漫画オリジナルカードまとめに新カード追加

《ドラゴンズ・セットアッパー》の使い方と相性の良いカードを解説【遊戯王ラッシュデュエル】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

クィーン
クィーン

特定のモンスターを蘇生できるけど、効果を使ったらレベル6以下のモンスターが攻撃できなくなっちゃうのよね

どう使えば良いのかしら?

《ドラゴンズ・セットアッパー》を見るとこんなことを感じませんか?

そこで今回は《ドラゴンズ・セットアッパー》の使い方と相性の良いカードを解説していきます。

わかはぴ
わかはぴ

相方と合わせて計6枚採用できる2体分になるモンスター!

最上級モンスターを多く使うデッキに採用して展開力を高めましょう!

《ドラゴンズ・セットアッパー》の使い方

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル1 / 闇属性 / ドラゴン族 / 攻0 / 守1000

【条件】自分フィールドにこのカード以外のモンスターがいない場合に発動できる。
【効果】自分の墓地の「ドラゴンズ・アップセッター」1体を選び、自分フィールドに表側守備表示で特殊召喚する。このターン、自分はモンスター(レベル6以下)で攻撃できない。

《ドラゴンズ・セットアッパー》は以下の用途で使うことができます。

  • 2体分のモンスターとして運用
  • 壁モンスター

2体分のモンスターとして運用

《ドラゴンズ・セットアッパー》は「《ドラゴンズ・アップセッター》1体を蘇生する効果」を持っています。

この効果により2体分のモンスターとして使うのが基本的な使い方です。

例えば5枚の手札から召喚によりモンスターを展開する場合、最上級モンスター1体と上級モンスター1体(または下級モンスター2体)を展開するのが限界です。

しかし《ドラゴンズ・セットアッパー》でモンスターを増やせば、最上級モンスター2体を展開することも可能になります。

このように2体分のモンスターとして使うことで、単純に手数が増えモンスターを展開しやすくなります。

《ドラゴンズ・セットアッパー》の効果を発動すると、レベル6以下のモンスターで攻撃できなくなるため、最上級モンスター2体を展開するのが理想です。

また《ドラゴンズ・セットアッパー》の効果は自身以外のモンスターが存在しない場合にしか発動することができません。

そのため基本的には劣勢時に発動する効果になります。

《ドラゴンズ・セットアッパー》の効果で蘇生できる《ドラゴンズ・アップセッター》は、同じく《ドラゴンズ・セットアッパー》を蘇生する効果を持っています。

そのためそれぞれ同じ比率で採用するのがおすすめです。

壁モンスターとして使えるが頼りない

《ドラゴンズ・セットアッパー》の守備力は1000と壁モンスターとして使うこともできます。

しかし1000という数値は下級モンスターの攻撃力の基準値1500は満たしていません。

そのため壁モンスターとして使えるものの頼りないモンスターになっています。

また攻撃力は0と攻撃表示での戦闘には不向きです。

しかしその分サポートカードには恵まれているため、攻撃力0のモンスターをサポートできるカードと合わせて採用しても良いですね。

《ドラゴンズ・セットアッパー》と相性の良いカード

《ドラゴンズ・セットアッパー》を使う上でさらに知っておきたいのが相性の良いカードです。

そこで《ドラゴンズ・セットアッパー》とあわせて使いたい相性の良いカードもまとめました。

  • 《邪影ダーク・ルーカー》

《邪影ダーク・ルーカー》

出典:遊戯王ラッシュデュエル デッキ改造パック 驚愕のライトニングアタック!!

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル7 / 闇属性 / アンデット族 / 攻100 / 守2600

【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊し、相手に1000ダメージを与える。その後、このカードを持ち主の手札に戻す。

《邪影ダーク・ルーカー》は「相手フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊し、相手に1000ダメージを与える効果」を持つモンスターです。

相手の魔法・罠カードを破壊しつつ、1000ダメージを与えられる強力な効果ですが、効果発動後は手札に戻ってしまいます。

この手札に戻ってしまう効果、通常であればデメリットになる効果ですよね。

しかし《ドラゴンズ・セットアッパー》であれば、「自身以外のモンスターが存在しない場合」という発動条件を満たすために使うことができます。

例えば以下の状況の場合です。

手札
  • 《邪影ダーク・ルーカー》× 1
  • 《ドラゴンズ・セットアッパー》× 1
  • 下級モンスター × 3
  1. 《ドラゴンズ・セットアッパー》を召喚し、効果により《ドラゴンズ・アップセッター》を蘇生
  2. 下級モンスターを召喚
  3. 《ドラゴンズ・セットアッパー》と下級モンスターをリリースし《邪影ダーク・ルーカー》を召喚
  4. 《邪影ダーク・ルーカー》の効果を発動
  5. 《ドラゴンズ・アップセッター》の効果により《ドラゴンズ・セットアッパー》を蘇生

