《ゆるしま仙女》の使い方や相性の良いカードを徹底考察【遊戯王ラッシュデュエル】

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《ゆるしま仙女
せんにょ

出典:遊戯王ラッシュデュエル キャラクターパック -ガクト・ロア・ロミン -

カードの種類/ステータス/効果

効果モンスター
レベル6 / 風属性 / 天使族 / 攻0 / 守1800

【条件】攻撃表示のこのカードを表側守備表示にして発動できる。
【効果】相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を選んで守備表示にする。この効果で守備表示にしたモンスターの守備力はターン終了時まで600ダウンする。

《ゆるしま仙女》には以下の特徴があります。

  • 風属性・天使族・効果モンスター
  • レベル6の上級モンスター
  • モンスターの守備力を弱体化させるカード
  • モンスターの表示形式を変更するカード

自身を守備表示に変更し、相手モンスター1体を守備表示にし守備力を600ダウンさせる効果を持っています。

攻撃力は0であるため攻撃には向きませんが、守備力が1800であるため中途半端な攻撃力を持つ上級モンスターや下級モンスターの攻撃を止めることができるステータスです。

そんな《ゆるしま仙女》ですが、こんな疑問を感じませんか?

クィーン
クィーン

《ゆるしま仙女》ってどう使えばいいの?

相性の良いカードはあるのかなぁ?

こんなことを感じる人もいると思います。

そこで今回は《ゆるしま仙女》の使い方や相性の良いカードを解説していきます。

わかはぴ
わかはぴ

守備表示にするため戦闘ダメージを与えにくくなるのは欠点ですが、表示形式の変更と守備力ダウンによりかなりのモンスターを突破できるようになります

使い方を知って様々なデッキを強化です!

《ゆるしま仙女》の使い方

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《ゆるしま仙女》はその効果により他のモンスターの戦闘をサポートのために使うのが主な使い方です。

守備表示に変更するだけでなく、守備力を600下げることができるため様々なモンスターを突破しやすくなります。

例を挙げると守備力1500の《連撃竜ドラギアス》は守備力が900になり、下級モンスターでも突破できるようになり、守備力2500の《青眼の白龍》は守備力1900になり、上級モンスターでも突破できるようになります。

また自身が守備表示になるため《ダーク・リベレイション》のような攻撃表示のモンスターを全体破壊するようなカードのケアにもつながりますね。

相手のターンをしのげば、自身を攻撃表示に変更することで再び効果を発動することができ、毎ターンノーコストで戦闘をサポートできる点も優秀です。

これらの理由から戦闘サポートをするカードとしては使いやすいカードですね。

しかしこれらの効果はデメリットでもあります。

それが自身が守備表示になってしまう性質上、このカードの効果を適用したモンスターとの戦闘ではダメージを与えられず、攻撃できるモンスターも1体減ってしまうことです。

この点はこのカードの弱みですね。

攻撃力が0であるため戦闘には不向きですが、守備力は1800と中途半端な攻撃力を持つ上級モンスターや下級モンスターには負けない数値であるため、壁モンスターとしてはそこそこ使いやすいモンスターです。

わかはぴ
わかはぴ

強み、弱みをまとめるとこんな感じです!

《ゆるしま仙女》の強み
  • モンスターの戦闘をサポートできる
  • 守備力1800と下級モンスターに突破されない
《ゆるしま仙女》の弱み
  • 攻撃力が0であるため戦闘には不向き
  • 表示形式の変更に弱い

《ゆるしま仙女をサポートできるカード

ステータスを指定してサポート

【レベル6】サポートカードまとめ:レベル6を展開! 強化! 再利用!【遊戯王ラッシュデュエル】

《ゆるしま仙女の収録情報

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

《ゆるしま仙女》は2020年9月19日発売のキャラクターパック「-ガクト・ロア・ロミン-」に収録され初登場したカードです。

収録情報もまとめたのでよかったら参考にしてください。

収録パック

  • キャラクターパック -ガクト・ロア・ロミン-(スーパーレア)
キャラクターパック -ガグト・ロア・ロミン-|収録カードリスト【遊戯王ラッシュデュエル】

最後に

今回は《ゆるしま仙女》の使い方や相性の良いカードを解説しました。

わかはぴ
わかはぴ

戦闘をサポートとしては優秀ですが問題は戦闘ダメージを与えられないこと

守備力が下がるのを利用して『貫通』を持つモンスターで貫通攻撃を狙ってみてもいいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です