】

《魔将ヤメルーラ》を使ったデッキ構築案

  • 【ドラゴン族】デッキへの採用

ステータスや効果から上記のデッキ案が思いつきました。

では少し掘り下げてデッキを考えていきます。

①【最上級軸ドラゴン族】デッキへ採用

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル7 / 光属性 / ドラゴン族 / 攻2500 / 守1500

【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】このターン、このカードが戦闘でモンスターを破壊したバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけ攻撃できる。

《魔将ヤメルーラ》が最上級モンスターということに焦点を当てて考えてみました

アドバンス召喚をサポートする《ドラゴンズ・セットアッパー》と《ドラゴンズ・アップセッター》はドラゴン族です。

そのため【ドラゴン族】デッキなら、《魔将ヤメルーラ》のリリースも確保しやすくなります。

相手の行動を遅延することで、相手とのモンスターの質に差をつけながら、最上級モンスターをアドバンス召喚するための手札を補充することができます。

採用する最上級モンスターの枚数を意識して、《クリボット》やドラゴン族サポートカードも採用して構築すれば形になりそうですね。

ちなみに《魔将ヤメルーラ》と相性の良い《彩光のプリマギターナ》も【最上級軸ドラゴン族】デッキと相性が良いのもポイントです。

《魔将ヤメルーラ》対策

《魔将ヤメルーラ》はその効果からシェア率も高いモンスターです。

今回は《魔将ヤメルーラ》への対策も考えていきます。

①《ファイア・ゴーレム》:守備力を下げて突破する

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル3 / 炎属性 / 魔法使い族 / 攻1200 / 守800

【条件】600LPを払って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、その守備力をターン終了時まで600ダウンする。

《魔将ヤメルーラ》は守備表示でフィールドに存在することが多いので、《魔将ヤメルーラ》の効果適用直後は守備力を下げて突破するのが有効です。

守備力を下げる効果は《ファイア・ゴーレム》が手札コストを必要とせず使いやすいですが、《ファイア・ゴーレム》1枚では突破できません。

そのため《魔将ヤメルーラ》を突破できる組みあわせをピックアップしてみました。

  • 《ファイア・ゴーレム》+《風精の加護》
  • 《ファイア・ゴーレム》+《魔剣士アンサラー》or《火口の番竜》

《ファイア・ゴーレム》+《風精の加護》

この組み合わせは【魔法使い族】デッキでの採用がおすすめです。

《セブンスロード・ウィッチ》など攻撃力1600以上のモンスターとの組み合わせでも突破手段となるため無理なくデッキに組み込むことができます。

《ファイア・ゴーレム》+《魔剣士アンサラー》or《火口の番竜》

この組み合わせは【魔法使い族】デッキ、【ドラゴン族】デッキどちらにも採用することができる組み合わせです。

消費枚数も2枚と少ない枚数で《魔将ヤメルーラ》を突破することができます。

どのカードも炎属性であるため、炎属性サポートカードの増加で需要が高まる組みあわせですね。

この対策方法は《魔将ヤメルーラ》が守備表示で存在する場合に有効な手段です。

そのため《魔将ヤメルーラ》の効果が切れた後は、《セブンスロード・マジシャン》や《火麺上忍ゴックブート》をアドバンス召喚して攻撃力の高さで突破しましょう。

《魔将ヤメルーラ》の収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《魔将ヤメルーラ》は2020年4月11日発売の「デッキ改造パック 超速のラッシュロード!!」に収録され初登場したカードです。

以下のパックで入手することができます。

収録パック

  • デッキ改造パック 超速のラッシュロード!!
デッキ改造パック 超速のラッシュロード!!|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

最後に

今回は《魔将ヤメルーラ》の強み・相性の良いカード・デッキ考察案・対策についてを考察・解説しました。

遊戯王SEVENSに登場するガクトのエースモンスターで、今後のサポートにも期待の1枚です。

わかな
わかな

おチャラけたカード名だけど強さは本物ですね

《魔将ヤメルーラ》に関連する記事

ラッシュデュエルに登場するカードの召喚口上と必殺技一覧【遊戯王SEVENS】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です