《セイント・バード》の考察:強み・相性の良いカード・デッキ構築案を解説!【遊戯王ラッシュデュエル】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

今回は《セイント・バード》の強み・相性の良いカード・デッキ考察案・対策について解説します。

収録パック等も記載しているので参考にしてください。

《セイント・バード》の強み:ステータスの特徴

カードの種類/ステータス

通常モンスター
レベル4 / 風属性 / 鳥獣族 / 攻1500 / 守1100

非常に尾の長い鳥。全身から聖なる光を発する。

《セイント・バード》の強みはステータスにあります。

そのステータスとは、下級モンスターの最高攻撃力1500と、1100の守備力です。

下級モンスター最高攻撃力は、同じ攻撃力のモンスター以外の下級モンスターを一方的に破壊できる数値です。

相手のセットされた下級モンスターの守備力を気にせず攻撃できるのは《セイント・バード》の強みになります。

同じ攻撃力を持つ下級モンスターと比較すると《セイント・バード》にはもう一つ唯一の強みがあります。

その強みは守備力が1000以上である点で、守備表示でも下級モンスターに戦闘破壊されない可能性があるということです。

その他、ステータスにはレベル4・風属性・鳥獣族という特徴があります。

鳥獣族であるため《山》適用下では、下級モンスターに突破されない攻撃力1700になります。

《セイント・バード》と相性の良いカード

元々の攻撃力が高いためそれを活かせるカードと相性が良い傾向にあります。

具体的に相性の良いカードを見ていきましょう。

①《彩光のプリマギターナ》

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル7 / 光属性 / サイキック族 / 攻2200 / 守0

【条件】1000LPを払って発動できる。
【効果】自分フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力はターン終了時まで、[相手フィールドのモンスターの数]×300アップする。

《彩光のプリマギターナ》は自分のモンスターすべての攻撃力を相手モンスターの数×300アップさせる効果を持っています。

最上級モンスターである《彩光のプリマギターナ》は、召喚するだけでカード2枚消費してしまいます。

手札5枚からスタートしたとして、単純に計算すると残りの手札は2枚になってしまいますよね。

《彩光のプリマギターナ》が最上級モンスターであることや、《セイント・バード》が下級モンスターであることを考慮すると、横に並べやすいため相性が良いと言えます。

《セイント・バード》(攻撃力1500)に《彩光のプリマギターナ》の効果を適用した場合、以下のように突破可能範囲が広がります。

  • 攻撃力1800(相手モンスターが1体の場合)
  • 下級モンスター
  • 《風使いトルネ》(攻撃力1600ラインのモンスター)
  • 攻撃力2100(相手モンスターが2体の場合)
  • 《魔剣士アンサラー》(上級モンスターの攻撃力準ライン)
  • 《火口の番竜》(上級モンスター最高攻撃力ライン)
  • 攻撃力2400(相手モンスターが3体の場合)
  • 上級モンスター
  • 一部の最上級モンスター(攻撃力2300以下)

効果適用後の攻撃力2100の時の突破可能モンスター《火口の番竜》とは相打ちになります。

攻撃力の上昇値が相手依存である点が欠点ですが、対応範囲がこのように広がる点も相性が良い要素の一つです。

効果の発動条件が1000LPと重く、ライフの管理が難しくなる点は欠点です。

《彩光のプリマギターナ》もチェック

《彩光のプリマギターナ》の考察:強み・相性の良いカード・デッキ構築案を解説!【遊戯王ラッシュデュエル】

②《山》

カードの種類/効果

フィールド魔法

【条件】なし
【効果】このカードがフィールドゾーンに表側表示である限り、お互いのフィールドの表側表示モンスター(ドラゴン族・鳥獣族・雷族)の攻撃力・守備力は200アップする。

《山》はフィールドのドラゴン族・鳥獣族・雷族の攻撃力・守備力を200アップさせる効果を持っています。

下級モンスター最高攻撃力ラインの《セイント・バード》は、《山》適用下で下級モンスターに突破されない攻撃力1700になるため相性が良いです。

《山》がフィールド魔法であるため、後続の《セイント・バード》にも効果が及ぶのも《山》の利点です。

一番の欠点は【ドラゴン族】デッキのシェア率の高さです。

カードプールの少ない現在はデッキタイプが少なく、サポートカードの多い【魔法使い族】デッキと【ドラゴン族】デッキが多い状況です。

これにより相手のドラゴン族の攻撃力を上げてしまっては、《山》の持ち味が活かせません。

相性の良いカードですが、現在は十分に相性の良さを感じられないカードですね。

デッキ構築案

  • 【バニラ】デッキへの採用
  • 【ドラゴン族】デッキへの採用
バニラとは
通常モンスターのこと。
通常モンスターの枠の色からバニラと呼ばれるようになりました。

ステータスを見ると上記のデッキ案が思いつくと思います。

では少し掘り下げてデッキを考えていきます。

①《彩光のプリマギターナ》を軸にしたデッキへの採用

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル7 / 光属性 / サイキック族 / 攻2200 / 守0

【条件】1000LPを払って発動できる。
【効果】自分フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力はターン終了時まで、[相手フィールドのモンスターの数]×300アップする。

前述した通り《セイント・バード》と《彩光のプリマギターナ》は相性が良いです。

そのため《セイント・バード》を活躍させるという点で見ればこのデッキ一択しかありません。

相手モンスターが3体いなければ《青眼の白龍》を突破できないので、このあたりを意識して構築すれば形になりそうですね。

《セイント・バード》を使用したデッキレシピ一覧

【ゴックブート(バニラ)】デッキレシピ:各カードの採用理由と回し方を徹底解説!【遊戯王ラッシュデュエル】

《セイント・バード》の収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《セイント・バード》は以下のパックで入手することができます。

収録パック

  • デッキ改造パック 超速のラッシュロード!!
デッキ改造パック 超速のラッシュロード!!|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

最後に

今回は《セイント・バード》の強み・相性の良いカード・デッキ構築案を考察し解説しました。

《ワイト》や《暗黒騎士ガイア》など、他のモンスター比べて活躍の難しいモンスターは多いので、そういったカードが活躍できるようなカードの増加にも期待ですね!

わかな
わかな

みなさんも好きなカードにたっぷり愛情を注いで、活躍の場を広げてあげてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です