《交戦魚サメガロン》の使い方:相性の良いカードとデッキレシピを解説!【遊戯王ラッシュデュエル】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

ギコバイト
ギコバイト

《交戦魚サメガロン》ってどうやって使えばいいの?

使ってみたいけどどんなデッキに採用できるのかな…

相性の良いカードもあれば知りたい

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • 《交戦魚サメガロン》の使い方
  • 《交戦魚サメガロン》を使ったデッキ構築案
  • 《交戦魚サメガロン》と相性の良いカード
  • 《交戦魚サメガロン》の収録情報

弱いと言われる《交戦魚サメガロン》。しかしカッコいいイラストから使いたいという方も少なくないはずです。

そこで今回は《交戦魚サメガロン》の使い方、デッキ構築案、相性の良いカードを解説していきます。

《交戦魚サメガロン》の使い方

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル7 / 水属性 / 魚族 / 攻2300 / 守500

【条件】手札のモンスター(水属性)1体を墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの守備表示モンスター1体を選んで表側攻撃表示にする。

守備表示で守りを固める相手を効果により無理矢理攻撃表示にし、更なる追い打ちをかけるのが《交戦魚サメガロン》の主な使い方です。

攻撃力は最上級モンスターの基準値2500に満たない2300です。そのためイラスト通り自身よりレベルの低い下級・上級モンスターをターゲットにした効果デザインになっています。

有利な状況をさらに有利にするカード

効果やステータスから《交戦魚サメガロン》は弱いと言われています。

その理由の1つがは類似効果を持つ《風使いトルネ》の存在です。《交戦魚サメガロン》は《風使いトルネ》と比較し、手札コストに水属性モンスターを必要とし、表示形式の変更も守備表示から攻撃表示への変更しかできません。

また前述したように、この効果の性質上、不利な状況の相手をさらに追い詰めることを想定した効果です。

この有利な状況をさらに有利にする効果と《風使いトルネ》の下位互換である効果が《交戦魚サメガロン》が弱いと言われている主な原因です。

デッキ構築の際は、この辺りも念頭に入れておくと構築しやすくなります。

クィーン
クィーン

無理に効果を使おうとするとデッキが弱くなってしまうものね

《交戦魚サメガロン》と相性の良いカード

《交戦魚サメガロン》は以下のカードと相性が良いです。

  • 《魔将ヤメルーラ》モンスターの守備表示を強要するカード

解説していきます。

《魔将ヤメルーラ》モンスターの守備表示を強要するカード

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル8 / 闇属性 / 戦士族 / 攻2500 / 守2500

【条件】このカードを召喚したターンに、このカードの表示形式を変更して発動できる(攻撃表示は表側守備表示に、守備表示は表側攻撃表示にする)。
【効果】次の相手ターン終了時まで、このカードが表側表示の間、お互いはモンスター(レベル7以上)をアドバンス召喚できない。

《交戦魚サメガロン》を強く使える状況は、その効果を使える状況です。

《魔将ヤメルーラ》は最上級モンスターの召喚を封じる効果を持っており、間接的にモンスターのセット(守備表示)を強要させることができます。

そのため《交戦魚サメガロン》が効果を使える状況を生み出しやすくしてくれます。

これが《魔将ヤメルーラ》が《交戦魚サメガロン》と相性が良い理由です。

《交戦魚サメガロン》を使ったデッキ構築案

今回は【魔法使い族】デッキをベースに、《交戦魚サメガロン》を有効に使うため相手の手札事故を誘発することをコンセプトにしたデッキを考えてみました。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
  • メインデッキ:40枚

モンスター(35枚)

《古の守り亀》× 2
《セイント・バード》× 1
《ダーク・ソーサラー》× 3
《輝岩竜》× 3
《ささやきの妖精》× 3
《フェニックス・ドラゴン》× 3
《ルミナス・シャーマン》× 1
《守護の竜魔導士》× 2
《イカズチのサンダー》× 3
《ミスティック・ディーラー》× 3
《グラビティ・プレス・ドラゴン》× 2
《風使いトルネ》× 2
《セブンスロード・マジシャン》× 3
《交戦魚サメガロン》× 3
《魔将ヤメルーラ》× 1

魔法カード(5枚)

《マジカル・ストリーム》× 3
《旧神の印》× 2

罠カード(0枚)

デッキレシピの画像はカーナベル株式会社さんの「Deck Maker」を使用しています。

参考 Deck Maker (デッキメーカー) - スマホで簡単!デッキ作成

このデッキのポイントは以下の通りです。

  • 相手の魔法・罠破壊カードを腐らせるために罠カードを不採用
  • 手札事故を起こさせるために《ささやきの妖精》をフル採用

相手に手札事故を起こさせるために、ほとんどのデッキに採用されているであろう魔法・罠破壊カードを腐らせ、《ささやきの妖精》で下級モンスターをデッキに戻すことで最上級モンスターを引かせないことにつなげます。

《魔将ヤメルーラ》は最上級モンスターを1ターン腐らすことができ、手札事故をさらに助長させることができます。

こちらに最上級モンスターが存在する場合で相手が下級モンスターばかり引き始めると、モンスターをセット(守備表示)する場合が多くなるので《交戦魚サメガロン》を強く使える状況に持ち込むことができます。

《連撃竜ドラギアス》は相手のライフを大きく削ることに長け、間接的にその状況に誘導することができるため採用しました。

詳しくはこちらをチェック!

【サメガロン】デッキレシピ:各カードの採用理由と回し方を徹底解説!【遊戯王ラッシュデュエル】

《交戦魚サメガロン》の収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《交戦魚サメガロン》は2020年4月11日発売の「デッキ改造パック 超速のラッシュロード!!」に収録され初登場したカードです。

収録情報もまとめておきます。

収録パック

  • デッキ改造パック 超速のラッシュロード!!(スーパーレア)
デッキ改造パック 超速のラッシュロード!!|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

最後に

今回は《交戦魚サメガロン》の使い方、デッキ構築案、相性の良いカードを解説しました。

記事のおさらい
  • 《交戦魚サメガロン》は有利な状況をさらに有利にするカード
  • モンスターの守備表示を強要するカードと相性が良い
  • デッキ改造パック「超速のラッシュロード!!」に収録
わかな
わかな

サポートカードの少ない現状、まだデッキ構築の難しいモンスターです

しかし水属性はドローに関する効果持つ傾向があるので、今後のさらなる飛躍に期待です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です