《彩光のプリマギターナ》の考察:強み・相性の良いカード・デッキ構築案を解説!【遊戯王ラッシュデュエル】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回は《彩光さいこうのプリマギターナ》の強み・相性の良いカード・デッキ考察案・対策について解説します。

収録パック等も記載しているので参考にしてください。

《彩光のプリマギターナ》の強み:ステータスと効果の特徴

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル7 / 光属性 / サイキック族 / 攻2200 / 守0

【条件】1000LPを払って発動できる。
【効果】自分フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力はターン終了時まで、[相手フィールドのモンスターの数]×300アップする。

《彩光のプリマギターナ》の強みは【効果】により、自分のモンスターを全体強化できることです。

その効果とは「自分フィールドのすべてのモンスターの攻撃力を、相手フィールドのモンスターの数×300アップさせる効果」です。

この強化により、自分のすべてのモンスターの突破可能範囲を広げることができます。

《彩光のプリマギターナ》自身に効果が適用された時の攻撃力の指標は以下の通りです。

相手モンスターの数得られる攻撃力突破可能になる主なモンスター
1体2500一部の最上級モンスター(攻撃力2400以下)
2体2800ほぼすべての最上級モンスター(攻撃力2700以下)
3体3100《青眼の白龍》(攻撃力3000)

自身だけでなく他のモンスターも300、600、900と上昇するのは大きな利点です。

効果の発動コストが1000LPと大きいのと、得られる攻撃力が相手依存なのが欠点になります。

ステータスはレベル7・光属性・サイキック族の効果モンスター。

攻撃力は上級モンスターに突破されない2200。守備力は表示形式に弱い0であることが特徴です。

《彩光のプリマギターナ》と相性の良いカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《彩光のプリマギターナ》は効果により全体強化することができるため、元々の攻撃力が高いモンスターや、複数回攻撃できるモンスターと相性が良い傾向にあります。

具体的に相性の良いカードを見ていきましょう。

①《ダーク・ソーサラー》:最高攻撃力ラインの下級・上級モンスター

カードの種類/ステータス

通常モンスター
レベル4 / 闇属性 / 魔法使い族 / 攻1500 / 守0

禁忌の術に手を染めた魔術師。望んだその力の代償を彼はまだ知らない。

《彩光のプリマギターナ》で攻撃力を強化することで突破範囲が広がります。

そのレベル帯で最高攻撃力を持つモンスターは、下級・上級モンスターはその恩恵を受けやすいため相性が良いと言えます。

下級・上級モンスター別に攻撃力の指標を表にしました。

下級モンスター(攻撃力1500)

相手モンスターの数得られる攻撃力突破可能になる主なモンスター
1体1800・下級モンスター
・《風使いトルネ》(攻撃力1600ラインのモンスター)
2体2100・《魔剣士アンサラー》(上級モンスターの攻撃力準ライン)
・《火口の番竜》(上級モンスター最高攻撃力ライン)
3体2400・上級モンスター
・一部の最上級モンスター(攻撃力2300以下)

《火口の番竜》とは相打ちになります。

上級モンスター(攻撃力2100)

相手モンスターの数得られる攻撃力突破可能になる主なモンスター
1体2400・上級モンスター
・一部の最上級モンスター(攻撃力2300以下)
2体2700・ほぼすべての最上級モンスター(最上級モンスターの攻撃力基準ライン2500)
3体3000・《青眼の白龍》

《青眼の白龍》とは相打ちです。

相手モンスターが3体の場合、《彩光のプリマギターナ》が3100になるため《青眼の白龍》と相打ちする状況はほぼありません。

②《連撃竜ドラギアス》:2回攻撃できるモンスター

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル7 / 光属性 / ドラゴン族 / 攻2500 / 守1500

【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】このターン、このカードが戦闘でモンスターを破壊したバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけ攻撃できる。

《彩光のプリマギターナ》によって攻撃力が強化され総ダメージが増えるため、2回攻撃できるモンスターは相性が良いと言えます。

2回攻撃できるモンスターは現在、《連撃竜ドラギアス》と《ツインエッジ・ドラゴン》の2種類のみです。

《連撃竜ドラギアス》は最上級モンスターのため、アドバンス召喚の補助をするなどして並べることになりそうです。

《ツインエッジ・ドラゴン》は攻撃力が上がることで下級モンスターを突破しやすくなるので、複数のモンスターの突破がしやすくなります。

③《魔将ヤメルーラ》

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル8 / 闇属性 / 戦士族 / 攻2500 / 守2500

