《『攻撃』封じ》の使い方や相性の良いカードを徹底考察【ラッシュデュエル】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《『攻撃
こうげき

ふう
じ》

出典:遊戯王ラッシュデュエル キャラクターパック -ガクト・ロア・ロミン -

カードの種類/効果

通常魔法

【条件】なし
【効果】相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を選んで表側守備表示にする。

《『攻撃』封じ》には以下の特徴があります。

  • 通常魔法
  • モンスターを攻撃表示から守備表示へ変更するカード

相手モンスターを守備表示に変更することで戦闘をサポートできるカードです。発動条件もなく癖のない使いやすいカードになっています。

そんな《『攻撃』封じ》ですが、こんな疑問を感じませんか?

ギゴバイト
ギゴバイト

《『攻撃』封じ》ってどう使えばいいの?

相性の良いカードはあるのかなぁ?

そんなことを感じる方もいると思います。

そこで今回は《『攻撃』封じ》の使い方や相性の良いカードを解説していきます。

《『攻撃』封じ》の主な使い方

  • 表示形式の変更により戦闘を補助するために使う

表示形式の変更により戦闘を補助するために使う

攻撃力の高いモンスターのほとんどは守備力が低く設定されています。そのため表示形式を変更できるこのカードは戦闘を補助するために使うことができます。

攻撃が『貫通』するモンスターでなければ戦闘ダメージを与えることができず、自分と相手モンスターの数が同じ場合はその場しのぎにしかならないため、その点は要注意です。

《『攻撃』封じ》と相性の良いカード

  • 《魔将分隊 埋組》
  • 《魔将キメルーラ》

《魔将分隊 埋組》

出典:遊戯王ラッシュデュエル キャラクターパック -ガクト・ロア・ロミン -

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル6 / 地属性 / 戦士族 / 攻1700 / 守0

【条件】自分または相手フィールドに表側守備表示モンスターがいる場合、デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、その攻撃力・守備力をターン終了時まで500ダウンする。

《『攻撃』封じ》により相手モンスターを守備表示にすることで《魔将分隊 埋組》の効果の発動条件を満たすことができるようになります。

これにより《魔将分隊 埋組》とあわせて守備力2100までのモンスターを突破できるようになりますね。

《魔将キメルーラ》

出典:遊戯王ラッシュデュエル キャラクターパック -ガクト・ロア・ロミン -

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル8 / 闇属性 / 戦士族 / 攻2500 / 守2000

【条件】このカードを召喚したターンに、相手フィールドに攻撃表示モンスターがいない場合、デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】このターン、このカードは直接攻撃でき、自分はモンスター(戦士族以外)で攻撃できない。

《魔将分隊 埋組》と同じく相手モンスターを守備表示にすることで《魔将キメルーラ》の発動条件を満たしやすくなります。

相手モンスターすべてが守備表示である必要があるため、発動条件を満たす難易度は《魔将分隊 埋組》よりやや高いですが、ダイレクトアタックにより2500のダメージを与えられる点は強力ですね。

《『攻撃』封じ》の収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《『攻撃』封じ》は2020年9月19日発売のキャラクターパック「-ガクト・ロア・ロミン-」に収録され初登場したカードです。

収録情報もまとめたのでよかったら参考にしてください。

収録パック

  • キャラクターパック -ガクト・ロア・ロミン-(レア)
【収録カードリスト】キャラクターパック -ガグト・ロア・ロミン-【ラッシュデュエル】

《『攻撃』封じ》のプチ情報

最後にデュエルとは関係のない《『攻撃』封じ》に関するプチ情報もお届けします。

OCGから存在するカード

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《『攻撃』封じ》はOCGから存在するカードです。

ラッシュデュエルに登場し、劇画チックなイラストは現代風になりました。構図も少し引いた構図になっています。

まとめ

今回は《『攻撃』封じ》の使い方や相性の良いカードを解説しました。

《『攻撃』封じ》を使ったデッキ構築の参考になれば幸いです。

わかな
わかな

高い攻撃力を突破する手段に乏しいデッキに一度採用してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です