このように《邪影ダーク・ルーカー》を《ドラゴンズ・セットアッパー》で蘇生した《ドラゴンズ・アップセッター》を残すようにアドバンス召喚し効果を発動することで、フィールドには《ドラゴンズ・アップセッター》1体のみが残るようになるため、《ドラゴンズ・アップセッター》の効果発動に繋げられるようになります。

その後、下級モンスターを召喚し、次は《ドラゴンズ・アップセッター》で蘇生した《ドラゴンズ・セットアッパー》を残すように《邪影ダーク・ルーカー》をアドバンス召喚すれば、上記と同じ動きに繋げられるようになります。

その続きが以下の流れです。

  1. 下級モンスターを召喚
  2. 《ドラゴンズ・アップセッター》と下級モンスターをリリースし《邪影ダーク・ルーカー》を召喚
  3. 《邪影ダーク・ルーカー》の効果を発動
  4. 《ドラゴンズ・セットアッパー》の効果により《ドラゴンズ・アップセッター》を蘇生
  5. 下級モンスターを召喚
  6. 《ドラゴンズ・セットアッパー》と下級モンスターをリリースし《邪影ダーク・ルーカー》を召喚
  7. 《邪影ダーク・ルーカー》の効果を発動

このように下級モンスターさえ用意できれば、《ドラゴンズ・セットアッパー》《ドラゴンズ・アップセッター》《邪影ダーク・ルーカー》で相手の魔法・罠カードを破壊し続けることができます。

今回の流れで3枚の魔法・罠カードを破壊しましたが、自分フィールドのモンスターがいない状態で《邪影ダーク・ルーカー》の効果で相手の魔法・罠カードを3枚破壊しようとした場合、《邪影ダーク・ルーカー》1体+下級モンスター6体と計7枚のカードが必要です。

《ドラゴンズ・セットアッパー》を活かすことで、5枚のカードでこれを行えるようになるため、お互いのデメリットを補える《ドラゴンズ・セットアッパー》と《邪影ダーク・ルーカー》は相性が良いと言えますね。

▶︎《邪影ダーク・ルーカー》の詳しい使い方

《ドラゴンズ・セットアッパー》をサポートできるカードまとめ

ステータスを参照すれば様々なカードで《ドラゴンズ・セットアッパー》をサポートすることができます。

専用サポートカードも存在するので、それらのカードもあわせてまとめました。

専用サポート

モンスター

【遊戯王ラッシュデュエル】《ドラゴンズ・アップセッター》の考察:相方と共に番狂わせを起こせ!

フュージョンモンスター

《ドラゴンズ・キックベース・マスター》の使い方と相性の良いカードを解説【遊戯王ラッシュデュエル】

ステータスを参照してサポート

【レベル1】サポートカードまとめ:レベル1を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【闇属性】サポートカードまとめ:闇属性を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】 【ドラゴン族】サポートカードまとめ:ドラゴン族を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】

《ドラゴンズ・セットアッパー》の収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

少しは《ドラゴンズ・セットアッパー》を使ってみたくなりましたか?

でも手元にはまだない、パックから当てたいという人のために《ドラゴンズ・セットアッパー》の収録情報もあわせて記載しておきます。

よかったら参考にしてください。

収録パック

  • デッキ改造パック 超速のラッシュロード!!(レア)
デッキ改造パック 超速のラッシュロード!!|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

収録デッキ

  • 最強バトルデッキ ルーク -ドラゴンズ・ドラゴンズ-(ノーマル)
最強バトルデッキ ルーク -ドラゴンズ・ドラゴンズ-|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

最後に

今回は《ドラゴンズ・セットアッパー》の使い方や相性の良いカードを解説しました。

《ドラゴンズ・セットアッパー》を使ったデッキ構築の参考になれば幸いです。

わかはぴ
わかはぴ

熱血キャラっぽいのがいい感じです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です