【条件】このカードを召喚したターンに、このカードの表示形式を変更して発動できる(攻撃表示は表側守備表示に、守備表示は表側攻撃表示にする)。
【効果】次の相手ターン終了時まで、このカードが表側表示の間、お互いはモンスター(レベル7以上)をアドバンス召喚できない。

《魔将ヤメルーラ》の効果の性質上、効果適用後は相手はモンスターをセットしてターンを返すことが多くなります。

モンスターが複数並ぶことにつながりやすいので、効果が相手モンスターの数に依存する《彩光のプリマギターナ》と相性が良いと言えますね。

また自分フィールドに《魔将ヤメルーラ》は効果を適用した返しのターンではフィールドに残ることがほとんどです。

そのため、《彩光のプリマギターナ》+モンスター2体という状況をつくりやすくなります。

《魔将ヤメルーラ》もチェック

《魔将ヤメルーラ》の考察:強み・相性の良いカード・デッキ構築案・対策を解説!【遊戯王ラッシュデュエル】

《彩光のプリマギターナ》を使ったデッキ構築案

  • 【バニラ】デッキへの採用
バニラとは
通常モンスターのこと。
通常モンスターの枠の色からバニラと呼ばれるようになりました。

効果を見ると上記のデッキ案が思いつくと思います。

では少し掘り下げてデッキを考えていきます。

①【最上級軸ドラゴン族】デッキへ採用

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル7 / 光属性 / ドラゴン族 / 攻2500 / 守1500

【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】このターン、このカードが戦闘でモンスターを破壊したバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけ攻撃できる。

《彩光のプリマギターナ》が最上級モンスターということに焦点を当てて考えてみました

【ドラゴン族】デッキには《彩光のプリマギターナ》と相性の良い《連撃竜ドラギアス》を無理なく採用することができます。

アドバンス召喚をサポートする《ドラゴンズ・セットアッパー》と《ドラゴンズ・アップセッター》もドラゴン族です。

そのため【ドラゴン族】デッキなら、《彩光のプリマギターナ》のリリースも確保しやすくなります。

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル8 / 闇属性 / 戦士族 / 攻2500 / 守2500

【条件】このカードを召喚したターンに、このカードの表示形式を変更して発動できる(攻撃表示は表側守備表示に、守備表示は表側攻撃表示にする)。
【効果】次の相手ターン終了時まで、このカードが表側表示の間、お互いはモンスター(レベル7以上)をアドバンス召喚できない。

最上級モンスターに焦点を当てると、《魔将ヤメルーラ》も採用が視野に入ります。

前述した通り《彩光のプリマギターナ》と相性が良く、最上級モンスターである点も共通しています。

採用する最上級モンスターの枚数を意識して、《クリボット》やドラゴン族サポートカードも採用して構築すれば形になりそうですね。

《彩光のプリマギターナ》を使用したデッキレシピ一覧

【ゴックブート(バニラ)】デッキレシピ:各カードの採用理由と回し方を徹底解説!【遊戯王ラッシュデュエル】

《彩光のプリマギターナ》の収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《彩光のプリマギターナ》は2020年4月11日発売の「デッキ改造パック 超速のラッシュロード!!」に収録され初登場したカードです。

以下のパックで入手することができます。

収録パック

デッキ改造パック 超速のラッシュロード!!

デッキ改造パック 超速のラッシュロード!!|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

最後に

今回は《彩光のプリマギターナ》の強み・相性の良いカード・デッキ構築案を考察し解説しました。

遊戯王SEVENSに登場するロミンのエースモンスターで、これからのサポートカードにも期待できる1枚です。

みなさんも《彩光のプリマギターナ》を使ってデッキ構築してみてくださいね!

わかな
わかな

命を燃やして最高のギグを披露するわ!

旋律のリフレインショック!!

《彩光のプリマギターナ》に関連する記事

ラッシュデュエルに登場するカードの召喚口上と必殺技一覧【遊戯王SEVENS】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です